Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

BEST STAGE 5月号、買いました!
20130327a


表紙も、ピンナップも、巻頭特集も、増田くん!
舞台のお仕事は、こういうメリットありますね。

まだ、稽古前の段階での取材なので、作品や役柄についての具体的な話よりも、“なぜ、この役をやることになったのか”“どういうスタンスで挑もうとしているのか”というようなインタビューになっています。


今までにラジオで語ったことや、今回の記事でわかったことは、だいたい…

・灰色のカナリアが終わって、そう時間が経たないうちに、舞台の話がきた
・どんな作品がやりたいかと聞かれて、「今までにやったことがないような役柄」と答えたら、この役がやってきた。
・具体的な希望は言わず、脚本家・演出家に任せてある。
・「(小山に)観にきたら、俺のこと嫌いになるかも」と言うほどの役柄。

とにかく、「雨の日の森の中」や「灰色のカナリア」とは、違う世界観のストーリーだということがはっきりしましたね。そして、その方向性をまっすー自ら望んだということも。


目的のためなら手段を択ばない冷酷な映像作家・・・

「ただ、千葉はもともとすごく嫌なヤツだったわけではなくて、だんだんそうなってしまったところがあって、舞台はそれを、逆さまに表現していくわけなんです」

冷酷な役柄もそうだけど、この”逆さまに表現していく”ということがとても難しそう。

でも、まっすーがどう演じるかということに捉われすぎに、「ストレンジ・フルーツ」という舞台そのものを楽しめたらいいな。

5月が待ち遠しい!




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する