Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

「テゴマスの青春」コンサートについて、セトリ順に感想的なことを書きはじめてみたのですが、テゴマス自身がセトリをネットに載せるのはやめてほしいと、らじおで語っているので、その記事は、しばし、お蔵入り。

ですが、ここまでの感想を文字に残しておきたいので、部分的な感想をメモします。
ネタバレ含みますので、これからコンサートに行かれるかたは、のぞかないようにお願いします。



「ヒカリ」
アルバムの中でも、PV曲になったりと、「顔」となっている曲ですが、コンサートでも、その歌詞の世界観がコンサート全体を包み込んでいます。

何年経っても色褪せないような 大事な大事な一日にしよう
もう二度と同じ日は来ないから


まっすーが大事にしている気持ちをそのまま歌詞にしたような感じですよね。
同じ日に、同じスケジュールで、ここに集まっていることの奇跡と感動。

このツアーでは、その大事な一日を「青春」と位置づけているのかな、と思いました。
この曲ではじまり、この曲で終わるという形。
何か美学のようなものも感じる構成です。
マイクを置いて、ヒカリの中に消えていく・・・そして、スクリーンには「SEE YOU NEXT LIVE」の文字。
今までのコンサートだったら、何度も呼び戻すところなのに、これで、終わりなんだと、誰もが感じ取れるような幕切れ。
あっけないような感じもするけど、去っていくテゴマスを見送るのは、一度でいいようにも思うし、終わり方の美しさにこだわりを持っていることに、頼もしさも感じます。


「青いベンチ」
コンサートの前半のピークを終えると、会場の雰囲気はガラリと変わります。
観客は、ペンライトを消して、椅子に座ります。
ステージ上には、バンドメンバーのギターの知野さんとピアニカを持った千葉さん。
そして、テゴマス。
まるで、ヨーロッパの古い教会のように、キャンドルが並び、そのうちの1本に、手越さんが灯りをともすと同時に、他のキャンドルも光ります。
ここから、マイクを使わない、Accousticな演奏と歌がはじまります。

このマイクなしの演奏は、ホール公演だけの演出の予定だったそうですが、なんと、札幌公演でも同じように、マイクなしで歌われました。(離れたマイクが多少、音を拾っているのかもしれませんが)

信じられないけれど、その声は、ステージから遠く離れた後方の席にも、ちゃんと届いてきました。
大声を張り上げるような歌ではないけれど、マイクありで歌うより、断然、喉への負担は大きいはず。
それをアリーナ公演でも表現したいというテゴマスの心意気。

この声が枯れるくらいに
君に好きと言えばよかった


この声が枯れてもいいから、君に好きと伝えたい・・・そんな熱い想いが込められているのだと感じます。


「シュプレヒコール」
猫中毒のカップリング曲で、猫中毒のキュートな世界観とは、真逆というか、対比すら難しいタイプの曲だったので、衝撃を受けた思い出がありますが、今となれば、アルバム「テゴマスの青春」の布石となっていたのではないかと思います。
メッセージ性のある曲をキュートな角度からではなく、ストレートな曲調でテゴマスが歌うとしたら・・・という第1歩だったような。
ちょうど、同じころ、舞台「STRANGE FRUIT」で増田さんが演じた千葉という役柄にあてはまる要素があったので、私の中では、「千葉のテーマ曲」として、かなりの頻度で聴いていました。
そして、今回のコンサートで、ついに陽の目を見ることに・・・。

コンサートで聴く「シュプレヒコール」想像以上の出来栄え。
歌詞がスクリーンに映し出されて、ただでさえ、強い言葉が、耳と目からぐざぐさ入ってくるんですけど、自分を飾り立てているものを剥がして、素の自分をみつめさせてくれるというか、正直になれる曲だな、と思います。

「innocence」
シュプレヒコールからの流れで、innocenceが始まる感じが、ものすごくかっこいい。
この2曲の、増田さん、まるで別人のよう。
いや、これも増田さんの一部なのかと思うと、愛しさが増します。
もともと、表現力は高い方だと思っていますが、ここ1~2年の成長には、度胆を抜かれます。
「STRANGEFRUIT」の経験、ソロ曲「REMEDY」のパフォーマンス・・・それらが全部、歌に還元されている感じがします。

冴えない気分
無いような自分 僕は何処にいる?


どこか暗闇に閉じこめられてしまった窮屈感、緊張感。
壁をぶち抜く前のエネルギーを限界まで溜め込む感じ。
そういった気迫が歌声からは勿論、全身からも伝わってきます。

一方、手越さんは、得意のロックテイストでシャープに攻めて来ている印象。
それぞれが、違う方向から、掘り進めている感じもわくわくします。

そして、この曲の途中で、二人は、一旦、ステージを去って、バンドメンバーの紹介兼ソロパートに。
このコーナーもカッコイイ。
テゴマスバンドの豪華さに改めて気づかされます。

そうこうしているうちに、テゴマスが衣装を変えて、再び登場。
その登場の仕方に、どれだけの女子が気絶寸前になっていることか・・・。
このあたり、ワイルドテゴマスの最大のピークと思われます。

ただ、面白いのがこのワイルドさも、次の曲になると、一瞬で消えてしまう。
それが、また、テゴマスマジック。


今日は、このへんで。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する