Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

主婦の友社発行「mina」での連載 MASU styling が1周年を迎えました。
おめでとうございます。
来月は、2年目に突入デス!
いつかは、ファッションに関する本を出版してほしいし、まっすー自身もそれを目標にしているって、KちゃんNEWSで話していたと思うので、minaさんでの連載が形になる日まで、わたしも毎号、購入していきたいと思います。

この1年を簡単に振り返ってみます!
vol.1「シンプルにモノトーン」
   ハットを中心に、温かみのあるモノトーン。初回からセンスのよさが感じられました。

vol.2「レザーXスエットでラフにお出かけ」
  上質レザーのライダースと、とろんとしたスエットの組み合わせが個性的。
  
vol.3「ニットでいろんな毎日を」
  3タイプのニットで登場。でもニットより、帽子に目がいってしまう(笑)
  Mステで被ったときも衝撃的でしたね。

vol.4「真冬のほっこりカラー」
  異素材MIXのアウターを主役に、ほっこり感あるコーディネート。
  チェック好きもアピールしてます。テゴマスでもNEWSでも、チェックを取り入れてたしね。

vol.5「大人なコート」
  お上品なトレンチコードなのに、スポーティーなインナーに、ヘアバンド。
  バスケMIXを目指したとか・・・。なかなか一般受けしづらいところが時々でるのも、マスコレです。
  でも、ファッションはそういう突拍子のなさから生まれますよね。

vol.6「愛すべき帽子とサングラス」
  小物にクローズアップした遊びココロ満載の回。
  キュートな表情やクールな表情、いろいろあって、楽しい。

vol.7「春に着る白」
   ゴートヘアーが胸のあたりに垂れ下がっている不思議トップス。
   全体に茶系でつないでいて、優しい印象。
  
vol.8「靴から作るスタイリング」
  NIKEの鮮やかな赤のシューズが主役。
  これを見た後、無性に、赤の靴が欲しくなったのだけど、未だに、コレっていうものに出会えてないな。
  ティファニーのネックレスも公開していますね。カワイイ。

vol.9「お気に入りのTシャツを」
  大好きなTシャツから厳選された4枚。
  Tシャツのデザインも素敵だけど、それを着ている表情が普段のアイドルしてる顔とは違っていてミステリアス。

vol.10「夏に着たい柄がある」
  柄on柄、そして黒ゴールドのサンダルという、かなり派手目なコーディネート。
  でも、嫌らしく感じないのは、その涼しげでやさしいお顔だからかな。

vol.11「ときにはジェントルマン」
  帽子のシルエットがとても美しい。
  ぼったりとしたガウンとの相性もイイ。
  何より、このポーズに色気を感じます。

vol.12「デートの日のコーデ」
  1周年記念として、4ページの拡大版。
  シチュエーション別のデートの日に着る服。
  テープライター調のアルファベットで、恋心を記しているところが素敵。
  4タイプで、好きなのは、デート3かな。
  座っているので、全体の感じはわからないけど、ベージュのシャツの質感とサイズ感が素敵。
  デート2のウールパンツはスカートかと思うシルエットで、まっすーっぽい。私が着てみたい丈感だわ。
  黒シャツに、ゴールドのデカアクセが、一瞬、牧師さんにも見えて、牧師スタイルも似合うんじゃないかなと思いました。
  デート4の全身ヒョウ柄ですけど、もし、ほんとにデートに、その格好で現れたら、引き返してしまいそう(笑)
  でも、ここでのポイントは、「僕が全身ヒョウ柄でデートに行けるってことは・・・」の一文。
  私もそんな存在になってみたいという一生叶えられない夢を、それでも真面目に妄想してしまいました。
  そもそも、「ヒョウが見たい」って言う彼女に、自分がまずヒョウになろうとする発想がやっぱり憎めない(溺愛)。
  
ということで、改めて、12回を振り返ってみたのですが、オール私服が前提というだけあって、まっすーのやりたいスタイリングをそのまま、誌面に反映させてもらえているんだろうな、と思いました。
いつもは、メンバーに似合うように、ファンが喜ぶように・・・と衣装のデザインやコーディネートを考えているまっすーだけど、このスタイリングについては、100%とは言わないまでも、かなり自分に寄せて作っているのだと思います。
また、それを編集者さんが受け入れてくれているっていうね。・・・ありがたいことです。

テキストを読んでいると、知らないブランド名やファッション用語が並んでいて、2度3度読み返すこともしばしば。
編集で追記しているワードもあるとは思うけど、ファッションを語る時のまっすーは、ミニ四駆を語る感じに近いのかなぁと想像したりします。
雑誌だけじゃなくて、TVでも洋服に関するお仕事ができる日が来るといいですね。

2年目も楽しみにしています。




関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -