FC2ブログ

Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

24時間テレビ40、無事に終わりましたね。
マラソンランナーに当日選出されたブルゾンちえみさんも、見事完走。当日発表という前代未聞の演出には疑問を持っていましたが、候補者の中からポテンシャルの高さ、やる気度を見極めての選出と説明があったので、それが真実だとすれば、意外と理にかなっているのかも、と思いました。

さて、ここからは私のにーよん記録。
27日(日)に、武道館に募金に行ってきました。
何しろ夏のイベントに飢えていたので、NEWSも武道館に立つことがわかったときから俄然やる気がでて、友達とも相談し、想像もつかない募金の列に並ぶ決意をしました。

結論からいうと、列並びは、さほど苦ではなく、楽しさの方が上回っていました。

まず、前日までの作戦。
NEWSがどの時間帯で登場するのか、それを予測することからはじめました。たいていのプログラムは、テレビ誌などで明らかになっていますが、NEWSの応援歌披露については情報なし。
マラソンランナーが武道館に近づいてくるころかもしれないし、意外と早くに来ちゃうかもしれない。
あれこれ考えるなか、やっぱり、慶ちゃん担当の日曜13時ごろの企画の前後が最も可能性が高いと踏みました。

では、その時間に武道館に入るには、いつから並んだらいいのか。
今回は、嵐、KAT-TUN、NEWSの3グループが関わっている。特に嵐ファンの動向が全く読めない。
結局、友達それぞれの都合も考慮し、9時集合にしました。本日の参加者6名。

【募金 1回目】
9時に武道館に到着した時の最後尾は、田安門でした。つまり、まだ全然、列が短い。30分もせずに募金が終わってしまいました。
武道館にはいって、通路を通り、階段を下り、手荷物検査を終えると、すぐに会場でした。募金箱が並び、ボランティアの人たちが、ステージ側をガードするように何人もいて、「立ち止まらないでください」とガイドするなか、チラチラっとステージを見ましたが、櫻井くんと亀ちゃんを確認したぐらいで、あっという間に外に出されました。
なるほど…こういう感じかぁ。
この1回目でステージをチェックするタイミング、与えられた時間を学びました。

外にでると、チャリティーグッズ売り場があったので、ここで今季初めてチャリTシャツ(紺)を購入。

そのあとは九段下駅方向まで、遠回りな落武者ルートを歩かされます。(道が悪い階段坂道で、城攻めに遭い、命からがら逃げるサムライ気分が味わえる)

ここで、一旦、休憩。なにせまだ10時にもなっていないし、すぐに並び直してもNEWSは出てきそうにない。

このあと、慶ちゃんが横浜の日産に行ったという情報が入ったので、のんびり12時まえまで、モーニング休憩を取り、2回目の募金に臨むことになりました。(ここでお友達のひとりはお帰りになり、ここからは5人での挑戦になりました)

【募金 2回目】

さすがにこの時間ともなると、列がのびていて、千鳥ヶ淵沿いに列は続き、インド大使館あたりで、ようやく最後尾にたどり着きました。
わたしは、ヲタばれするようなものは身につけていなかったのですが、ツアーバックなどを持っている人も多く、NEWSファンをよく見かけました。(単にNEWSファンがグッズを持ってきているだけかもしれない)

並びはじめたのは、12時5分ぐらい。
このころ、NEWSの登場は13時15分頃という情報が流れたので、いま、このタイミングで並ぶべきか悩みました。
けど、まぁ、とりあえず、このまま並ぶことにしたところ、案外、すいすい列は進み、40分ぐらいで会場に入ることができました。

このときは、ステージに欽ちゃんと、さっしーがいて、慶ちゃんの姿も確認できました。
2回目というだけのことはあり、落ち着いて、ステージをチェックできた感じです(笑)

そして、再び、落武者ルートを歩きます。武道館をでてから、列の最後尾にたどりつくまでが、地味にツラい。

それでも、今度こそはNEWSに会うぞ!というテンションが足取りを軽くします。

【募金 3回目】
列は、千鳥ヶ淵沿いにさらに延び、位置的にはイタリア文化会館あたりまで、届いていたかもしれません。最後尾に着くまで軽く走りました。
時刻はたしか、12時45分過ぎぐらい。予告通りに、13時15分ごろNEWSが登場すれば、ひとめ会える可能性があります。
朝方は涼しかった空気も、だんだん陽射しが強まり、汗が吹き出してきます。これは晴れ男が武道館にやってきたにちがいない!とはしゃいでは笑う。

列は順調に進みますが、田安門手前で少しの間、止まりました。(規制がかかったのかどうか定かではありません)

ワンセグを起動すると、ちょうど、慶ちゃんの企画が始まっていました。
もう期待しかなく、高鳴る鼓動なのか、歩き疲れの心臓の悲鳴なのか、ドキドキが止まりません。

じわじわ武道館に近づくなか、ワンセグの音声がNEWSの登場を告げ、「U R not alone」が始まりました。
武道館入り口に一歩ずつ進んでいくと、中から、歌声が!慌てて、ワンセグを切り、耳をすませます。入口ど正面に着いた時には、もう歌の後半、大サビあたりでしたが、だいぶクリアに聴こえ、姿は見えなくても彼らの歌声が胸に響き、感動しました。

そのまま、入口をくぐり、通路を通って、再び、会場の中へ。
すると、NEWSがステージ中央あたりでスタンバイしているような雰囲気。何やら、犬のギネスチャレンジの企画らしく、縦一列に並び始めていました。
まっすー、てごちゃんの姿がはっきり見えます。
みんな肩幅程度に足をひろげる格好をし始めて、特に、犬が股下を通りやすくするため、慶ちゃんがまっすーのパンツ上げるような仕草をしてて、微笑ましかったです。
テゴちゃんとまっすーが客席方向(カメラ方向)に笑顔を向けていたりもしたので、まるでこっちを見てくれているような気持ちにもなりました。
あの笑顔、眩しかったな!

もちろん、ボランティアスタッフの指示通り、足を止めることなく募金箱前を通過しましたが、全体的に歩みがゆっくりだったのと、ステージ前面に彼らがいてくれたおかげで、しっかりと目に焼き付けることができました。
募金をするタイミングも、もう慣れたもので、ささっと済ませることができました。

タイムリミットになり、犬がスタートする直前に出なくてはならなかったのですが、もう充分!

きっと、1分程度の出来事だったと思いますが、出口を出た私たちは、ハイタッチして幸せを分かち合いました。

「すっばらしい!奇跡のような時だったね!」

そして、「寿命がのびた!」「夏が終わった!」など感想を話しながら、落武者ルートをくだり、最後、武道館を背景に写真を撮って、解散となりました。

暑い日差しの中ではあったけれど、猛暑日とはならず、時々、木陰ゾーンもあったおかげで、元気に三回の募金を終えることができました。
募金は、最初の1回だけ用意してきた募金箱で募金をし、あとの2回は、現金を会場の募金箱に入れました。

24時間テレビそのものの賛否は、わたしにはよくわかりませんがNEWSに会いたい、NEWSが出るなら盛り上げたいという気持ちで募金に参加しました。

NEWSとして、再び、24時間テレビに関わってほしいという願いも込めて。

以上、長文にお付き合い頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -