Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

水曜歌謡祭が昨日で最終回となってしまいました。
10月から金曜深夜で新番組としてスタートするとはいうものの、そのコンセプトの発表がなかったので、水曜歌謡祭と同様に増田さんに出演の機会があるのか、全く分からない。
恐らく、この1ヶ月で企画を練り上げていくのだと思うので、どっちに転んでも(水曜歌謡祭の流れを汲むのかどうか)おかしくない状況なのかな。

ただ、司会者は同じで、FNS歌謡祭とも連動させているから、FNS歌謡祭に向けて、コラボの数々を生み出していくというのは、変わらないんじゃないかなぁ、と予想してます。
生放送ではないかもしれないけど、演奏者がいて、コーラスがいて、ゴージャスな雰囲気で、っていう基本イメージは受け継ぐのではないかと。

そこに、増田さんの存在があるかどうか…。
もうこれは、増田さんのお人柄と、事務所の力と、そしてそして、ファンの声で、なんとかなんとか、出演権をゲットしたい!

番組の公式サイトに、最終回を惜しむ声がたくさん寄せられています。その多くのメッセージに、“まっすー”の文字がありますね。
わたしも、番組終了後、送りましたが、掲載されてませんでした。これから載るかもしれないけど、前にも採用されなかったことがあるので、全部は掲載されないのだと思います。(決して、偏ったメッセージにはしてませんよ。)

新番組へは、なんの影響力も及ぼさないかもしれないけど、声は届けたいなって思います。


それにしても、番組が続くのは、ほんとうに難しいことと、痛感させられますね、わたしたち。
始まりがあれば終わりはくる。
終わりあれば、はじまりも…というけれど、終わりばかりが、こころに残っていく。


最終回は、田島貴男さんとの貴×貴コンビで、名曲「ルビーの指環」を披露してくれました。
白いシャツに黒いネクタイを締めて、ドレッシーな雰囲気もありつつ、スーツは全体にダボッとしてて、派手目なロゴ(?)が背中に大きく、刺繍なのか、プリントなのかされていて。
毎回、いろんなスタイルを見れたのもよかったなー。

田島さんというアクの強さを個性にしている方とコラボするって難しいと思うんです。
負けないように戦うように声を張る人もいたと思うけど、それが正解とは限らない。
まっすーは、田島さんの声を引き立てるように、自分の声を最大限に活かして、曲の世界観に奥行きを与えているように思いました。
ともすると、田島さんの声質は単調に私には聴こえてしまうのですが、そこにまっすーの声が重なることで、色がつく。
感じ方は、それぞれで、田島さんのファンには反論されてしまいそうですが、そんなふうに感じました。
コラボとして大成功かどうかは分からないけど、聴き込むほどに、お二人の歌声が胸に響きます。

「千の風になって」は、ワンフレーズだけでしたが、最後に歌う卒業ソングに聴こえました。

思えば、この半年で、まっすーの歌い手としての幅がとても広がったと思います。
テゴマスとしての出演じゃなかったのが残念でしたが、これも、テゴマスが次に進むためのステップになればいいな。

水曜歌謡祭については、改めて、じっくり、書き残したいな。


まっすー、お疲れさまでした。
一回一回が勝負と言っていましたが、その勝負をやり終えた今の心境はいかがですか?

その勝負、ひとつひとつ、TVの前で見つめていました。
感動をありがとう。

そして、次につながるように、応援しています!
関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -