Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

はじまりますね、ひび2!
去年と同じく、公演ごとの更新かな。

楽しみ!

さて、ちょっと遅くなりましたが、

『もしも、この世界から○○がなくなったら』のPV感想をさらっと。

「ありがとう」とか「ごめんね」とか、そういうキモチがなくなったら、この世界は、モノトーンで、人々から笑顔も奪ってしまう。
そんなメッセージがダイレクトに伝わってくるストーリー展開になってますね。

でも、それは、「もしも」じゃなくて、現実にそういう世界で生きている人も多いと思う。
ココロの病気、身近な人も苦しんでいたりするし。

PVがバスやカフェなど、身近な場所で撮影されたのも、そういう意図があってのことかな、と思ったり。


気が付いたら、バスの中に自分ひとりしかいない。
カフェにいた人々も、みんな姿を消してしまった。
そして、街には、誰ひとり・・・。

”あたりまえ”にあったものがなくなって、この世に自分ひとりしかいなくなったら・・・。

もう生きている意味さえなくなっちゃうね。


でも、最後に生き残るのが、テゴマスのふたりだったら、それはそれで、夢があるかも・・・。
デキレバ、ワタシモ、ソンナフタリト、イキノコリタイ。

ん?

話が大幅にズレましたねw

とにかく、ふたりがお互いのことを見つけて、笑顔になるシーン♪
眩しすぎます。

やわらかなパステル色のショッピングモールがかわいいですね。
ふたりの笑顔を見ていると、でれーんとしちゃう。

最後、小さな女の子に風船をあげたあと、テゴマスのふたり、微笑むっていうか、爆笑してますよね。
J-Webの撮影レポだと、「アドリブで全部の風船の束を一番小さな女の子に手渡すシーンも」って書いてある。
よっぽど女の子の様子がかわいかったんだろうな。

笑顔で終わるっていいですね。

公共広告機構とか、そーゆーCMにも使えますよね。
万博のテーマ曲にだって、ぴったりだわ。
追記
何げに、B-PASSに、テゴマス載ってるね!
B-PASSの記事は、テゴマスのうたライブの時も、よかったけど、今回もいい記事書いてくれてます♪
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する