Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

最高!最高だよ!最高なんだよ!

今日、更新された「増田貴久の〇〇」
“最高の三段活用↑”で、新作アルバム「NEVERLAND」の出来映えを教えてくれましたね!

レコーディングが終わり、完成した曲を聴いて、伝えずにはいられなかったんでしょうね!
その熱い想いがストレートに伝わってきて、ほんと嬉しい。

楽しみですね!!
スポンサーサイト
  • -
  • -
めずらしく月曜日にツアーの当落が発表になりましたね。
今回からWeb確認ができると聞いていたので、NEWSメールが来て、速攻でFCサイトにログインしました。
スマホだとちょっと、次のページに行くのに、時間がかかったりもしましたが、わりとスムーズに確認できました。
今までの電話確認にかかっていた時間はなんだったの!
確認結果もスクショできるし、念のためもう一度電話する手間もなくなりました。

ただ、あの当落確認する最後の一瞬のドキドキ感は変わらないですね。

さて、当落結果。
今回は、上出来でした。もちろんハズレもありましたが、もともと、「どこかに引っかかって!」という気持ちだったので。
名義の数も限りがあったので、みんなで広く浅く・・・みたいな。
強運な友達に助けられたというのが一番の勝因ですね。
あと、神様にたくさんお願いしました。

ただ浮かれてはいられません。何が起きるかわからないですからね。
ひとつひとつ楽しめるよう、まずは体力づくりをしたいと思います!(←必死w)

今回は、東京ドームも探している人、当落から一週間経っても、まだまだたくさんいらっしゃるようです。
ドームも追加が出ると思ったのですが、そこまでは行かなかったですね。
みなさんが希望の公演の「鍵」を手にできますように。

では、今週のおすすめNEWS。
「嫌われる勇気」は第8話!
青山くん、ピンチなの!?
JEの次の新作は、NEWSの「NEVERLAND」みたいだから、原宿の看板を3月になったら、NEVERLANDに衣替えかな?

今週のおすすめNEWS
2/26(日)
イッテQ10周年DVD発売
チカラウタ(小山)
イッテQ (手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)


2/27(月)
TVガイドAlpha
news every.(小山)

2/28(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・増田)

3/1(水)
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

3/2(木)
news every.(小山)
嫌われる勇気 (加藤)

3/3(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)
NEWSな2人(小山・加藤)

3/4(土)
超ハマる!爆笑キャラパレード(増田) ※3/4放送なし
サッカー★アース(手越)


基本的にJ-netカレンダーより
  • -
  • -
NEWSの8thアルバム「NEVERLAND」の収録曲が発表になった翌日、今度は、アルバムジャケット写真が公開されました。
詳しくはこちら

初回盤は柔らかい色合いで、中世ヨーロッパを感じさせるような柄、そして真ん中に小さい鍵穴。
鍵穴の中は、青色のグラデーション。
(どうやら柄の中には、隠し文字があるみたい)

そして通常盤は、鍵穴の向こうに、NEWSくん。
黒いシルクハットを被り、品のいいジャケットに短めのタイ。
手の形から、「ようこそNEVERLANDへ」と呼びかけてくれているよう。

おぉ、何と素敵なジャケット写真。
こういうの、みんな好きじゃないか!!

オシャレで、かわいくて、少し謎めいていて。
私がNEWSに求めているもの、それにぴったり当てはまる世界観がやってきた!

まさしく、私が開けたかった「鍵」。

TVnaviでは、コヤマスのインタビューが載っていますが、その中で、鍵のアイデアを出したのは、まっすーと書いてありました。
そこから、いろいろと肉付けされていき、「NEVERLAND」の世界観がうまれたのですね、きっと。


それにしても、「EMMA」というインパクトあるシングル曲で、年初早々驚かされ、すっかりEMMAにはまり、ライブも「EMMA」をベースに作ってくるのだろうと思ったら、またガラリと趣向を変えてきたNEWS。

もちろん、EMMAも披露するに違いないけど、NEVERLANDの中のひとつの部屋のようなイメージになるのかな。
KAGUYAだって、チュムチュムだって、四銃士だって、聴きたいよ。

さて、さて、どうする?NEWS!
2/24にUPされたメン愛では、「曲順はなんとなく決まったよ」と報告してくれたけど、私が知るのは、4/1のツアー初日。
NEVERLAND、楽しみにしています。
  • -
  • -
NEWSの8thアルバム『NEVERLAND』(3/22リリース)の詳細が発表になりましたね。
ネットニュースでは、こんな風に記事なっていました。

「NEWSの新作にGReeeeNや亀田誠治ら参加、増田ソロは山下達郎カバー」

本作は初回限定盤と通常盤の2形態。GReeeeNが作詞作曲を手がけた「U R not alone」や、LISAが作詞、☆Taku Takahashiが作曲を担当した「Brightest」、亀田誠治が編曲した「流れ星」など16曲が両盤共通で収録される。

さらに通常盤にはメンバーのソロ曲が各1曲ずつ収められ、増田貴久は山下達郎「FOREVER MINE」のカバーを、加藤シゲアキは自身が作詞作曲した「あやめ」、小山慶一郎は作詞を手がけた「ニャン太」、手越祐也は「I'm coming」をそれぞれ歌唱している。


