Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

美しい恋にするよコンサートの感想4回目。
そろそろ、書き終えないとテゴマス祭りがはじまってしまうので、ピッチをあげていきまーす。

■チェリッシュ
チェリッシュになると、4人の表情もにこやかに戻り、かわいい手の動きと、ファンと目と合わせようとする姿が印象的です。
アリーナ公演では、アンコールの確か「さくらガール」の次に歌っていたと思うのですが、秩父宮では、増ソロの直前での披露。
そのため、まっすーは、チェリッシュの途中で舞台から消えてしまいます。それがちょっぴり残念。
「ラララ・・・・」のまっすー、可愛いのにな。

亮ちゃんの「歌って!」を引き継いだシゲには、今までのNEWSらしさも大切にしていこう!という気持ちが見えて嬉しい。

■PeekaBoo
まっすーのソロ曲です。
コンサートで、ソロ曲を披露するのは、Diamondコンでの「Superman」以来。
MADとMADEを従えてのクールなダンスは、増担の期待を裏切らないクオリティ。
息をするのも忘れて、見入ってしまいます。
ライティングの加減で、髪がピンクっぽくなったりするのはFANKY!
ただ、映像がやたらチカチカしてません?(笑)
切り替えも早いし、眩しい。
増田さんは、そのままで、十分素敵なんですけどー

秩父宮では、メインステージで踊っていますが、アリーナ公演では、ムービングステージを使っていて、躍動感がさらに感じられました。

それはそうと、メタリックな雰囲気なのに、なんだかぬくもりを感じるのは、まっすーのしなやかなダンスのせいかな?
間違いなくリピ回数、ナンバー1の楽曲です。

■Starry...
小山ソロ曲。
4人の中でバラードを選んだのは、小山さんだけ。
この曲、大好きー。

秩父宮では、細い噴水がずらーっとならんで、切なさを演出してますね。
最後、お城の輪郭が絵を描くように浮かびあがっていくのもロマンチック。

アリーナの時は、花吹雪(?)が舞って、それはそれで美しかったな。

会場を見渡すように、大切に大切に歌う姿には、慶ちゃんのやさしさを感じます。

■バンビーナ
MAD&MADEのダンスが終わって、
「バンビーーーーナ
裸のままでぇーーー」
と突如現れた手越さん。
DVDに入っているあの歓声?悲鳴?は、本物です。
バンビーナが始まるっていう驚きは勿論、その出で立ちに絶叫!!
ピタピタの黒革で、肌の露出がすごいことになってる。
「NEWSのイメージは白」と、散々言っていたくせに、その真逆を行く衣装。
手越さんがこうだったら、他の3人はどうなるの?

そして、残り3人もステージに加わると、
NEWSファンは、今までで最高レベルの悲鳴をあげたことでしょう。
自分にこんな「キャー」が出るんだ!って驚くほど。

濡れた唇・・・男版「壇蜜」なシゲ。
なぐさめてって・・・サングラスで、久しぶりのチャラ男姿の慶ちゃん。
ふたりとも、ほとんどはだけてるー。

そして、まっすー。
ロングスカート風で古代ギリシャの戦士のよう。(イメージですけど)
3人の中では一番、肌の露出が少ないのに、白い肌のせいで、なぜかなまめかしさダントツ。

こんな攻撃的な衣装でも、悪そうに見えないのは、4人の顔立ちに品があるからなんでしょうね。

そして、ようやく衣装の衝撃から立ち直ったころ、あのセリフ!
まぁ、これに関しては、増田さんに白羽の矢を立てたスタッフさんに心からの感謝を送りたいです。

以上!

■Dancin' in the secret
畳み掛けるように、情熱的な歌が続きます。
LIVEx3の時は、6人の群舞がとても素敵でしたが、今回も、MAD&MADEを加えて、群舞を見せてくれています。

何と言っても、2番のマスパート!
まっすーのセクシーさと、ワイルドさと、そこに少し垣間見える可愛らしさ。

そしてー!
手越さんの大サビ。
いいですか!ここは、その後ろにいる増田さんにも大注目です。
マス担なら、誰に言われなくてもお気づきでしょうが、マス担以外は気が付きにくいところです。
テゴ以外の3人は、ここで、客席に背中を向けています。
そして、リズムに合わせて、肩、背中を2、3度動かすのですが、その背中が

ワイルドだろー

って感じです。
何だろう・・・これは。
フェロモンっていうのかな?
でちゃってますねー。

LIVEx3の映像を見てみると、そんな背中を向けた振付ではありません。
ただ、身を伏せるようにして、同じような肩の動きはしています。
これを背中立ちに変更した振付師さん、すごーい。

もちろん、テゴ、コヤ、シゲも、それぞれの魅力を惜しみなくだしてて、どうしても、次の曲に行く前に、もう1回観たくなります。

■紅く燃ゆる太陽
情熱系の曲が続きます。
再び、観客の頭上を華麗にフライング。
でも、今度は、黒いポールに掴まってのフライング。
こんなフライング、見たことあります??

