Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

9月15日・・・
0時前から、JEサイトを開き、今か今かと、その瞬間を待ちました。

0:01
おかしい・・・JEサイトからは「硝子の少年」からスタートするCMが流れるだけ。
ステーウィーズミー♪
一体、特設サイトはどこに?
まるで隠れキャラを探すかのように、いろんなところをクリックし、猫自慢コンテストまで開き(笑)、あたふたする中、メール伝言板が来ていたことを思いだし、そこに書いてあったURLをクリック。
そしたら、簡単に、動画がスタート。

去年のカウントダウンメッセージのサーバーダウンのことがトラウマになって、あせったりしましたが、結局、一日を通して、動画はスムーズに見れたようですね。
やるじゃん、JE!

さて、本題。
ジャニーズ初の動画配信。しかも無料。
でも、お金払ってもいいくらいの価値がある高画質高品質な映像でした。
(いつものJ-NETの映像も質をUPしてほしいところ)

まずは、コンTシャツを着た4人のメッセージから。
慶ちゃんの虫食いTシャツって、こんな風になってたのか・・・と気になりつつ、画面から溢れるNEWSのキラキラオーラにうっとり。
「さぁ、聴いてください。どうぞ」のテゴマスふたりのポーズがかわいい。

愛言葉~てをひいて~

キスしたり、見つめたり・・・
サビから始まるこの曲、冒頭から「てずてってとって」という呪文のような言葉で、たちまち魔法にかかってしまう。

まずは、まっすーのソロパート。
晴れた日
きまぐれな風に連れられて
手を伸ばした
出会いは9月
まだ知らずのあの話をまた聞かせてよ


手首にたくさんのミサンガ
たくさんの夢が託されてこのステージに立っているのかな。

時々、カメラ目線のまっすーに、ドキドキ。

「出会いは9月」
はじめて聞いたときから、印象に残った言葉。
改めて、NEWSの始まりは、この9月という季節だったのだと思った。

「てをひいて」という副題だけど、
まず、「手を伸ばした」。
手を伸ばして、大切な何かをその手のひらにおさめたら、てをひいて、近くで見つめる。
あるいは、手を伸ばして、大切な人の手と触れ合ったら、そのまま、手をつないで、ゆっくり歩いていく。
そんなイメージを抱きます。

「まだ知らずの」
10年経ったけど、まだまだ、知らないことはたくさんあって、
これからもずっと、君の話を聞かせて。

話を聞いてよ、ではなくて、「話を聞かせてよ」というのが面白いと思う。

まっすーの表情は、とっても柔らかい。
初披露する緊張感なんて、どこにも無くて。
もうすっかり、言葉もメロディーも全部、体に染み込ませてステージに上がったんだね。

続いて、慶ちゃん

そのありったけくれた愛だけ
強くなれたから
ここまで来たよ
だから君へ全力で返すよ


慶ちゃんの表情は、真剣そのもの。
受け止めた愛を「全力で返す」生真面目さが慶ちゃんらしい。

それをつないで、シゲ。

986(くやむ)日々
だから今があった
やっと叶えた
この4あわせ(幸せ)


さすが、言葉の魔術師。
短い詩の中に、ぎゅぎゅっといろんなことが詰まってて、びっくりする。

9人、8人、6人、の日々。
NEWSの歩んだきた日々。
それを「くやむ」と読ませた。
もっとこうできたんじゃないか、という想いが込められているのかな。
でも、だからこそ、今があるという。
「やっと叶えた」の「やっと」がすごーく切ないけど、でも、4人となった今を「しあわせ」と表現したことで全てが救われたように思う。

「4あわせ」と歌うときの、笑みを浮かべる感じがすごくいい。

そして、テゴ。

世界中のどこよりもほら
愛であふれてるよ


凝った歌詞ではないけど、歌い方がストレートで、気持ちよさそうで、スッキリする。

まっすーとシゲが個性的な詩を書く分、慶ちゃんとテゴの歌詞がシンプルに思えるけど、そのバランスがとってもいい。

2番は、テゴちゃんから。

10年前の僕より
もっと君を笑顔にさせてみせるから


「アイノナカデ」の歌詞と同じように、テゴは、ジャニーズに入りたてだった頃の自分と、今を比較している。
まだ、「あの子、誰?」って言われてた時代のくやしさみたいなのが、ずっと残っているのかな。

「笑顔にさせてみせる」という表現がテゴっぽい。

続く、シゲ。

同じ星が今見えるなら
ただそれだけで
かわす
誓い
つなぐ
思い
変わらずにずっと


来ました!シゲアキ先生の言葉にいろんな意味を含ませる高度な世界観。
4人で曲を作るにあたり「Share」の時の自分を思い浮かべたと言っていたように思いますが、「Share」の歌詞と重ねてきたのには、うなりました。

すれ違いゆく風の中で
僕らはなぜ出会えたんだろう
同じ星が今見えるなら
僕らはただそれだけでいい


Shareの時の自分と同じ位置に立って思う事。
それはやっぱり、とてもシンプルに「同じ星」を見つめることなんだと、そう感じました。
ブレていない。

だから言う十年後も
今までもこれからもいつまでも
隣にいてくれてありがとう


Shareの歌詞で伝えたことを、「愛言葉」の中でも、裏メッセージとして表現しているのだと思いました。
ここでも、過去の歌へのオマージュをしかけているなんて。

深い。深すぎて、泣けてくる。

「Share」は、確か、シゲ主導で作っていたかと思います。
「Share」で作り上げたものは壊れかけたけど、でも、またつなぎ合わせて、もう一度、「同じ星」を確かめ合うNEWSって、素敵。

しかも、四人でリレーにして歌ってる!

そんな涙腺がゆるんだころ、
慶ちゃん

さめていたあの頃の声
ごめんね
もう二度と泣かさない


ストレートですね。
「ごめんね」って。

「ごめんね」って言えるうちのリーダー。
(あやまることはないけどね。でも、そういう気持ちがあるんだろうね)

しかも、歌い方がとってもいい。

上から目線で恐縮ですが、慶ちゃん、歌上手になりましたね。
表現力がでてきた。
思いがすごく伝わってくる。

そして、まっすー

どんな時もたくさん伝えるよ
届けっ、
愛の言葉


「届けっ」
って、エネルギーを感じます。
飛ばしてくれているんですね、愛を。

もう、まっすーの歌っている姿とか、「ことばあー」の口の開け方とか、声の色とか、好き過ぎて、何度も何度も見てしまいました。
(動画は、一時停止とか、巻き戻しとかできなかったけど)

かわいくて
ふわふわの笑顔も
やさしくて
まんまるの時間も
ぼくの言葉に魔法をかけて
てずてってとって
会いたいよ
てずてってとって
愛してる


魔法をかける手越くんと増田くん。
さすが魔法使い歴が長いふたりは、ちゃんと指でおまじない。
かわえぇ。かわぇぇ。

そのまえの「ふわふわの・・・」、とってもキュートな歌詞のところなんですが、
どうしても、まっすーの脇腹に目がいってしまいます。
「つやつやの脇腹がせくすぃ♪」
替え歌をしている場合ではありませんね。失礼。


「てずてってとって」
だんだん、このおまじないのような言葉が記憶に寄生(by Remedy)

大サビというのでしょうか。
まずは、慶ちゃん

雨上がりの道をぬけて
この先の□(よつかど)曲がれば


このツアーロゴの四角、ハート、三角、まるを組み込んだファンタジーな部分。
四角を「よつかど」って、お洒落。

次は、テゴ

空に浮かぶ虹と
ハートの飛行機雲


雨上がりの空に虹が出ていて、
飛行機雲がハートなの?
かわいい。

まっすー

ねぇずっと一緒
△(さんかく)座りしながら


単語全部が、愛しい。
さんかく座りを思い浮かべる天使のような感受性を私にください。

最後はシゲ

○(まあるく)微笑む
そっと頷いた


わぁ、なんて、いいお話。
アニメにして、夕方、Eテレで流したらどうでしょう。
(追記!この大サビは、9/20のMASTERHITSによると、シゲ担当だったそうです)

シゲの、「そっとうなづいたぁー」、よかったですね。
NEWSくんの歌唱レベルがぐんぐんあがって、なんだか鼻高い。

キスしたり
見つめたり
近くで
甘えたり
泣いちゃったり
支えて


そんなに近づいちゃってもいいんですか?
って、にやにやしちゃいますが、それだけ、近くに感じていたいと思ってくれていること、嬉しく感じます。
「泣いちゃったり」で、めそめそする増田さん、永遠の10歳。
なんで、こんなにかわいいんだろう。
一方で、あんなにワイルドなのに。
(永遠の謎)

君と僕だけのアイコトバ
”てずてってとって”
そばにいて


いよいよ、「てずてってとって」の意味が紐解かれていきます。
画面には、歌詞をつけてくれて、
それとなく、「て」をひいてくれていますね。

君と見る
これからの未来は
鮮やかで
輝いて
広くて


未来への展望を語るシーン。
そんなに現実はキラキラしていないけど、なんだか、鮮やかで輝いて広い明日が待っているように思えてしまう魔法。

重ねた時間(とき)
またはじまる
”てずてってとって”
愛してる


今、ここが新たなはじまり。
終わりじゃない。
って
続いていく。

僕達の
10ve(LOVE)
Anniversary


10thを10veに替えて、LOVEと歌う。
お洒落~。

このお洒落感がNEWSには、よく似合う。
品のよさが、でちゃうんですかね。

NEWSとファンの合い言葉(愛言葉)。
「てずてってとって」
副題は、「てをひいて」

不思議な呪文から、「て」をひいたら、「ずっと」が残る。

記念ソングにここまで、愛情込めるなんて、NEWSはすごい力をもったアーティストですね。
ここからが、ますます楽しみ。

いろいろ厳しい事務所サイドが特別に許してくれた映像配信。
ほんとうに楽しむことができました。

15日が終わる最後の最後まで。
正確には、日付が変わっても、見れたので、なんとしてでも、最後まで見届けるぞ!と思いましたが、睡魔には勝てず。
1か月半前、豪雨の秩父宮で、NEWSがまだステージにいるのに、会場を去った時に似た気分で、サヨナラしました。

これが、ほんとのオーラスだったのかな。
みんなが、特等席で見れた公演。

1年1年、お祝いしていこうね。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

さっそくコメントさせていただきました
ハイ、最近2人が絡むことがあって嬉しいです(*^▽^*)
歌も2人が続いて歌う曲が、けっこうあったりで嬉しいです(^-^)v

動画、楽しんで見られました☆
でも、もう、また見たくなっちゃいました…

  • kaori #ex3yOCrA - URL
お返事 kaoriさんへ

お返事 kaoriさんへ

なかなかお返事が出来ず、失礼いたしました。
気長に待っていただけると助かります。

動画配信、よかったですね。
また、今回のようなスペシャル配信が見られるといいなー。

次のNEWSの動き、気になりますね。
まだまだ、NEWSを楽しめますように!

  • エミコ(emico) #- - URL

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する