作家陣をタイプしてみたら、まず、ヒロイズムさん、Hacchin'Mayaさんの関わりの多さ!!
そして、
1."The Entrance"
5."7Elements"
9."Neverland Cast Members"
14."The Grand Finale"
16."To Be Continued・・・”
の5曲では、脚本として高橋拓さんのお名前。
恐らく、Inter曲的な位置づけかな。
今までも、アルバムの中にInter曲が含まれていることあったけれど、今回は5曲も、しかも起承転結、しっかり入っている感じなのは初めて。まるで、ミュージカルアルバムみたい。
脚本という言葉が何を意味するのか、それも楽しみですね。

骨組みをNEWSを支えてきた作家陣で固め、Inter曲でコンセプトを明確にする。
そして、さらには、GReeeeNや、m-flo、少PでコラボしたばかりのJUONさん達の楽曲提供もあり、本当に豪華。

さらに、ソロ曲では、山下達郎先生の楽曲を我らがTAKAHISA MASUDAがカバーするというビッグサプライズまで!
曲は映画「東京タワー Tokyo Tower」(黒木瞳、岡田准一主演)の主題歌だった「FOREVER MINE」という極上の切ないバラード。
一度、聴いてみましたが、ザ山下達郎節で、これを他の人が歌うというのは、ちょっとイメージつかない感じがしました。
レコーディングに達郎さんが関わってくださったのかは、まだ情報ありませんが、まっすーがこの曲を選んだ理由、聞きたいですね。そして、どのように、この曲を自分のものにしていったのか、ライブではどのように歌うのか、とてもとてもたのしみです。

一方、数年、バラードが続いた手越さんは、ロックかダンス曲の予感。
また、小山さんはにゃん太をモチーフに?自分で作詞を手掛けるという変化球。
加藤さんは、時間がないながらも自作シリーズ更新ですね。今回もこだわりが強そう!
ソロ曲は自分スタイルを貫くということで、好きなようにやっていいのですが、小山さんの…路線がやや気になります…。

これから、収録曲について、少しずつメンバーから情報が出てくると思うので、それもチェックしつつ、発売を待ちたいと思います。

◆収録曲◆
何とシングル2曲以外は、新曲!

1. "The Entrance"
   脚本:高橋拓、作曲:中西亮輔

2. NEVERLAND
   作詞:ヒロイズム、Hacchin'Maya、作曲:中西亮輔、ヒロイズム、編曲:中西亮輔、黒田賢一

3. アン・ドゥ・トロワ
   作詞・作曲・編曲:ヒロイズム

4. EMMA
   作詞:Hacchin'Maya、ヒロイズム、作曲:ヒロイズム、編曲:CHOKKAKU

5. "7 Elements"
   脚本・作曲:高橋拓、

6. Brightest
   作詞:LISA、作曲:☆Taku Takahashi(m-flo)、LISA、編曲:☆Taku Takahashi、Mitsunori Ikeda(Tachytelic Inc)

7. Silent Love
   作詞・作曲:ヒロイズム、編曲:芳賀政哉、Rap詞:Lotus Juice

8. 恋を知らない君へ
   作詞:ヒロイズム、Hacchin'Maya、作曲:ヒロイズム、編曲:ヒロイズム、中西亮輔、

9. "Neverland Cast Members"
   脚本・作曲:高橋拓

10. ミステリア
   作詞:Hacchin'Maya、作曲:TAKA3、編曲:佐々木博史

11. BLACK FIRE
   作詞・作曲:JUON、編曲:JUON、岸田勇気
  
12. ORIHIME
   作詞・作曲・編曲:ヒロイズム

13. 流れ星
   作詞・作曲:ヒロイズム、編曲:亀田誠治

14. "The Grand Finale"
    脚本:高橋拓、作曲:池田充徳

15. U R not alone
    作詞・作曲:GReeeeN、編曲:Tsubasa Takada[Diosta inc]、JIN

16. "To Be Continued...."
脚本・作曲:高橋拓、

通常盤のみ
17. I'm coming   (手越祐也)
  作詞:TAKA3、Hacchin'Maya、作曲・編曲:TAKA3

18. ニャン太   (小山慶一郎)
  作詞:小山慶一郎、作曲・編曲:ヒロイズム

19. あやめ  (加藤シゲアキ)
  作詞・作曲:加藤シゲアキ、編曲:芳賀政哉、中西亮輔

20. FOREVER MINE  (増田貴久)
  作詞・作曲・編曲:山下達郎


DVD(初回限定盤のみ)
1. 「NEVERLAND EPISODE.0」
2. 「NEVERLAND EPISODE.0」 Making
  • -
  • -
NEWSの2017年シングル第1弾「EMMA」の歌披露は、元旦のCDTVに始まり、現時点までで、合計7回。
有難いことに関東では、テレ東以外は、キー局制覇。特にTBSさんには、3回も披露の場を頂きました。
フジTVドラマ「嫌われる勇気」のオープニング曲なので、フジTVの「Love music」にも期待していたのですが、その代りというか、「ホンマでっか!?TV」に4人で出演させてもらいましたね。

1月1日 「CDTVスペシャル」TBS
2月4日 「COUNT DOWN TV」TBS
2月5日 「チカラウタ」日テレ
2月7日 「Good Time Music」TBS
2月10日 「ミュージックステーション2時間SP」テレ朝
2月11日 「ミュージックフェア」フジ
2月15日 「ザ少年倶楽部プレミアム」NHK

こうして、TV披露を全て観終わってみると、この「EMMA」という楽曲にかけるNEWSの集中力の高さに脱帽します。
おそらく(ほぼ)生歌勝負。
そして、小道具を使ってのダンス。
NEWSの振付は、”踊りながらでも聴かせる歌が歌える”程度のハードさという条件があるように思うんです。
その条件はクリアしつつも、今回のダンスはかなり凝っていて、かっこよく魅せることにも集中しないといけないように感じます。
歌うことと、踊ること。ふたつを融合させて、ひとつの世界観を表現する。
「EMMA」で、NEWSは見事に、ファンの満足度を過去最高に高めてくれました。

簡単にですが、7回の歌披露を振り返ってみます。(まっすー中心になっちゃうけど)

◆1月1日 「CDTVスペシャル」TBS
ラジオでのオンエアよりも先にTV初披露となった大晦日の夜、とても深い時間。
いろんな衝撃があり過ぎて、細かいところまで、心が追いつかなかったという思い出。
最初のアングルで、まっすーが一番手前で、迫力ある動きにときめきました。
今、見返してみると、初披露という初々しさがありますね。
まっすー、歌っていないところあるし、シゲのジャケットプレイ、ちょいミスあったり。
まだ粗削りな部分はあったけど、初披露としては申し分なし!
ラストは、袖にキスして、後ろに去っていくパターン。

◆2月4日 「COUNT DOWN TV」TBS
初披露から1か月。いよいよ、EMMAの発売を直前に控えたタイミングで、CDTVに再登場。
前回とは違って、それなりにセットがあり、照明は赤味強めに。
カメラワークは、そんなに凝った感じではないけど、引きで映す感じが多くて、見やすい。
4人のパフォーマンスは、仕上がっていて、動きに迷いがない感じ。
コヤテゴの向かいあって歌う姿もキマッてます。
大サビのまっすーは、声も表情も落ち着いていて、素敵。
ラストは、袖にキスをして、前に歩いていくバージョン。
シゲがおもむろに手を口に当てて渋い。

◆2月5日 「チカラウタ」日テレ
チカラウタのセットでの披露。
CDTVよりも豪華なセットをバックに歌えて、いい感じ。
照明もいろんなパターンで照らしてくれて更に華やか。
衣装の色の感じもわかりやすくて、目にやさしいパターン。
まっすーの声が少し弱め。大サビも、やさしい「EMMA EMMA EMMA」に聞こえます。
4人の佇まい、素敵ですね。
テゴちゃんが笑みを浮かべるの、小悪魔的(女子じゃないけど)。
大サビ前で、スタンドのEMMAをアップで映して、ドラマティックな印象。
最後の袖にキスの後は、前に歩いていくバージョン。

◆2月7日 「Good Time Music」TBS
トークもたっぷりの好待遇番組でした。
セットは、鉄骨骨組みのハードな印象。
照明は赤だったり、青だったり、全体的にコントラストが強く、ギラギラ感強め。
ピントを浅くしたり小技も使ってますね。
もうちょっと、照明を柔らかくした方が見やすいかな。
衣装の色の効果が薄くなっちゃうし。
ただ、夜の世界観は出ているので、4人の表情のエロさが倍増している感じがします。
特に慶ちゃん。
ダンスはキレがあって、美しい。
まっすーの髪色が落ち着いていて、ふんわり感もあって、素敵。
最後は、前に去っていくバージョン。


◆2月10日 「ミュージックステーション2時間SP」テレ朝
唯一の生放送。
なのに、最高の出来映え。
冒頭のフォーメーション、カメラ位置のおかげもあって、まっすーの手前さ加減が絶妙。
4人でジャケットを振り上げるところからダイナミックで、
まっすーの胸と腰を動かす振りがバネのようでドキっとし、
シゲのカメラ目線の切なげ目元がセクシー、
テゴちゃんのチュウ口に、にやけ(笑)
手足の長い慶ちゃんの美しさにうっとり。

コヤテゴの向き合ってからの背中合わせは息がぴったりでしたね。
シゲもウインクなんてしちゃったりして、体温あがっちゃいます。

カメラワークが細かい動きで、手持ちで寄っているのかな、斜めになったりするので、ちょっと酔いそうな落ち着かない感じもしました。変化球としては面白いけど。

そしてそして、史上最高の大サビ「悲しいね EMMA EMMA EMMA サヨナラまで2㎝」での、まっすーの気合。
誰に何も言わせないような強さと、その奥の悲しさみたいなのを感じます。
あまりに大人の男過ぎて、腰砕けてしまう感覚。やばしです。
さらに続くテゴちゃんの声も艶があって美しく、最強だなNEWSと改めて実感。
追い打ちをかけるように、4分割NEWSが映り、この4人の画力に釘付け。

一瞬の隙も見せない仕上がり切ったパフォーマンスに、思わず「ブラボー」と叫びたくなる衝動。
4人が誰かに寄りかかるということではなく、個として立っていて、その上で、NEWSという強い光を放っている。
興奮しすぎて、褒めまくってしまいましたが、生放送での、このクオリティーは素晴らしい。

