Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

アルバム「NEVERLAND」、与えられた「鍵」は同じでも、それを手にする人によって、いろいろな扉が現れるよう。
実に多彩な仕掛けが組み込まれているようですね。

まずは、基本のエレメントを整理しながら、自分の鍵にパワーをためこみたいと思います。

ネバーランドを構成する7つのエレメントは、「7 Elements」で語られています。

炎 FIRE :心を熱くさせるもの
水 WATER :安らぎを与えるもの
光 RAY :希望を持たせてくれるもの
踊 DANCE :気分を高揚させるもの
音 SOUND :自分の存在を思い出させてくれるもの
魔 MAGIC :世の中に不可能が無いということを教えてくれるもの
愛 LOVE :我々が生きていくために絶対必要なもの

⇒ネバーランドはこれらの要素が全て揃った場所!!

初回盤のIDで期間限定で視聴できる動画でも、金属部品で作られたような人形が7つの要素に次々に姿を変えていきました。
まずは、この7つのキーワードとその意味を自分の「鍵」にしっかりインストールしないとね。

そして、アルバムのリード曲「NEVERLAND」では、そのキーワードが繰り返し響きます。
まるで呪文をかけられているよう。

話は前後しますが、まず「The Entrance」で、鍵の持ち主は、ミスター・インポッシブルに出会います。
impossible・・・不可能なさま、ありえないさまという名前を持つ彼は、ネバーランドの案内人。

彼は語ります。
「目の前にあるこの時空の扉。これはあなたの旅のゴールでもあり、旅の始まりでもあります」

「時空の扉」!?
「旅のゴール」!?
扉の前に到着したばかりなのに、旅の終着点?
このひとことが、とても奇妙に感じました。
旅のゴールでもあると言われたその謎がどこかに繋がるのでしょうか。
不思議な心持ちのまま、扉をあけます。

そして、もうひとつ、「NEWSのみんなが常に一緒にいる」ということ。
いいオトナの私には、少しくすぐったいメッセージではありますが、そこは時空の力をお借りして、NEWSがいつでもそばにいると100%信じ切れるPureな自分を生み出したいと思います。

よし、これで、旅支度は整いました。


「NEVERLAND」

NEVERLANDとは、現実ではありえない、今までに体感したことのない、さまざまな出来事が起こる世界と、ミスター・インポッシブルは言いました。
曲の冒頭では、NEVERLANDは”夢”と歌われています。

そして、7つのエレメントも登場。
SOUND,with the LOVE, MAGIC, RAY, FIRE, WATER, DANCE

7色の喝采
7つの驚異(*脅威ではないことに注目)

NEWSは4人になってから、「4」を神聖なる数字として掲げてきたところがあるけれど、今回は、「7」をキーにした。
「4」とはまた違う新たな広がりが感じられて、とてもいいと思います。

その7つのエレメントを味方に「壊れてく巨大な壁」に立ち向かう。
目の前で信じられないほどの破壊が起こっていくなか、「想いの針」を自在にまわせという指令。

歌詞の示す世界をさらに膨らませているのが多種多彩なサウンドとボーカル、コーラス。
「ありえない混在」
シゲがクラウドのライナーノーツで書いていたこの一文がすごくしっくりきました。

大地を感じさせる民族的な音。
おどろおどろしく響く厚みのあるコーラス。
子どもたちの声・・・
NEWSの過去曲でいったら、「チュムチュム」だったり、「BYAKUYA」だったり、ひとつに合わさるなんて誰も考えたことのないリズムが1曲から溢れてくる。
なんだろう・・・と消化しきれずにいたら、「ありえない混在」というシゲのナビゲーション。

きっと、次々に変化する世界。
戸惑っていたら、結局、エントランスから一歩も動いていなかった・・・ということになりかねない。

全てに意味付けする必要もないけれど、こうやって、深読みすることで、自分なりのNEVERLANDを作れるのだから、面白い。

7つのエレメントの概略をお勉強したところで、今度の週末、札幌に行ってきます!
何のご縁か、偶然か、私が開ける扉は、ちょうど7つの地域。
札幌、仙台、静岡、大阪、名古屋、和歌山、東京。

行ってきます!
関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -