Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

今年のシルバーウィークは、土~水曜日までの5連休。
その最終日、12時からスタートした「ミュージックステーション ウルトラFES」を結構、ガッツリ、見ました。

データ放送で、視聴時間に合わせてポイントが加算されていくので、ずっとつけっ放しにしていたら、18時過ぎ位には、33000ポイントを超え、年末のMステスペシャル観覧応募に申し込みしました。
まぁ、当たるわけないですけど、宝くじを買うような気持ちで。

さて、この番組、どのアーティストも新曲は封印し、過去のヒット曲を披露していました(多分)。
番組の趣旨がはっきりしていて、気持ちいいくらい。
しかも、ほとんどのアーティストは、1曲のみ。
嵐やSMAP、AKB、エグザイル、レベッカ・・・当たりが、複数歌ったくらい。

そんな中、マッチ・嵐・SMAP以外のジャニーズは、若手・中堅・大御所と3つの時間帯に分かれていて、だいたい時間も予想できたので、見やすかったのではないかと思います。

で、NEWSは、中堅パートで登場。
every.の生放送から駆け付けた小山さんを待っていたかのようにスタートしたジャニーズタイム。
ステージには、タキ翼、NEWS、エイト、KAT-TUN。
NEWSの衣装は、ピンクのふわふわジャケットに、黒のタイトめなパンツ。
Whiteコンサートの衣装は、いろいろ組み合わせ可能なんですね。
さすが、増田さんのデザインだけのことはあります!

そして、「チャンカパーナ」。
まず選曲、これで正解ですね。もちろん、ファンからすれば、他に聴きたい曲もたくさんあるし、新曲披露も待ち遠しいところですが、番組の趣旨からいったら、誰もが知っているであろう曲にしなくてはいけない。
下手すると、「恋のABO」や「weeeek」になりがちですが、これらの曲は、会場で一緒に盛り上がるには最高な楽曲ですが、テレビで見ても・・・。
その点、ソロパートもしっかりあり、尚且つ、キメ台詞もある「チャンカパーナ」は、ジャニヲタへのNEWSアピールとしてもインパクトあるし、NEWS担にとっても、一定の満足度は期待できる曲。
NEWS本人たちも、リラックスしながら、カッコよさを表現できる曲なんじゃないかなぁ。

さてさて、増田さん。
表面の髪を明るく色を染め、少し伸びた前髪やサイドをハネらせて、とっても素敵。
ピンクのふわふわが顔いろも染めていて柔らかさがでています。
黒のインナーと細めのパンツが全体を引き締めていて、とってもいいバランスです。
テゴちゃん、慶ちゃん、シゲもつやつやお肌が美しい。

お歌も振りもしっかりしていて、まっすーの「おめでとう、ミュージックステイション」もバッチリ決まり(笑)、満足な仕上がりでした。

寂しいのは、これから先のスケジュールが見えないことだけ。
10月も何かご褒美があるといいな。
スポンサーサイト
  • -
  • -
昨日、来週からスタートするアニメ「金田一少年の事件簿R」の予告映像が流れ、オープニングテーマの「四銃士」がバックで流れましたね。
録画しておいたので、見てみましたが、ナレーションの声をかきわけて、NEWSの声を聴き取るのはちょっと難しいw
それでも、何回かリピートしてみました。
シゲの言う”ものすごい壮大なスケール”というのが何となくわかったような・・・。

その一方で、音楽に詳しい人からは、何やら”ラフマニノフ”というキーワードが呟かれました。
ラフマニノフ作曲の「パガニーニの主題による狂詩曲  変奏曲第十八番」がモチーフになっているのではないかと。
私も早速、聴いてみると・・・確かに!
秘密をすぐに説いてしまうジャニヲタの見識には驚いてしまいますが、これから、いろいろと明らかになっていくと思うので楽しみです。

では、今週のおすすめNEWS。
コヤシゲの勢いが止まりません

舞台「グレート・ネイチャー」(小山) 9/29(火)まで東京グローブ座上演中

9/27(日)
キャラオケ18番(小山)
SORASHIGE BOOK(加藤)

9/28(月)
news every.(小山)

9/29(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・加藤)

9/30(水)
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

10/1(木)
news every.(小山)
NEWSな2人(小山・加藤)

