Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

6/10の水曜歌謡祭、無事にリアタイしました。
まっすーが出演しなかった先週も、録画はしましたが、追っかけ再生でざっと観ただけ。他のバラエティの番宣化としてしまった内容は、応援している番組だけに、辛かったです。

レギュラーではないものの、まっすーが、ほぼ毎回、出演するという奇跡的な番組。

しかも、まっすーの歌を聴けるという、宇宙一、特別な生放送。

だから、このまま、大きなチカラに押し潰されていってはほしくない。そう切実に思っています。

歌手にしても、演奏者にしても、スタッフにしても、想いをかけて、番組づくりをしていると思うのです。
どうか、番組の独自スタイルを磨いて、生き延びてほしい。
出演者からいって、万民受けを狙っているわけではないと思うの。
コアなファンの心を掴んでほしい。

で、昨日の水曜歌謡祭。
いろいろご意見はあると思いますが、全体としては、とてもよかったと思います。

オープニングの「しあわせのリズム」は、圧倒的な歌唱で惹き付けられたし、続く、昭和の名曲「瀬戸の花嫁」「てんとう虫のサンバ」は、ご本人登場で、テレ東か?って思わなくもなかったけど、懐かしく思う世代もあるでしょうし。

TL眺めてると、当然ながら?結構、みなさま、言いたい放題のご様子でしたが、番組自体を否定していると誤解されかねないんじゃないかと、すこし不安になりました。
負の連鎖が大きくなりはしないかと…。

まー、テレビなんて、文句いいながら見るものかもしれない。でも勢いのある番組ならまだしも、今の状況では…。

が、そんなTLの雰囲気も、「次、まっすー!」と誰かが呟いた途端、がらりと色が変わり、黄色い声援が飛び交いはじめて、わたしの不安も自然と消えていきました。


You're the Only…

小野さんとのコラボでした。
小野さんだからこその高音ボイスが、何年たっても印象に残ってる。
まっすー、大丈夫かなぁ、小さな緊張感が走りました。

でも、歌いはじめたまっすーの表情は、柔らかく澄んでいて、それと同じように、声もやさしく、のびやかでした。
前半は、下ハモのようでしたが、徐々に、高音に!
なんというか、オリンピックのフィギュアスケートの羽生くんを観ているような、ドキドキとうっとりとが入り交じる感動。

ラストの方、本番の緊張感からか、トリプルアクセルになったかどうか、判定が微妙なところもあったけど、なんとか着地できて、ほっとしました。


それから、何回、リピートしていることか。
恐ろしい再生回数です。

今回は、1曲のみでしたが、メドレーでワンフレーズという中途半端なものではなく、その1曲をじっくり味わえたので、大満足です。

改めて、この番組があったからこその感動に感謝しています。

先週は広島、今週末は東京ドームというスケジュールのなか、仕上げてきたまっすーの思いも伝わってきて、嬉しくなります。

6/17の二時間スペシャルへの出演も決まり、さらに喜びが増しました。

きっと、FNS歌謡祭への切符も持ち帰ってくれるでしょう。
テゴマス?NEWS?
グループへのお土産を待っています!
関連記事
スポンサーサイト
  • -
  • -