Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

10月31日(月)に生放送されたTBS「ハロウィン音楽祭」
NEWSが出てくる前に帰宅できたので、無事リアタイできました。
(小山さんのevery出演のおかげだわ)

ジャニーズからは、ABC-Z、SexyZone、キスマイ、そしてNEWSが出演でしたが、ちょっとジャニーズ枠少ないのが残念。
でも、その狭き門にエントリーできてよかった。
ここは、TBSの番組にレギュラー持っているコヤシゲに拍手ですね。

何組かのアーティストのパフォーマンスを見ながら高まるNEWSへの期待。
中途半端じゃなく、ここは思いっきりぶっ飛んだ仮装で登場してね。
手越さん、頼みます!!

いよいよ、NEWSの登場。
まずは、王道「チャンカパーナ」
スタンドマイクが4つ並ぶなか、振り返ったNEWS。
なんともゴージャス!目にも鮮やかな出で立ち。
四人四様で、それぞれ違うカッコよさだけど、黒を基調としているので統一感もあって素敵。
もう何度目か数えられないけど、わたしは恋に落ちました。
そこからは、ただただ、TV画面を見つめるだけ。

顔よりも大きな立派な王冠をかぶった増田さん。
右肩からは、サッシュ。
よく見るとジャケットの中に左肩から金色のフリンジがついたサッシュ。
上はナポレオンジャケットに対して、ボトムは、和服、帯にも見える布を大胆に垂らしていて、スカート風なシルエット。
脚の動きにあわせて揺れるのが美しく、増田さんお得意の方程式を感じました。

ポリス帽をかぶった小山さん。
深紅に黒が混ざったゴージャスなファーが右肩から背中にかけてかかっている。
意表をつくかのように無数の安全ピンが袖に肩に。
左手には手錠。
頬にはLoveの文字。そしてめずらしくアイメイク。

前髪をねじって留め、一段と濃いアイメイクに、カラコンを入れた手越さん。
右肩にいかついスタッズ、左肩には金色の肩章。
白のフリルブラウスで襟元も華やか。

片方の肩にマントをかけた加藤さん。
マントが翻ると、裏の赤がチラリと見えて印象的。
顔近くのフェザー(?)とアイメイクが彫の深い顔立ちをさらにセクシーに。

カッコイイアイテムをこれでもかこれでもかと詰め込んでいるのに、品が失われていない。
貴族のお遊びみたいに、さらりと着こなしているNEWS4人。

ひゃー、これは参りました。

驚きは、これだけではありませんでした。
「チャンカパーナ」が終わると、画面には、ジュニア君。
そして、聴こえだしたイントロに「うぉーーーー、BYAKUYA!まさかのBYAKUYA!!」

少年倶楽部プレミアムで、今夜限りの特別ステージと感動したのは、つい先日。
だれがBYAKUYAを地上波で観られると予想したでしょうか。

攻めてますね。NEWSさん。
その気合の入れ方に、惚れ惚れしちゃいます。

プレミアムで作品として仕上げていたからこそ、「ハロウィン音楽祭」で、切り札として披露できましたよね。
この流れの良さに、思わず唸ってしまいます。
しかも、もともとは、ファンのリクエストがきっかけとなっているのですからね。

ファンの気持ちを形にしてくれるNEWS、ありがとう

そして今回もジュニアくん達のナイスサポート。
「BYAKUYA」の怪しげな世界観は彼らのダンスのおかげで表現できていたと思います。
ゾンビ的な存在がハロウィンともぴったり合っていたし。

その不気味な雰囲気を醸し出したジュニアの集団がはけて、奥から登場した増田さんの声とカクカクした動きの妖艶さに痺れました。一瞬で世界の色を変えてしまうような存在感。
続く加藤さんの伯爵のような威厳ある佇まい、
小山さんの悪なのか善なのか表裏一体の雰囲気も素敵で、
手越さんにいたっては、もはや仮装というより、これぞあるべき姿と思わせるような強烈な輝きを放っていましたね。

そして4人が揃ったときの豪華さといったら、圧巻!のひとことに尽きます。
ハロウィンって、こんなに楽しいものだったのね!

そういえば、コヤシゲテゴの3人は濃いメイクなのに、まっすーは、ナチュラルなお顔。
まっすーの目元にも陰影をつけてほしかった気もするけど、敢えてのナチュラル選択だったのかな。

お歌披露がおわって、司会のミッチーさんから
「スキスキ、僕、大好き、こういう世界」
とお褒めの言葉を頂戴しましたね。

そして衣装のコンセプトを聞かれると

小山「悪めのポリスですね」
手越「ぼく手越は海賊です」
増田「ぼくは、お肉大好きな王様をちょっと意識しました」
加藤「僕はヴァンパイア」(付け歯のせいでうまく喋れない)

お肉が好きそうなポイントは?とミッチーが質問してくれたけど、うやむやになってしまいましたね。
真相はいかに(笑)

さっきまで、クールな表情だったのに、トークになると急にキュートさをまき散らすNEWSくんたち。
愛しいわ。

ミッチーに「ゴシックホラー」の称号もいただき、確かな爪痕を残しましたね。

すばらしいハロウィンの夜になりました。

関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -