Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

Music Fairでのスペシャルコラボレーション
T.M.Revolutionxテゴマス
「THUNDERBIRD」
観ました。

その歌声は、TMR純度100%の世界に、テゴマスが何色にも変わる羽を広げてやってきたような・・・

20130223a

<テゴ>
月灯りの部屋
心の隅々まで
痛くしよう

<マス>
君の手の中で
一欠けの氷のよう
溶けてゆけるなら


とても繊細で、秘密めいた雰囲気のある歌詞を手越さんも、増田さんも、丁寧に歌っていますね。
でも、ふたりのアプローチは、全く違うように思います。
そこがテゴマスの魅力のひとつ。
テゴは、得意の伸びやかな高音を思いのまま操り「心の隅々」を見渡していく。
マスは、ささやくような声で「君の手の中」に少しの温度を感じさせる一方で、「一欠けの氷」という冷たさと儚なさを鋭く響かせている。

TMRさんは、圧倒的な声量と個性ある声で、リードボーカルをつとめていますね。


孤独な羽を曝して
君だけの羽ばたきを見せて
まばゆい時を踊り続けよう
力尽きるまでに

主メロと上、下。
私は、どうしても、下ハモの流れを耳で追ってしまう。
まっすーの包み込むような低音が心地いいから。

でも、そのおかげで、主メロと上ハモもキレイに分かれて聴こえてくる。

次にテゴの声に添うようにして聴いてみると、きっと高度なことしているんだろうなぁと思います。
ただでさえ、キーが高そうな曲で、その主メロを超えて、上空から、光を注ぐ。
そんな風に歌っているように感じます。



<テゴマス>
燃え移りそうに

<テゴ>
瞬く星たちは

<テゴマス>
絶えた祈りに

<マス>
熱を放ち
消えてゆくのか


ふぁ。テゴマスだけのパートって、感動で身が震えます。
濁りのない空気が流れるっていうのかな。

テゴの上ハモに背中を押されての「絶えた祈りに」
さらに、続く、マスソロ「熱を放ち・・・」

素晴らしい。
テゴの後押しに、マスが力強く飛び立っていく景色が見えるよう。


曲目を聴いたとき、増田さんがどう歌いこなすのか想像できなかったのですが、あぁだこうだ言う前に、正座して聴きなさいって感じですね。

天才的な手越さんの隣で、爪を隠している貴久くん。
けれど、その潜在能力は、ファンさえも計り知れないものがありそうです。


今回のパフォーマンスで、次回のFNS歌謡祭への切符は、予約できたかな?
だといいなぁ。


残念だったのは、トークコーナーに参加していなかったこと。
どうやら、今週のテゴマスは「スペシャルゲスト」だったらしい。

予告をみる限り、来週のトークにも参加してそうにないから、来週は本編での出演は無いかも?

でも、3月9日は、テゴマススペシャルですからね!

油断せずに、予告狙いで、チェックをしたいと思います。

今日、見逃した方は、ぜひ、3月9日(土)を観てくださいね。





関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する