去り際は、後ろに歩いていくバージョンだったけど、チュッという濃厚なキスの音まで残していくなんて・・・。
しかも、まっすーが音をだしていたとはね・・・。

◆2月11日 「ミュージックフェア」フジ
EMMAの前にコラボ曲もあり、贅沢な30分でした。
EMMAのセットはMFらしく、シンプル。照明で少し変化をつける感じで、全体的に落ち着いた印象。
カメラワークも、引きが多く、見やすい。
引きで4人を映してくれると、逆に4人の個の強さが引き立って見えていいと思います。
特に衣装のアレンジの違い、色の違いの効果が出る。

MFからは少し話が反れますが、衣装についての感想をここで。
EMMAのイメージカラーは、基本は「黒の中の赤」だと思うのですが、そのメインの赤をシゲが纏うことで、深みのある美しさに哀愁がプラスされ、実に華やか。
またシゲの逆サイドになることが多い慶ちゃんは青・紺をベースに黒い光沢感で赤と対立した美しさを持つ。
金髪王子テゴちゃんには、ゴールドに近い黄色のジャケットに赤いチョーカー風タイ(?)。珍しい色で、パッと目を引く派手さがあり、存在感の強さにぴったり。
どの色彩も圧倒的な強さがあって、3人の個性をそれぞれの角度から浮き上がらせていると思います。
そして、まっすーは、白。3人の配色には攻めを感じるのに、まっすー本人は、自分に白を持ってきた。しかも、ギラギラしていないパリっとした白。ここに増田さんの引き算の美しさを感じます。
ただし、引き算が結果的に掛け算になるような巧妙さもありますよね。
モノクロジャケットという前提で、布の光沢感とかいろいろ考えたそうですが、白は、モノクロだろうが白として映る完璧さ。またTVで照明がダークだとしても、白は浮き立つ。
そして、黒との相性もすごくいい。また、はだけてチラリと映るビロードのような光沢感の紅いインナーが超絶セクシー。
また今回、特にいいのが、黒革パンツのスッキリとしたライン。
さらに細い足首に(恐らくルブタンの)リッチな足元がとても魅力的。
またジャケット撮影やPVの一部では、ハットをかぶっていたりと、小物も上手に使っていますね。

・・・と話が長くなりましたが、この4人の衣装のそれぞれの存在感は、引きの映像でこそ感じられるかな、と思いました。
その点、MFのカメラワークはとてもいい。
サビでは、4分割にもしてくれて、ありがたい。

ラストは、袖にキスをして前に歩いていくパターン。

◆2月15日 「ザ少年倶楽部プレミアム」NHK
ついに、フルコーラスでのEMMA。
完全版といっていいでしょう。
セットは、PVの世界観から引用したように、皮ソファーやバイクが置かれています。
大きな薔薇のオブジェも印象的。
カメラアングルは、高いところから寄って行ったり、引いていったり、正面からズームインしたり・・・、計算しつくされた安定した構図。
NEWSもどこから抜かれるかきちんと把握していて、魅せどころで外さない。
2番があることで、フォーメーションも更に変化が出て、とても面白い。

私は、やっぱり冒頭の増田さんの動きが好きで、それがどう撮られているか気になってしまうのだけど、少Pは完璧。
まっすーのダイナミックな動きが手前にあることで、さらに強い印象になるし、その後、後ろに下がって、紅いシゲが前に出てくる所もかっこいい。

それから、まっすーって、角度の付け方がとても美しい。
斜めに構えるのでも、全身で絶妙なバランスを作っている。
特に左ひざの曲げ方、腕の下げ方。さらには、髪の流れる先まで神経を行き届かせているような俯き具合。

プレミアムは大サビで4分割してくれました。
見せ場はそれぞれの表情を見たいですからね、この手法は嬉しい。

ラストは、袖にキスして前に去っていくバージョン。

TV放送としては、タイミング的にラストを飾る形となり、それにふさわしい内容だったと思います。
いやぁ、素晴らしかった。

EMMAでは、最初のコヤテゴのところ以外は、お互いに視線を交わしたりしませんね。(この曲だけではないけれど)
それでも、息のあったパフォーマンスに感じるのは、それぞれの持ち場で最高のパフォーマンスをするという心意気があり、お互いを信頼しているからなのかな。

今度、EMMAを観るのは、ツアーになるのかな。
ステージではどんな表現を魅せてくれるのか、期待が高まります。

長文、乱文失礼しました。
  • -
  • -
記事にするの遅くなりましたが、New Album「NEVERLAND」が3月22日(水)に発売決定しました!

13日(月)に発表になったので、メン愛では「NEWSからの逆バレンタイン」って。
確かに、月曜からテンションあがりました
ま、でもね、お金払ってこそのプレゼントなんですけどね、それはまぁ、私達の愛にはいろいろな矛盾があるってことで・・・(笑)

現実的な話はさておき、PR文句が素敵。

グループ史上最強のファンタジック作品。
炎のような暑さ、水のような安らかさ、希望の光と高揚の踊り、そして不思議さと絶対的な愛。
そんなすべてが揃う夢のサウンドと、圧巻のエンターテイメントがここにある。


アルバム「NEWS」に収録の「4+FAN」で♪やっぱ僕らファンタスティック宣言しているNEWS。
その宣言通り、これまでもいろんな夢の世界を見せてくれてきましたが、新作アルバムはNEWS史上最強のファンタジック作品だと!!

春のコンサートを見据えての作品であることが明確で、みなさん、いろいろと空想しているみたいですが、私も、こんな感じかなー、あんな感じかなーと、期待に胸を膨らませています。
「EMMA」の世界観でファンの満足度を高めている状況なので、かわいいだけじゃない、ファンタジーさを作ってくるでしょうね!

初回盤には、NEVERLANDへの鍵という謎めいた特典が付いてくるので、それも楽しみのひとつですね。


◆初回盤(CD+DVD) 3,900円+税
“NEVERLAND” 限定スペシャルパッケージ
DVD「NEVERLAND EPISODE.0」
NEVERLANDへの鍵封入
ストリーミング視聴ID封入
28Pブックレット

[DVD]
1.「NEVERLAND EPISODE.0」
2.「NEVERLAND EPISODE.0」Making


◆通常盤(CD)3,000円+税
通常盤のみメンバーソロ4曲収録
20Pブックレット


☆先着購入特典☆
初回盤:ポストカードA
通常盤:ポストカードB
  • -
  • -
今日、UPされた「増田貴久の○○」にて、Mステで「EMMA」を披露した時の最後のチュッていう音、増田さんが出したことがわかりましたね!
珍しくない?まっすーがそういうネタばらしするの。
しかも1週間経ってから(笑)
思わず、そこだけ、5回くらいリピートしちゃいました。
ほとんどの人がテゴちゃんの仕業に違いないって思っていただろうに・・・。
まるでキャラにないことを次から次へと。
まっすーったら、30歳を過ぎて、さらに、底なし沼な魅力を発揮しだしましたね。
もう・・・驚かされてばっかり

さて、そのEMMA祭りもひと段落し、今度は、アルバム「NEVERLAND」に向けてのあれこれがでてきそうですね。
いや、その前に、世にも恐ろしい「コンサート当落」という儀式が待っていますが・・・。

何はともあれ、「君に幸あれ~」ですね。

では、今週のおすすめNEWS。
「嫌われる勇気」は第7話!

明日の「ニューニューニュー」も気になります!

今週のおすすめNEWS
2/19(日)
サンバリュ枠 「NEWSのNEWSにならないNEWS ニューニューニュー」
チカラウタ(小山)
イッテQ (手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)


2/20(月)
mina(増田)
news every.(小山)

2/21(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・加藤)

2/22(水)
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

2/23(木)
美的
news every.(小山)
嫌われる勇気 (加藤)

2/24(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)
NEWSな2人(小山・加藤)

2/25(土)
超ハマる!爆笑キャラパレード(増田) *2/25の放送は無し
サッカー★アース(手越)


基本的にJ-netカレンダーより
  • -
  • -
少P、リアタイできました!
トークゲストにキスマイを迎えての今回、とても楽しかったです。

NEWSもキスマイも飾らない雰囲気でお喋りしていて、楽屋トークを見ているようでした。
みんなリラックスした雰囲気でしたね。
まっすーと千賀くんのやりとりが、オチになっていたりして、笑いっぱなしでした。

藤ヶ谷くんとの同期話も聞けたので満足!(いつか同期コンビでコラボしてほしいな)

大まかですが、ちょっと内容をメモしておきます。

①まっすーと藤ヶ谷同期話(藤ヶ谷君の話は以前、聞いたことあったけど、まっすーがいるところで話してくれて嬉しかった!でも、まっすー側からのエピソードも聞きたかったな。
②手越と玉森同期話(チャン玉?)
③北山も田組だった!
④まっすー潔癖症(⇒最終的には、誰も家に入れたくない!)話by北山
⑤まっすー真面目すぎるエピ(タクシーで名古屋まで?)by千賀
④カウコンのチャンカパーナ、ラストフレーズは横尾ソロじゃなくなったのはなぜ?by手越
⑤舞祭組の新曲のガイドボーカルは、藤ヶ谷くん。横尾のコピー能力

ジャニーズジャッジ(岡田さんMCに参加)
★ジャニーズセンター試験★
①千賀は空気を≪食べる≫クセがある。by北山
小山:かぐ
増田:汚す、持ち帰る
手越:クサくする(屁をこく)
加藤:すっごい吸う

②JUMPの伊野尾は≪へくしゅんうぇい≫とくしゃみをする by千賀
小山:ジャニーさんに会うと
増田:チャンカバーナ
手越:うっしゃおらー
加藤:くちゅん

③宮田は仕事帰りに≪ジム≫に通っている by横尾
小山:バー
増田:パン教室
手越:脱毛
加藤:ジム

④ABC-Zの河合郁人は≪天才≫だ!by藤ヶ谷
小山:変態
増田:フットボールアワーの後藤さんと同一人物
手越:おねえ
加藤:へんたい

⑤藤ヶ谷の≪天然≫なところが好き by二階堂
小山:天然
増田:クールなんでしょ?ってイメージなのに実はおもしろいし、笑いが好き。ちょっと抜けてる所がある。
手越:ドS
加藤:へんたい

このあたりから、増田VS千賀のバチバチ開始(笑)

⑥千賀の≪オネエ≫化が止まらないby玉森
小山:ナルシスト
増田:しゃくれ
手越:おねえ化
加藤:女子化

⑦千賀は最近≪手越祐也≫にハマっているby宮田
小山:IKKOさん
増田:クッキングパパ
手越:ナラントンガラク
加藤:ますだおかだのおかださん

千賀「むしろ神!声のトーンもいい。年上なんですけど、かわいい」
テゴちゃん大照れ。

では、次にお歌コーナーについて、感想を少し。

PREMIUM SHOW
セットリスト
1.SNOW DANCE
2.EMMA (フルコーラス)

NEWSのカップリング曲は、リード曲に負けない良曲が多いのに、なかなか披露の機会がないのが、残念なところ。
それが今回、叶いました♪
SNOW DANCEは、4人の歌割りにこだわりがあり、Aメロは小山さん、Bメロは加藤さん、そしてサビになって、手越さんと増田さんが登場。それぞれの力量が試されるので、歌番組にはちょっとハードルが高そう・・・と思っていましたが、なんのなんの、4人とも素晴らしかった。
SNOW DANCEは、その歌詞がとても美しく、ロマンティック。
それに合わせて、セットも衣装も白ベース。やはり、NEWSは白が良く似合いますね。
また、クラシカルな白いワンピースを纏った女性ダンサーが物語にたおやかさを添えています。
テゴちゃんの輝くような高音に重なるまっすーの「SNOW DANCE」のリフレイン。
秘め事を匂わせるSNOW DANCEという言葉がまっすーの艶ある声によって、なまめかしく仕上げられていて、うっとりします。
「雪に願うよ」とまっすぐ伸びる声も素敵でした。

そして、場面は一転、ラグジュアリーな紅い世界へ。
新曲をフルコーラスで聴ける!残念ながら、他の歌番組ではなかなか叶いません。
プレミアムさん、本当にありがとうございます。
革のソファー、バイク、大きな薔薇、ビロードの紅い布・・・
EMMAの世界観を表現してくれてますね。

そしてそのセットに負けない美しさで踊るNEWS。
きっと、EMMAの歌披露は、プレミアムで一旦、おしまい。
ラストを飾るにはこれ以上ないほどのパフォーマンスだったと思います。
最高得点が出た!!と思ったMステさえも超えたような・・・。
フルコーラスを披露するって、かなりの集中力が必要だと思うのですが、目の鋭さ、指先の緊張感、途切れることはなかったように思います。演じきっている!と思いました。
CD音源よりも心に響く歌。
歌が成長していく感じが手に取るようにわかり、感動です。

EMMAの世界観、ほんとうにダンディーで素敵。

プレミアムショー、大満足。
今回が一番、リピしてるかも。


来月は沖縄の旅!
楽しみだわ。
  • -
  • -
先週の「EMMA」祭り。
どの番組も素晴らしいパフォーマンスでした。
特に、生放送のMステ!
男らしいセクシーさ、ダンスのダイナミックさ、生歌ならではの気持ちが込められた歌唱。
完璧!
惚れ惚れしました。
その勢いで、またシングルを買い足したほどです。

今週は、ザ少年倶楽部プレミアムがあります!
「EMMA」は、なんとフルコーラスでの披露とか!!
こっちは引きさがり方 知らない男が聴けますね。

そのほか詳しくは、こちらから。
▽TV初キスマイ新曲▽トニセン舞台▽ジャンプにサプライズ
Kis-My-Ft2プレミアム初登場!NEWSとの意外な関係、メンバーのマル秘素顔が明らかに!
北山宏光が語る増田貴久の信じられないエピソード、
玉森裕太が明かす千賀健永の止まらない○○化とは?
キスマイ新曲「Tonight」テレビ初披露!
トニセン舞台「戸惑いの惑星」特集、
JUMPへのサプライズ企画も!
さらにNEWSが新曲「EMMA」をテレビ初のフルコーラスで披露。こ
の番組でしか見られないアノ新曲も!

(公式情報引用)

さらに、「嫌われる勇気」は第6話!

今週のおすすめNEWS

2/12(日)
チカラウタ(小山・手越)
イッテQ 2時間SP(手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)


2/13(月)
news every.(小山)

2/14(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・加藤)

2/15(水)
news every.(小山)
ザ少年倶楽部プレミアム
テゴマスのらじお(テゴマス)

2/16(木)
news every.(小山)
嫌われる勇気 (加藤)

2/17(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
ザ少年倶楽部プレミアム再放送
MASTER HITS (増田)
NEWSな2人(小山・加藤)

2/18(土)
超ハマる!爆笑キャラパレード(増田)
サッカー★アース(手越)*リニューアルみたい

2/19(日)
サンバリュ枠 「ニューニューニュー」

基本的にJ-netカレンダーより
  • -
  • -
いよいよ、NEWSの新曲「EMMA」が今週発売です!
カップリングには、「さくらガール」「I・ZA・NA・I・ZU・KI」のRepresent NEWS Mixも収録(初回B)されるので、大注目です。
MASTERHITSで全世界初披露された「Snow Dance」も楽しみですね。

そして、今週は、「EMMA」披露の歌番組がたくさん!!
いまからしっかり録画予告を!

