Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

昨日から、ツイッターで、坂東大吾bot(非公式)をフォローしはじめたんです。
主に、ドリトルでの名セリフをつぶやいてくれるんですけど、まぁ、ネガティブww

「できません・・・」

「ムリです・・・」

しっかりしろって、思わず返したくなりますよね。

セリフ以外の言葉も、いくつか記憶しているみたい。
どういうシステムになっているのか、よくわからないけど、たまに、増田botとの会話が始まったりするんです。
それがまっすーにやられっぱなし

今朝の会話・・・

大吾bot)餃子
増田bot)パクパク
大吾bot)あっ、ボクの餃子…!ひどいです><
増田bot)30個食べたよ
大吾bot)全部じゃないですか><

会話が成立しているところが可笑しい。
まぁ、大吾に餃子というワードがあることが、あれっ?って感じだけど、そこはお遊びなので。

コード・ブルーの藍沢先生との会話もたまにあって、先生にも冷たくされて、しょんぼりしている大吾くん。
大吾くんの強い見方になってくれるbotはでてくるのかなww

(大吾と増田の会話をフォローしたい場合は、どちらのbotもフォローする必要があるかな。私のツイッターのフォローリストから、どうぞ)
 

話は変わって、TVぴあさんが、ドリトルこぼれ話を3つ、つぶやいてくれたので、追記にメモしておきます。



「カラパレ。#15」こぼれ話☆本誌が潜入したのは、イルカの診察をする緊迫した場面。小栗くんと増田くんのやり取りが多い中、リハでスタッフと芝居の打ち合わせをした時のこと。演出に納得した二人が顔を見合わせ、よし!と力強く頷く瞬間を目撃!二人の目と目で会話する感じ、素敵でした!

「カラパレ。#15」こぼれ話2☆イルカを網で捕獲→診察するシーンは長回しでの1カット撮り。収録後、増田くんも濡れたままベンチコートを羽織り急いでモニターの前へ。チェック中は、そこにいる全員が無言で見入り、OK!の声でホッと笑顔に。真剣なドラマ作りの現場に感動しました。

「カラパレ。#15」こぼれ話3☆今回は飼育員役の増田くんに、NEWSのメンバーを動物に例えてもらいました。この質問にはあまり悩まず、スラスラと回答。小山くんと加藤くんについては、コメントしながらもやたらと楽しそうでした。メンバーへのイメージが分かるお答えですよね☆

さらに、もうひとつ。
「カラパレ。#15」こぼれ話4☆診察シーンのモニターチェック後、ずーっと増田くんが語り合っていたのが、劇中で坂東くんの味方だった塩原水族館長。役を離れた時間でも、二人の姿は本当に館長と飼育員のような雰囲気でしたよ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する