王子達は、隣国からの攻めに勇敢に立ち向かっていく!
勝手にストーリー仕立てにして観ています。

かっこいいなー。

■SMILE MAKER
黒革衣装のまま、SMILE MAKERというのも、最初は違和感ありましたが、とにかく、メッセージ性の強いこの曲をこれだけかっこよく歌えるNEWSに感動します。

うまくいかないこと
誰かのせいにしても


もともと、曲制作時から、冒頭のラップ部分を歌いたいと思っていた増田さんは、4人で歌わりを再分配するとき、このパートを担当したいと懇願したそうです。そういう希望を出したのは、これだけだったというから、いかに、このフレーズに気持ちを込めていたかがわかります。

オリジナルの山下さんは、言葉を全面にだすことはなく、音の一部のようにクールな感じにしていますが、美恋での増田⇒加藤のラップは、言葉に魂を込めていますね。

その感じを慶ちゃんも、テゴも受け継いで、全体として、すごく締ってて、且つパンチのある曲に仕上がってます。

そして、まっすーは、さらに想いを込めて、

そんな時に
My Friend
言ってくれたっけ
大丈夫だって


の部分を珍しく、声を張り上げます。

もしかしたら、簡単には前に進めなかった日々、まっすー自身もこの曲を繰り返し聞いて、大丈夫だと自分に言い聞かせていたのかもしれません。

それにしても、小山さん、加藤さん、はだけ過ぎです。

さて、この曲、6人時代はどうだったかというと、Diamondコンでのアンコールでの披露まで遡ります。
2台のフロートにわかれて、色紙を投げながら、手を振りながら・・・。

さっきの”大丈夫だって”の歌部分では、増田さんが祐子を抱き寄せてます

それは、それで、ほんわかNEWSが感じられて、懐かしい。

でも、いろんなことを経験したNEWSは、それを歌で表現する力を身につけたんですね。

■2人/130000000の奇跡
ムービングステージには、テゴとマス。
黒革衣装で、2人が並んで立つと、なんか不思議な感じ。
今までに見たことのない強そうなテゴマスに、ドキっ。

シゲ、歌詞が飛んで、らららら・・・。
それはいいとして、「モノクロに見えんだっ」
と、言い放つところ。
わたしも、キラーイ
(特典CDで、まっすーが言ってたけど、激しく同意ww)
シゲさん、LIVEx3でも、「見えんだっ」って、同じようにしてるんですよねー。

でも、他は、素敵よ、シゲ!

■挨拶
本音を語るって、今までのNEWSでは、あまりなかったと思うのですが、秩父宮でのこの挨拶は、ファンである私たちも驚くほど、心のうちをそのまま打ち明けてくれました。
こんなに涙・涙のコンサートは、ほんとだったら、無いに越したことはないけど、これが「サヨナラ」コンサートではなく、「出発」のコンサートであったこと、本当によかったと思います。
シゲの言うように、もうラストステージは終わっていたかもしれない・・・という絶望的な状況から、よくここまで、こぎつけてくれたと思います。
私たちが想像する以上に、壁は厚かったのかもしれないですね。

■フルスイング
「NEWS」ロゴを胸に、4人が輪になり、中心を向いて、歌い始めます。
互いの心をもういちど結ぶように。
涙が溢れて歌えないコヤ・シゲ。
コヤ・シゲの声を補うように、全身で歌うテゴ・マス。

男の人の涙って、美しい。
顔をぐしゃぐしゃにしてて、イケメンが台無しなのに、それが最高にかっこいい。
涙にライトが当たって、キラキラしてる。

このコンサートDVDは、全編ドキュメンタリーと言えますね。

パート分けはあるけど、気持ちでは、4人みんなで全部歌ってる。
ファンのみんなも、一緒に歌ってる。

悔しくて悔しくてあふれ出す想いが
この夢もその夢も強くしていく


テゴ・マスの力強い歌声の向こうで、慶ちゃんが歌詞を噛みしめてる姿にぐっときます。


コンサート初日公演、しかも、初の野外公演を映像に残す。
これは、スタッフの反対を押し切って、4人が意思を通して実現させた、とどこかで聞きました。
確かに、コンサートって、公演を重ねるごとにパワーアップして、進化していくもの。
初日公演ってどんな失敗があるかわからないし。
実際、細かい部分で未熟な部分はあったのだろうけど、それをマイナスしたとしても、初日を残した意義は深いと思います。

大サビで、手越さんが声を詰まらせてしまうところ、
4人が近づいて、ひとつになるところ、
炎があがって、まっすーがガッツポーズする姿、
手越さんが、「ごめん」と手を小さく合わせて、シゲに言うところ、
それを笑顔で受け止めるシゲ、

全てに愛が溢れてますね。


ひゃー、長文失礼しました。
アンコールは、別に書きたいと思います。
(読みづらい文章で、ごめんなさい。)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する