Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

あけまして
おめでとう
ございます


今年もNEWS、テゴマスを愛する気持ちを綴っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

さて、大晦日のカウコン。
始まるまで、NEWSはちゃんと出番があるのかという不安を少し感じていたのですが、思ってた以上に出番があり、ほっとしました。期待値が低かったからかもしれないけど。。。

オンエア前は、キスマイ、ABC-Z、ジャンプ、SEXY ZONE・・・と勢いのあるグループのステージが続き、そのパフォーマンスを楽しみつつも、NEWSは?NEWSは?と気持ちがざわざわ・・・。
でも、SEXY ZONEの歌の途中で、気になる人影が!!
席からわりと近くだったので、あの横顔は、まっすー、コヤ、シゲに違いない!と確信したのですが、ほどなくその人影は再び姿を消しました。どうやらタイミングを間違ってしまったらしい。
けど、そのおかげで、次がNEWSと確信できたので、途中からセクゾさんの歌は、耳に入らず、気持ちは高まるばかり。

そして、期待通り登場したNEWSは、「WORLD QUEST」を披露。
前半は踊りなしで、歌いながら、徐々にセンターステージに向かい、後半から、ガッツリ踊り始めました。
まっすーのラップもありました。
そして、次の曲。
な、なんと、「恋祭り」
もう、「キャーッ」って反射的に悲鳴をあげてましたよ。
最近は、わりと、コンサートでもおとなしくしているつもりなんですけど、なんだろう・・・あのいろんなグループのファンがいる環境での「恋祭り」っていう選曲。その攻めている感じに、ヲタ心が燃えてしまいました(笑)

私は、タオルは持参していなかったんですけど、CWCのマフラーを持ってたので、それをブンブン振り回しました。
私の席から見える範囲では、わりとタオル的なものを即座に取り出して、回している人が多かったなーという印象なんですけど、全体的にはどうだったかな。

この曲をカウコンの恒例にすれば、他担さんにも、楽しんでもらえるようになるかな?
毎年、やっちゃう?

でも、タオルを振り回しているから、当然、双眼鏡はのぞけないので、細かい表情とかそういうのは追いかけられず、残念(・・・と、少ししてから思いました)

そして、恋祭りの興奮が冷めやらぬうちに、始まった3曲目が「SEVEN COLORS」。
3曲歌ってくれること自体、想像していなかったし、生で初めて聴く「SEVEN COLORS」だったし、驚きで平常心を完全に失ってしまいました。

ベストアーティストで披露した長さと同じくらいの尺だったかな、と思います。
この曲の肩組んでリズムをとる感じがとても好き。
シングルではないし、日テレでしか流れていないから、どの位、一般に浸透しているかわからないけど、それでも、あの場にいたNEWSファンにとっては、嬉しい一曲でした。

今回、私の席は外野側の1階スタンド1列目で、着席が義務づけられていました。
なので、NEWSの出番になるたびに、立ち上がってしまいそうになる衝動と戦ったりも(笑)
ノリノリになるときって、やっぱ立ち上がりたくなるんだなーと実感しました。

ただ、最前列というだけのことはあり、トロッコが目の前に通過していくときの喜び。
他のグループの人であったとしても、それは嬉しいものでした。
山田くん、知念くん、中島くん、岡本くん、それと終盤では、年男達が目の前を通過していきました。
が、しかーし、肝心のNEWSくんは、近くにはやって来ず。。。
そんなもんです、現実は。
とほほ。

それに、位置的に、センターステージを背後から見つめるケースが多かったので、まぁよくあることですが、昨日も増田さんの背中ばかりを眺めていました。

それでも、カウコンで、ここまでいい席って無かったので、大満足。
出番を待つときのスタンバイの姿や、カメラに映っていないところで、踊っている姿を観察できたりね。


ツイッターでも、細かい、それぞれの視点のレポが流れてきましたが、あくまで、それは個人の視点に立ってのレポなので、流し読みする程度がちょうどいいのかな、と思います。

細かいことは、オリスタさんとかがきっといいレポを掲載してくれるはず!

最後、ひとグループずつ、挨拶をして、ステージをはけていく場面。
NEWSはテゴさんのスペシャルメッセージで華やかに締め、花道を歩いていきました。
テゴやシゲとかは、アリーナ席のファンに丁寧に手を振っていたのに、まっすーは、手を振ることなく歩いていきました。どうしたのかな、と少し思ったんですけど、最後、振り返って、深々と客席に一礼したのです。
その姿は、ファンに対してということも勿論あると思うのですが、神聖なる東京ドームという場所に挨拶をしたような厳かな雰囲気さえ感じました。
やはり、まっすーにとって、この場所は、特別なところなのだと。

カウコンは今年、出演グループが例年より減りました。
そのおかげで、NEWSの出番も増えたと思うし、他と中継をほとんど結ばないことで、東京ドームの中の雰囲気は、コンサートの熱気を保っていることができたと思います。

ただ、一方で、今まで、常連だったV6など他のグループの姿が無かったことの寂しさも少なからず、感じました。

そして、カウコンさえ、当たり前に出演できる訳ではなくなったことに気が付きました。
そう思うと、NEWSが出演できたことが半分奇跡に思え、「ほんとうによかった・・・」と出演の喜びを噛みしめたりもします。

まっすーがどんなことを思い、深々と一礼したのかは、わかりませんが、このステージに立てた感謝をその一礼にこめていたのではないかと思います。
そして、「また、ここに立てますように」と。


2014年、NEWSにとって、テゴマスにとって、そして、愛する増田貴久くんにとって、素晴らしい一年となりますように。


ことしも、どうぞよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する