Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

アルバム「NEVERLAND」発売weeeekです!
パネル展示もありますね♪

わたしは、連休明け、火曜日のお昼休みにお財布持って、CDショップに「NEVERLAND」をお迎えにいきますよ!
鍵はひとつじゃ足りないよね?

今週のおすすめNEWS
3/19(日)
チカラウタ(小山)
イッテQ (手越)
イチゲンさん”おはつ”できますか?(小山)
SORASHIGE BOOK(加藤)

3/20(月)
mina(増田)
news every.(小山)

3/21(火)
「NEVERLANDパネル展示」~27日(月)まで。
ヒルナンデス(増田)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・手越)

3/22(水)
アルバム「NEVERLAND」発売!!
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

3/23(木)
美的
news every.(小山)

3/24(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)
NEWSな2人(小山・加藤)

3/25(土)
超ハマる!爆笑キャラパレード(増田)


基本的にJ-netカレンダーより
スポンサーサイト
  • -
  • -
ザ少年倶楽部プレミアムのご褒美旅、沖縄編、面白かったなぁ。
てきとうな所も、素直にはしゃぐところも、お酒に酔いながら本音を語っちゃうところも。

NEWSとファンとの距離って曖昧で、時々、思わぬ突風で、とんでもなく遠くへ流されてしまうときがあるけど、こんな風にNEWS本人の言葉をたくさん聞けると、またぐっと近づくことができる。
ありがたい番組です。

今回は、見どころたくさんで、メモしたらキリがないので、増担目線として、増田さんの「名言集」という切り口で振り返っておきます。
(一字一句正確に書き起こすのではなく、ニュアンスで書きます)

オープニング
マス:軽井沢のとき、いい思いだけして、オチがあるのかなと思ったら、最後までなくて・・・だから、今回の沖縄もめっちゃ期待してます。

ホエールウオッチング
マス:言ってなかったけど、ほんとに、くじら見るの夢なんだよね!
シゲ:かわいいとこあんのね。

マス:(クジラが見られて)夢って気づかないだけで、いろいろなところにあるんだな。

健康長寿料理
マス:(野草スムージーを飲んで)飲みたい飲みたい、おかあさん、お代わり (名言?甘えた声にきゅん)
マス:(むかごのにんにく炒めを食べて)手越、これスキだよ、ぜったい。

迷彩柄のジャケットを着て、一眼レフを構える増田さんが素敵すぎる。

恩納村のカフェ
マス:(サンジジャーという方言に対して)もうそんな時間ですか?(答えを即、言い当てた増田さん)
マス:(マンゴーのかき氷を食べて)なに、このマンゴー。うマンゴー!

番外編
テゴ:フムフムヌクヌクアパー

マス:(Kinkiとのコラボについて)他の番組だったらその願い叶わないと思うけど、これは正直、一緒にできるとしたら歌いたくないの。マイク、そもそも持たずに踊りだけに専念して。

海辺で
マス:(テゴマスのチャラい写真に)画がなんか沖縄にちょっと合ってないね。
テゴ:御宿、大洗感がある、なんか。

読谷村での琉球ガラス体験工房
*既に飽きている手越さんがオレンジレンジを歌い出したら
テゴ:はなびらのように散りゆくなかで
テゴマス:ゆめみたいに君にであえた奇跡(増田さんの低音ボイスが素敵)

マス:(作品の形と色)俺やっぱ変えて、ゴーヤロンググラス大。なるべくゴーヤに近づけたいんで、ゴーヤって黄色っぽいですか?緑ベースで、黄色をちょっと入れる。

しまぶた屋さん
マス:(コラーゲンたっぷりの豚料理に)僕らが美しくなれる食材ということなんですね。

社長(ディレクター):手越のむちゃぶりはどう思ってる?
コヤ:いかんせんね、楽しいんだよね。しぼり出たときの快感はあるよ
社長:手越くんの使えないトークが多くてね
マス:手越、ちゃんとやれよ、みたいなところは、俺ら、越えたんです。
社長:あきらめの境地?
マス:あきらめっていう言いかたをよく言うと、もう別に信じてるんですね。

社長:まっすんがすべってボケるじゃないですか。小山くんと加藤くんが、さぁ、って言って編集点をとる。
マス:手越は、俺のボケにちゃんと返してくれる。小山だけ、シカトすんの。マジシカト結構多いよ。
マス:俺は、わざとすべりにいっているとこあるからね。それは別にトークのふり幅として言ってる部分はある。
俺がすべってる部分は使われてるわけじゃん。そのまま、すんって次のVTRいったりするから、誰も拾わずに・・・
社長:俺はあの笑い、キライじゃない。あれはいいと思う。
シゲ:スタッフのやさしさ
コヤ:もうちょっと拾ってみよう
社長:まっすんはあんま考えない方がいい
シゲ:もっとメンバー信用したらいいんじゃない。自分で完結せずに

マス:ここだから言うけど、シゲがすごく歌うまくなった。ファンの人とかよりも、俺らの方が一緒に歌っている分、わかる・・・わかるっていうか、一緒に歌っている分、感じる。
テゴ:そうね。
シゲ:それはだから少年倶楽部のおかげなんじゃないかな、と思う、自分でも。

コヤ:テゴマスの中で歌うって、超こわいよ。
マス:小山がリハでちょっと探りながらやって、ランスルーとか、カメリハとかでも探りながらやってるんだけど、本番ではめてくる感じっていうのが・・・。ふつうは、やっぱリハでできないことは、本番でできないと思ってる、俺はね。リハでできなかったら、本番マジックでできることは無い、って思うんだけど、(小山を指して)結構さ、リハで試して、それを自分でチェックして、100%修正して、100点で、はめてくる。
小山:おれ、歌前、緊張しすぎて、みんなと会話していない。

シゲ:俺、歌うの楽しくなったなー
テゴ:グループって持ちつ持たれつじゃない?やっぱ歌は引っ張りたいな、って思うし、小山さんは、トークは自分でまわして、NEWSを円滑に進めたいって思うから、出るとこ、引っ込むところあるからさ。バランスいいよね。NEWS見てるとバンドみたいって思う。

文字起こしでは、そのときの声のトーンが伝わらないので、残念ですが、思っていることを遠慮なく、またリスペクトを持って言葉にする姿はかっこいいですね。

今回はまっすーの言葉を大目に放送してくれたように思うのですが、まっすーやテゴちゃんから見た、コヤシゲの歌への努力が知れて、よかったです。
相手の成長(というとおこがましいけど)を認める関係性って、素敵です。
でも、ここで満足せずに、もっともっと、ファンの心を震わせる歌を歌ってほしいです。

トークに関しては、気になっていたことを話題にしてくれたディレクターに感謝。
小山さんのトーク術は確かに安心して観ていられるところがあるけど、トークの仕切りって、ひとつ間違えると冷たいものになっちゃう。グループの番組として、お互いに良さが出し合えるものになればいいなって思います。
別に毎回、小山さんが回さなくてもいいと思うし。

歌とトーク、他のグループとの絡みまで見られる貴重な番組なので、この先もずっと続いていかれるよう、手を抜くことなく、NEWSのエンターテイメントを見せてほしいです。
  • -
  • -