Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

テゴマスからバレンタインの贈り物が届きました♪

テゴマスのらじおでの

「サヨナラにさよなら」

初オンエア!しかも、フルコーラス

20130210a


リアタイではなく、明け方4時に、目を覚まし、朝まで待てずに、イヤホンで聴きました。


心がざわめく音が聞こえてくるよ…
どうやらほんとに君を好きになったみたい


テゴのふんわりとした声からはじまり、マス→テゴ→マスと、ホワイトチョコとさくさくクッキーのサンドみたいな甘い歌声が続く。

純度100%、テゴマスならではのやさしい歌。


大好きな理由なんだ

そう歌うまっすーは、どんな表情をしているんだろう。


全体的に、繰返しの多いメロディーで、すぐに口ずさめる。



君と僕が
これからずっと
口にしない言葉がある
それが何かわかるだろう
サヨナラにさよなら


(JEサイトで視聴できます。コチラ

「サヨナラにさよなら」
これから僕らは、ずっと一緒だから、サヨナラっていう言葉はいらないね、という歌詞。

まっすーは、この言葉がとてもお気に入りのようで、何度も「今年の流行語になる!」と。


こんなに素敵な両想い。
まっすーと、できる人、この世界のどこかにいるんだろうな。

いいなぁ


…と、勝手に想像したら、切なくなりました。
夜明けに聴いたせいですね。


松尾さんプロデュースということですが、どの程度、松尾色になっているのかな。

インパクトが勝負のカギとなっているヒットチャートの中で戦うには、この曲は、おとなしすぎるように思います。
けど、その肩の力を抜いたリラックスした雰囲気がテゴマスの魅力のひとつ。

有名なディレクターの手にかかっても、テゴマスらしさは失なわれることなく、むしろ、テゴマスの世界観がさらに深まっている感じがします。

このあたり、松尾さんは、どうテゴマスに色を加えたのか、聞いてみたい。

(違うかもしれないけど、NEWSとは、全く別方向からの、ある意味、これがテゴマスとしての仕掛けなのかも)


まぁ、分析は、このくらいにして、ストレートにこの歌の良さを味わいたいな。
テゴマスの場合、CD音源だけではなく、TVでの歌声、ライブでの歌声と、いろいろと楽しめるし。

「サヨナラにさよなら」

これから、この曲にどんな風景が重なっていくのか、楽しみです。


そして、ただ今、入った情報によりますと、「サヨナラにさよなら」日テレ系「スッキリ!」3月テーマソングに決定!!(JEサイトより)

多くの人に耳に、テゴマスのハーモニーが届きますように。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する