さらに、イッテQ番宣なのかな?テゴちゃんのバラエティ出演もたくさん!!
こんなに華やかな一週間、24時間TVの頃みたい。

「嫌われる勇気」は第5話!
ヨシノリ先生のDVDも発売!

今週は、祭りですね
で、この祭りが終わるか終わらないかのうちにきっと、次のお知らせもあるはず

今週のおすすめNEWS

2/5(日)
チカラウタ(小山・手越)
イッテQ 2時間SP(手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)

2/6(月)
news every.(小山)
人生が変わる1分間の深イイ話(手越)

2/7(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・手越)
Good Time Music

2/8(水)
ニューシングル「EMMA」発売
「盲目のヨシノリ先生」DVD・Blu-ray発売
news every.(小山)
「モシモノふたり」(加藤)
テゴマスのらじお(テゴマス)

2/9(木)
news every.(小山)
ぐるぐるナインティナイン(手越)
嫌われる勇気 (加藤)

2/10(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
ミュージックステーション2時間SP*ミニステも要チェック
MASTER HITS (増田)
NEWSな2人(小山・加藤)

2/11(土)
青空レストラン(手越)
MUSIC FAIR
超ハマる!爆笑キャラパレード(増田)

基本的にJ-netカレンダーより
  • -
  • -
1月23日に、J-Web連載「増田貴久の○○」が1周年を迎えましたね。
まっすー、タイミングが少し遅くなりましたが、1周年おめでとうございます。
そして、本当にありがとうございます
更新されたものは、(多分)全て、スクショして保存していますが、1周年を記念して、バックナンバーが公開されたので、改めて、全て読み返してみました。

最近は、ぐっと男らしい表情も見せるのに、○○を書いているのは、いい意味で変わらないまっすー。
そして、いつも感謝の気持ちを言葉にしてくれる。
コンサートが終わったあとに。
入所記念日に。
デビュー記念日に。
ちゃんと大事なこと言ってくれる。
それがどれだけ、嬉しいか

たまに、もっと知りたいことあるんだけど・・・、とか、
もっと詳しく教えてほしいのに・・・って思うこともあるけれど、
そこは、増田さん。ファンの気持ちを知ってか知らずか、さらりとかわす。
そんな謎めいたところも、変わらず、そこさえ愛しい(笑)

連載スタートのとき、
「NEWSのページがより楽しくなるように、のんびりやっていきますのでよろしくお願いします!」
と書いてくれてて、

1周年記念日の日に更新してくれたときには、
「読んでくれた時少しでもハッピーになれる楽しいページにできるように・・・
ゆるく頑張りたいと思ってます」って。

ブレないところが増田さんですね!
これからも、NEWSのファンのために、また、NEWSファンを超えたJ-Web会員のためにも、
キュンとするひと時を届けてほしいな。

1周年を記念して、今までのタイトルをメモ。
多少の間違え、抜け洩れはお許しを。

スクショはしてるけど、こまめにWORDにタイピングしておけばよかったな、と思う今日この頃。
2年目は、してみるか!?

J-Web「増田貴久の○○」更新実績
★印は、リクエストに応えてのテーマ(他にもあるかも)

