Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

東京グローブ座で、9/12から9/29まで上演中の小山慶一郎主演舞台「グレート・ネイチャー」を9/18(金)に観てきました。

感想を述べるのがなかなか難しいところですが、
即興性の高い、お笑いライブのような要素を持った作品でした。
脇を固める久ヶ沢さんと中山さんのユルいけれど、揺るがない土台の上で、小山さんが振り回されながらも、どんどん個性を出していく・・・というような図式。

あまり情報をインプットせずに、劇場に行ったのですが、唯一、目にしていたWSの映像に、「もしかしたら、わたしが苦手とするタイプのコメディーかも」と感じていました。
でも、その時点でハードルをかなり下げたのが却ってよかったのか、思ったより、大丈夫でした。
ちゃんと笑えました。

・・・という言いかたは少し失礼かと思いますが、なんとも微妙な匂いがする作品ではありました。
小山さんも終演後、「独特な世界観ですが」と言っていましたし。
(そう言ってしまう小山さんの生真面目さ・・・は、らしいけど、どうなんだろう?)

玄人好みというのかな。
演出の松村さんの作風を全く知らないので何とも言えませんが。
ただ、小山慶一郎を主演にするのだから、観客は彼のファンがメインになることは決まりきったことなので、もう少し、観客に寄せた作品にしてもいいのにな、と思いました。

と思う一方、小山さんの良さを引きだした作品でもあるな、と感じています。
毎日、生放送の報道番組にでているという経験や、NEWSの中でもMC的な役割で、常に、相手の出方に合わせた対応力を磨いている部分が発揮されていると。
小山さんだからできる作品だと思いました。

篠崎という役名はあるものの、それを演じているというよりは、小山さんそのものが立っているような印象を受けました。
もちろん、部分的には篠崎になっているのですが。

1回しか観ていないので、どこがアドリブで、どこが固定しているのか、などは見分けられませんでしたが、日々、転じて、色を変えて、進化していくのだろうな、と思います。

私が観た回では、黒板に書いてあったキャラクターから、「ハッピーターン」というワードが小山さんの口からでてきて、さらに、「ハッピーターンのCMをやってるのは」なんていうことまで言い出して、会場は沸きました。
きっと、NEWS担以外の人には、何がそんなに?って思う流れだったと思うのですが。
自分たちの知っていること、共通な話題があると、ほっとするような、嬉しいようなところありますよね。

それはそうと、小山さんのスタイルの良さ。
ニュースキャスターにしておくのは勿体ない。
アイドル、もっとやってください(笑)

作品の意図することとか、必ずしも受け取って帰らなくてもいいよね?
わたしは、そういうことにして、グローブ座を後にしました。
関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -