Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

KAT-TUNも、4人体制となりました。
発表された夜、きっとNEWSファンの多くは、2011年のことを思いだしたのではないでしょうか。
あの時も、夜だった。
グループとしての活動があまりに少ない。
アイドル誌さえ、6人揃わない。
不安材料がたくさん。
でも、信じていた。
今は、個々の仕事が忙しいだけと・・・。

それなのに、突如、発表されたその内容は、あまりに衝撃的で到底、信じられるものではなかった。

そういう状況を経験したから、KAT-TUNファンの気持ちを一番察することができるのは、NEWSファンかもしれない。

だから、私は、騒ぎ立てるのではなく、そっと見守ることがマナーだと思いました。



今日、「シューイチ」を見ました。
4人でのVTR出演。
ファンを想う気持ちを語るメンバーの言葉は、ファンならずとも、ぐっと来るものがあり、逆境に立ってこそ分かるカッコよさを感じました。
そして、年末のコンサート、ミニアルバムの発売のお知らせ。
私がファンだったら、混乱の中でも光が見えたと感じたかもしれない。

そして、また思い出す、2011年。
私は、安易にも、新生NEWSは、年明けにでも、すぐ、シングルを発表すると思っていた。
けれど、NEWSは準備に半年以上をかけた。

似たような境遇に遭っても、やはり、NEWSとKAT-TUNは違う。
脱退の理由も、メンバー間の繋がり方も、方向性も、考え方も、歩み方も・・・。

ただ、NEWSもKAT-TUNも、「4人」という形が最終形であると信じたい。
そして、「4人」という魅せ方をそれぞれがどう表現していくのか、ある意味、競い合いが始まるのかもしれない。

フォーメーション的に、単調になりやすいような気もする「4」という並びをどのようにNEWS流に、KAT-TUN流に表現していくのか、見てみるのも楽しいかも。

勝ち負けではないけど、負けてほしくない。



今日のシューイチで中丸くんが言った言葉。
”抜けたメンバーの穴は埋められない”
がとても印象に残りました。

そうなんだよね。
誰かの代わりにはなれない。


新しいKAT-TUNがどうKAT-TUNというブランドを進化させるのか、NEWSと対比させながら、見守りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • # -
お返事 Cさんへ

【お返事Cさんへ】

コメントありがとうございます。
どんな風にお返事させて頂いたらいいのか考えていたのですが、案が浮かばず・・・(汗)
でも、同じように感じてくださったこと、本当に嬉しいです。

うわべだけの情報を読んで、感情のままにblogを書いてしまったら、どこかで、誰かを傷つけてしまうかもしれないと思うので、慎重になって書かせて頂きました。

NEWSも、KAT-TUNも、厳しい状況に立たされはしたけれど、きっと大丈夫だと信じたいですね。

4人という数でいえば、どうしたって、比較対象になっていくと思うので、NEWSもうかうかしていられませんね。
がんばってもらわないと。

いつか、どこかで、お会いできますように。

また、お気軽にコメントお寄せ下さいね。

  • エミコ(emico) #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する