Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

なんとか、無事にアルバム『White』がオリコンチャート1位を獲得しました。
よかった!
別に1位じゃないと意味がないなんて思いませんが、大差で負けるならともかく、僅差で負けるなんて、悔しすぎる。
買い足しをしたわけではないので、大きなことは言えませんが、ほんと、1位獲得を知った時の安堵感、今までに無かったかも。
さて、そのアルバムの感想、ようやく、簡単にではありますが、少し書いてみたので、よろしければお付き合いください。

1.MR.WHITE
アルバムリード曲。
KAGUYAリリース祭りの余韻が残るなか、いち早く解禁になったので、アルバム発売を待つ間、何度もリピリピ。
バリバリのダンス曲かと思ったけれど、TV披露では、ダンス抑えめ、その分、生歌を聴かせようというNEWSとしてのポリシーを感じました。
NEWSはアルバム曲もシングル並みのパンチがある曲を用意してくるなぁ。
コンサートの幕開けを予感させますよね。

2.KAGUYA
1曲目で敷いた白い世界を2曲目でガラリと華やかな世界に反転させてしまう。
面白い展開だな、と思います。
やっぱりKAGUYAは曲だけを聞いても、蜷川色が脳内に拡がります。

3.NYARO
かつての「LIVE」みたいに、チャラ男の恋の物語(笑)
なのに、NEWSくんが歌うと、爽やかに聴こえちゃうから、ほんと不思議。
音がキレイでお洒落っていうのも大きいし、言葉のならびがキュート。
でも、意外とリズムが難しそう。
この前のMASTERHITSによるとカワイイ振付が付いたとか。・・・楽しみ。

4.SEVEN COLORS
サッカー三部作は、チカラあるなぁ、と思います。
どの曲も好きだけど、この曲の伸びやかな雰囲気、大好き。
カップリングに落ち着いてしまったのがとっても悔やまれる。

5.Weather NEWS
タイトルを知ったときから、どんな曲なのか、心待ちにしていました。
いいねー、いいねー、NEWSというキーワードをうまく使ってるし。
これ、ノンタイアップなの?
勿体ない。
おっ、報道担当の小山さんが歌い出しと、ラストという、好位置、任されてますね。
〇〇 NEWSというのをシリーズ化したらどうでしょう。

カッコ書きのところ、ちゃんと覚えて、コンサートに臨まないと!

6.Super SONIC
まっすーが特に好きな曲に挙げている曲。
想像通り、とってもカッコイイ。
SONYとか音楽機器のCMに使われたらいいのにな。

ご指導通り、歌詞カードと照らし合わせながら、歌の世界観を読み込んでいますよ。
Ryoheiさんと、まっすー、相性がいいですね。(ぜ、ぜひソロアルバムを切望します)

マスxシゲのTWINラップ、ぞくぞくします。素敵すぎる。
華麗なマジックを見せられているよう。
真似て、挑戦しようとしてみるけど、難しい。

7.Black Jack -Inter-
8.BYAKUYA

でました!
このなんともハリウッド的なファンタジー感。
少し音量を大きめにすると、さらにその世界観に浸ることがきます。
バックコーラス参加したいわ。
魔女的な声だしますわよ。
歌唱について、テゴマスについては、今更、別に語る必要ないですけど、やっぱり、上手いよね。
うなっちゃうよね。
でも、コヤシゲも遅れてない。特にシゲの声は、ヴァンパイアのイメージがあるせいか、闇の中で映える。

あぁ、なんか怖い顔が見たい!(どういう欲求ww)

欲を言えば、もっと長い曲にしてもいいような。
そんな簡単に物語を終わらせちゃ・・・。
アルバム曲なんだから、「ながーい」って思うくらい極端な曲があってもいいと思います。

9.ONE -for the win-
改めて、この曲を聴くと、去年の夏が詰まっていて、切なさも蘇ってきます。
でも、ほんとうに、大好きな曲。
テゴのハイトーンボイス、マスラップ、それぞれの得意部分を十分に織り込んでいて、攻めきっている感じがする。
これから先も、歌い続けてほしい。

行くぞBRAZIL!と言いながら、ブラジルに行ってみたい。
死ぬまでにしたいことのひとつ(笑)

10.White Love Story
新曲の中で、一番印象が薄いな・・・と思っていたんですけど、何度か聞いているうちに、気が付くと、このメロディーが脳内再生されていたりします。
Whiteという、今回のテーマを静かに締めくくるような、優しい曲ですね。

「セリフはもう決まってたんだ受け取ってくれるかな」
一番、ポイントとなる歌詞を歌う作家加藤シゲアキ。
いいなーいいなー、シゲ担。

「一度きり消えない魔法かけて」
いわば、NEWSと会えるコンサートなんて、魔法と同じ。
時間がくれば、美しいドレスは、普段着に戻り、目の前からは、NEWSが消え、パソコンに向かって仕事をする一日が始まっている。
コンサート終盤、魔法の力が弱まっていくときに、この歌詞を聞いたら、ぐっと切なくなるな。

11.愛言葉
10周年の東京ドームで聴いた、あの歌声がとても好きです。
その場にいたファンの想いも一緒にマイクが拾っているような、あの特別感。
だから、今回、レコーディングされた歌声に、最初は少し戸惑いました。
きれいにおさまりすぎてるような。
でも、だんだん慣れてきて、最初の違和感は消え、2パターン楽しめていいわ、と思えるようになりました。
カウコンでも披露してくれたから、コンサートでも歌ってくれるかな。楽しみ。

とりあえず、初回盤verということで、ソロ曲は別途(?)。
正直、言いますと、まだ、ソロ曲まで聴きこんでいない。
まずは、4人の曲を、体に馴染ませたい。
(もちろん、まっすーのソロ曲は、例外ですけど)

全体の印象としては、いろいろな曲調を並べていて、その時の気分でスタート曲を決めたくなるような感じです。

ただ、歌割に若干パターン化されたものを感じなくもない。
役割がはっきりしすぎてるのかな。
部分的に新しい試みもあったように思うけど。
意外性が少なかったように思います。

さくらガールのような、まっすーの伸びやかな大サビが聴きたい!という気持ちがやや消化不良で、さまよっています。

それ以外は、大満足。
Whiteといいつつも、対極にあるBLACKを感じたり、カラフルな世界が広がったり、最後にもう一度、白で染めたり・・・全体として統一感のある流れを感じ、聴き心地がよい作品だと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する