Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

25日は、「ソレダメ」をリアタイしてから、ハロウィン音楽祭にシフトしました。
もちろん、テゴちゃんがコラボで参加したディズニー特集は、リアタイしましたけどね。

さて、2016年のハロウィン音楽祭では、新作衣装に身を包み、まっすー以外は、濃いめのアイメイクをしたりして、ハロウィン感強めに「チャンカパーナ」「BYAKUYA」を披露しました。
その記憶はとても華やかで、NEWSファンの中では、一年経っても色褪せないものでした。
だからこそ、今年のハロウィン音楽祭への期待は、ものすごく高くて、誰もが楽しみにしていたことでしょう。
今年もNEWSは、見事なハロウィン演出を魅せてくれるにちがいない!!

そして、ようやくやってきたNEWSの出番。
ステージ裏で後姿をチラ見せする演出もあったりして、わくわく感を掻き立てます。
CM明け、MCの安住さんが、ちょっともったいぶるような発言をする中、スタジオ観覧の黄色い歓声。
果たして、どんな姿??

次の瞬間、映った4人の姿は、確かに仮装しているけれど、予想していた画とは全然違うものだった。
正直、ズッコケました。
だって、待っていたのは、クールでかっこいい姿。
もしくはキラキラ眩い艶姿。

テッパンの「weeeek」のイントロが流れる中、増田さんの奇妙な動きと、「カァウーーーントダウーーン」という高い声。
名前こそわからなかったけど、カウントテレビのキャラクターかなって思いました。

初見は、まっすーの印象が強すぎた。テゴちゃんの花魁に驚きはしたけど、それより何より、まっすー。

私は、思わず、「ちがーう。ちがうちがう、まっすー!そっちじゃない。ちがうちがう・・・」と。
でも、そんな声は当然届かず、まっすー、笑ってる。
ちょっとおバカなお顔をして、笑ってる。
そんなまっすーの姿を見ていたら、

なんかちがうけど、いっか。
こういうところ、私の好きな増田さん、そのものだ!

と思えて、おかしくなってきた。
照れるでもなく、アビー君を全力でやっている。

一方、その対極のような出で立ちのテゴちゃんも、わが道を突き進むかのような表情で歌っている。
テゴちゃんファンだって、花魁を望んでいたひとはきっとわずかだろうけど、そんなことお構いなしなテゴちゃん。

同じ歌を歌っているとは思えない、まっすーとテゴちゃん。
それがミスマッチ過ぎて、面白い。

小山さんや、シゲは、ファンが望む方向の仮装をしていると思うのだけど、テゴマスのふたりが奇天烈すぎて、目に入ってこない。(もちろん、コヤ担、シゲ担は、ロックオンしていたと思うけど)

歌が終わり、安住さんがそれぞれに、何に扮しているのか尋ねると
テゴちゃん「花魁」
小山さん「猫魔女」
シゲ「時計じかけのオレンジという映画の・・・」
まっすー「カァウーントダウン!!」

もう最高ですね。
それぞれのやりたいことが、バラバラで。
お見事でした。

本当はね、今回の選曲、いまいちというか、ヒネリが無いというか、面白みがないとも思っています。
でも、コヤシゲの忙しさを考えたら、やむなしなのかな。
だとしても、2曲歌えるなら、1曲は、ここ数年の比較的新しい曲がよかったな。

・・・と、ちょっと不満は残りますが
まぁ、これだけ、ファンの中で盛り上がったのだから、成功と言えるでしょう。

まっすーが、ネタパレと勘違いしてなかったかどうか、そこだけ聞いてみたいです(笑)
関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -