Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

加藤シゲアキ著「Burn-バーン-」、読み終わりました!

シゲが何ヵ月もかけて、戦い抜いて、仕上げた作品。
2時間とはいかなかったけど、一気に読み進めることができました。

ネタバレになるといけないと思って、まだ、シゲのインタビュー記事類に目を通していないので、シゲが思い描いた世界観を確認していませんが、私の頭のなかでは、甘くないファンタジーとして物語は進んでいきました。

前の二作は、アイドル的な存在が中心人物だったので、どうしても、作品の中にシゲの姿を重ねてしまいました。それが楽しかったりもしたのですが、今回は、シゲを当てはめることなく、小説の中で生まれた人物の心の動きを純粋に追いかけました。

小説家として名乗っているのだから、当たり前なのかもしれないけど、描写力の素晴らしさに何度も驚かされながら。

読み終わった今は、ステージに立つシゲと、物語を紡ぐシゲが結びつかなくて、それこそ、徳さんの完璧なマジックにかかって、呆然としてしまっているような感覚。

面白かったのは、「閃光スクランブル」のストーリーと交差したところ。こんな遊びがあったなんて!

こんどは、もう一度、「閃光スクランブル」を読んでみようかな、という気持ちになりました。


Burnという言葉の持つ魔力が強すぎて、ショッキングに感じた場面もあったけれど、シゲの中に、こんなに燃えさかる炎があることに驚きました。
そして、私の知ってる加藤シゲアキは、ほんのほんの一部に過ぎないのだと感じるとともに、その図り知れないエンターテイメントさに、ワクワクし出しています。

舞台「中の人」も期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する