2016年
1/23「増田貴久の○○」連載スタート(ジャニーズのオーディションを受けたときの整理番号が123だったから1/23にスタート)
1/31「増田貴久のありがとう」(○○のアイデア募集へのありがとう)
★2/2「増田貴久のダンスとの出会い」(「it's BAD」の経験)
2/9「増田貴久のなう」(ツアー衣装のことをやってるなう)
2/12「増田貴久の失敗」(人にあげる服を洗濯したのはいいが、乾かないままあげた話)
2/19「増田貴久のほくろ」(増えたかも)
2/21「増田貴久のsayonara」(ほくろじゃなくて、カサブタ)
2/28「増田貴久のプライベート」(ジャニーズ飲み会)
3/8 「増田貴久のオススメ」(「QUARTETTO」発売を前に)
★3/16 「増田貴久の歌」(ジャニーさんの話。僕らの歌は、お役に立てていますか♪?)
3/18 増田貴久のおやすみ(衣装づくりで深夜まで・・・。衣装さんに感謝。)
★3/19 増田貴久の歌part2(ストイックにしていたまっすーに、かけてくれたスタッフさんの言葉について)
3/20 増田貴久の靴(ライブで履く靴)
3/22 増田貴久の名前(フェルタム増田様))
3/30 増田貴久の札幌(札幌公演の感謝。2日とも夜はお寿司)
3/31 増田貴久の小言(泡立たないボディーソープ)
4/3 「増田貴久の○○」 (大阪公演を終えて)
4/6「増田貴久のそんな時期か!」(新生活へのお祝いとエール)
4/8「増田貴久の触れたい」(ニッセンCMについて)
4/12「増田貴久の静岡」(掛川城に行った話)
4/21「増田貴久の熊本と大阪」(熊本への想い、KAT-TUNコンのために大阪来たっ!話)
4/29「増田貴久のやっと」(静岡コンのあと、風邪をひいた話)
5/1「増田貴久の福岡」(福岡で向かう飛行機の中で撮った写真)
5/6「増田貴久のテゴマス」(月の友達)
5/10「増田貴久の名古屋」(夜ジュニアとご飯。ドーム公演もこの16人で行きます!)
5/11「増田貴久の時間」(代々木駅の思い出)
5/16「増田貴久の仙台」(ライブ終わり、夜ごはんのあと、シゲとスタッフさんといろいろ話した)
5/21「増田貴久の移動中に」(タクシーの運転手さん「幽霊トンネルですねー」)
★5/25「増田貴久の夢」(「続けていくこと」歌とダンスと服が好き)
6/4「増田貴久の広島」(広島への感謝。1日目の夜は美味しいご飯。)
6/7「増田貴久の洗濯」(スニーカーを洗濯機で洗ってみたお話)
6/16「増田貴久の東京」(東京ドームへの想い、そして写メ)
6/20「増田貴久のライブ衣装」(セットの緞帳とオープニング衣装のつながりについての種明かし)
6/25「増田貴久の好きなのに」(靴下に刺繍を入れたかったのに、時間がなくてあきらめた話)
7/8「増田貴久の誕生日」(産んでくれてありがとう。俺の人生はとても幸せです)
7/12「増田貴久の初体験」(ひとりでバスに乗りました)
7/26「増田貴久のハットした」(ツバの大きいハットをかぶって散歩したお話)
7/27「増田貴久のWEST」(小瀧くんがBDプレゼントくれたお話)
8/1「増田貴久の夏の...」(トレーニングしてリフレッシュ)
8/3「増田貴久のcoming soon」(よさこいの練習、仮眠gooするーん)
8/5「増田貴久のヒトリゴト」(暑い。)
★8/10「増田貴久の髪」(リクエストへのお返事。髪触られると怒る!というキャッチフレーズは、すげー嫌)
8/17「増田貴久のmina」(モノクロームってテーマで撮ってもらった。いつかまとめた本をだしたいな)
★8/19「増田貴久のぐー」(リクエストへのお返事。睡眠について。2時か3時とかに寝て、10時に起きるくらいが平均)
9/1「増田貴久の24時間」(今のNEWSに期待してくれて任せてくれた事に本当に感謝です)
9/2 増田貴久のMステ(頑張ります!)
9/10 増田貴久の失敗(アーミーパンツの紐を短く切りすぎた)
9/18 増田貴久の花束は(オシャレ花瓶。二日後、水が全部なくなってる!)
9/22 増田貴久のカブリ(マリリン・モンローの古着Tシャツ着てたら、シゲもマリリンのカットソー着てた)
9/29 増田貴久の嗅覚(ルームフレグランス的なのを2つ買ったお話)
10/3 増田貴久のマス(ドリカムライブへ。テゴマスバンドの武藤さんもご出演。テゴマス 今年10周年 頑張ります!)
10/8 増田貴久のキャラパレ(10月からレギュラー!)
10/10 増田貴久の衣裳(ジャンプの横アリ公演。ジャンプメンバーひとりひとりへメッセージ)
10/30 増田貴久の歯ブラシ(いろんな歯ブラシを使ってます)
11/7 増田貴久のレシート入れ(Lucite boxをレシートboxくださいって言っちゃった話)
11/8 増田貴久の11月8日(入所記念18周年 記念日に○○を更新しなきゃ!と思い書きました)
11/10 増田貴久の友達(欲しかったレディースジャケットの日本1点限りのメンズサイズを友達に買われてしまった)
11/23 増田貴久の写真(趣味はカメラ・・・っていつか言いたい。グッズにも使いたい)
11/28 増田貴久の感謝感激雨...(嵐コン行った報告。そのあと、中丸くん、シゲ、伊野尾、圭人、知念と食事)
11/29 増田貴久のゼウス(ストロングハグ、筋肉限界だった話。PKのあとニッチローさんに褒められた話)
12/3 増田貴久の小ボケ(3日寝かせたお魚に、よくお魚起きましたね!・・・という小ボケですべった話)
12/5 増田貴久のMASTER HITS(10月に600回を迎えました。YOUの心が安らぐ楽しいラジオに。)
★12/12 増田貴久のライバル(NEWSとして、増田貴久としてのライバルはKAT-TUNかな!負けてないと思えるものがなかったらみんなの前には立てないと思うし。
12/20 増田貴久の牛乳(学校の給食で牛乳をもらってた女の子に、貴久少年はちゃんとお返ししてたのだろうか?)
12/31 増田貴久のご挨拶(今年ももっとやりたい事はありましたが、ゆっくりでも一歩ずつ叶えて行きたいと思います)

2017年
1/4 増田貴久のあけおめ(あなたにたくさんの愛とハッピーが届きますように!)
1/9 増田貴久の成人の日(素敵な20代になりますように、全力応援します)
1/19 増田貴久のアイランド(ジャニーさんに「YOUは出てくれないの?」シークレットゲストだったから内緒にしててごめんね)
1/23 増田貴久の○○が1周年だってよ(youのハッピーの為にやってるだけだし)
1/24 増田貴久のmina(2月の表紙に手越?)
1/27 増田貴久のスポンジの優しさ(家具の裏に貼るシールを雑貨屋さんでもらった話)
2/4 「増田貴久の同窓会」(中学校のときの同窓会。みんなが自慢できる友達でいれるように頑張ります)
  • -
  • -