Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

テゴマスの青春コンサートのために、広島にやってきました。

昨日のコンサートも、とても素晴らしかったです。
歌、パフォーマンス、テゴマスバンドの演奏、トーク、客席の雰囲気…どれをとっても、テゴマスの良さが表れていて、心地いい2時間半でした。

とくに、歌に織り込まれた言葉の数々が、立体的に、温度をともなって、胸に浸透していきました。
これは、直前に読んだ「Saita」のまっすーのインタビュー記事の影響があったのかも。
テゴマスがどんな想いで、歌を歌っているのか、それを想像しながら聴くと、宝物がいくつも散りばめられていることがわかり、嬉しくなりました。

いろいろなタイプの曲がある中、それぞれに、歌い方を変えていく二人は、素敵でした。

とくに、「青いベンチ」「きれいごと」。
シンプルだけど、深い深い味わい。

昨日は、アリーナのやや後方でしたが、素の声が何にも邪魔されずに、空気を伝わって届いてきました。
空気さえも、テゴマスの声の振動に、そっと道を空けているような、そんなやさしさを感じました。

バックステージで歌う「キッス」では、間近 で、テゴマスのオーラを感じることもでき、その柔らかな雰囲気に、純粋にトキメキました。

通路側だったので、「月の友達」も、すぐ横を通っていったのですが、まっすーが“餅つきを…”で、餅つきポーズをするときに、ちょうど、その下ぐらいの位置になったので、真下から、餅つきするまっすーを見上げたり(笑)

まるで、お餅になった気分。
なんだか、ご利益がありそうです。

でも、この、月の友達ウ―君とも、もう会えなくなってしまうと思うと、ほんと寂しい。
2月に、グッズで、初めて、ご対面したときは、一瞬、ハテナマークが100個ぐらい飛んだけど、瞬く間に、愛らしく思えてきて、今では、コンサートに行くっていうより、月の友達に会いに行くっていう気持ちにまでなっているから。

広島のコンサートは、1公演のみで、帰ります。
そして、私にとってのラストは、名古屋オーラス公演。

あとひとつ。


これだけ、幸せな季節の移ろいを感じた年もなかったな、と思います。
(毎回、ほんと、びっくりするようなハプニングに見舞われて、こんなにハラハラさせられたツアーというのも、なかったけど。珍道中は、また、改めてお伝えできたらな、と思ってます)


何年経っても色褪せないような、青春の一頁を持って帰ります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • # -
Re: Cさんへ(秘コメ)

Cさん、広島公演2日目の余韻覚めやらぬ中、コメントを頂きまして、ありがとうございました。

会場付近で、お見かけした時、一瞬、お声をかけるのを迷ったのですが、こんな偶然はなかなかないかな、と思って、声をかけさせていただきました。

レタスクラブの記事、良かったですよね。
歌に対する想いが以前にも増していることをコンサートに行く前に読むことができたのも、有難かったです。

同じコンサートに何度も足を運んでしまう・・・それは、単に「まっすー」が好きだけなのではなく、「まっすーが奏でる世界観」が魅力的だから、だと思っています。

生でこそ味わえるもの、貴重ですしね。

今度、ゆっくり、お話させていただけたらな、と思います。

また、ご縁がありますように。

  • エミコ(emico) #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する