10/2(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MY BEST SHOW(小山)
MASTER HITS (増田)

10/3(土)
アニメ「金田一少年の事件簿R」オープニングテーマ「四銃士」(よんじゅうし)
らじらーサタデー(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
  • -
  • -
シルバーウィーク満喫中です。
昨日は、小山舞台帰りの友達と急遽、合流して、再び、ラテアートカフェに行ってきました。
前回は、夜カフェだったのですが、今回は、昼下がりのカフェ。
会報の雰囲気と近い感じで楽しめました。
たわいもない話をしながら、こうしてのんびりできる幸せ。
いろいろある日々だからこそ、余計、NEWSを通して癒されるひとときに感謝。

さて、FCメールや、Masterhitsでも、お知らせがあったように、
アニメ「金田一少年の事件簿R」のオープニングテーマにNEWSの新曲「四銃士」(よんじゅうし)が決まりましたね。
主題歌として毎週、TVで流れるのは、貴重な機会。
シゲのNEWS RINGによると、「すごい壮大なスケール」、「今までとは全く違う方向に行く僕らを楽しみにしててください」とか。
さらには、「まだまだ秘密もあります」って。
なんだろう、なんだろう。
楽しみにしてますよ!

では、今週のおすすめNEWS。
舞台「グレート・ネイチャー」(小山)上演中

9/20(日)
キャラオケ18番(小山)
イッテQ
SORASHIGE BOOK(加藤)

9/21(月)
news every.(小山)

9/22(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・手越)

9/23(水)
news every.(小山)
Mステウルトラフェス
テゴマスのらじお(テゴマス)


9/24(木)
news every.(小山)

9/25(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)
タイプライターズ(加藤)

9/26(土)
らじらーサタデー(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
  • -
  • -
東京グローブ座で、9/12から9/29まで上演中の小山慶一郎主演舞台「グレート・ネイチャー」を9/18(金)に観てきました。

感想を述べるのがなかなか難しいところですが、
即興性の高い、お笑いライブのような要素を持った作品でした。
脇を固める久ヶ沢さんと中山さんのユルいけれど、揺るがない土台の上で、小山さんが振り回されながらも、どんどん個性を出していく・・・というような図式。

あまり情報をインプットせずに、劇場に行ったのですが、唯一、目にしていたWSの映像に、「もしかしたら、わたしが苦手とするタイプのコメディーかも」と感じていました。
でも、その時点でハードルをかなり下げたのが却ってよかったのか、思ったより、大丈夫でした。
ちゃんと笑えました。

・・・という言いかたは少し失礼かと思いますが、なんとも微妙な匂いがする作品ではありました。
小山さんも終演後、「独特な世界観ですが」と言っていましたし。
(そう言ってしまう小山さんの生真面目さ・・・は、らしいけど、どうなんだろう?)

玄人好みというのかな。
演出の松村さんの作風を全く知らないので何とも言えませんが。
ただ、小山慶一郎を主演にするのだから、観客は彼のファンがメインになることは決まりきったことなので、もう少し、観客に寄せた作品にしてもいいのにな、と思いました。

と思う一方、小山さんの良さを引きだした作品でもあるな、と感じています。
毎日、生放送の報道番組にでているという経験や、NEWSの中でもMC的な役割で、常に、相手の出方に合わせた対応力を磨いている部分が発揮されていると。
小山さんだからできる作品だと思いました。

篠崎という役名はあるものの、それを演じているというよりは、小山さんそのものが立っているような印象を受けました。
もちろん、部分的には篠崎になっているのですが。

1回しか観ていないので、どこがアドリブで、どこが固定しているのか、などは見分けられませんでしたが、日々、転じて、色を変えて、進化していくのだろうな、と思います。

私が観た回では、黒板に書いてあったキャラクターから、「ハッピーターン」というワードが小山さんの口からでてきて、さらに、「ハッピーターンのCMをやってるのは」なんていうことまで言い出して、会場は沸きました。
きっと、NEWS担以外の人には、何がそんなに?って思う流れだったと思うのですが。
自分たちの知っていること、共通な話題があると、ほっとするような、嬉しいようなところありますよね。

それはそうと、小山さんのスタイルの良さ。
ニュースキャスターにしておくのは勿体ない。
アイドル、もっとやってください(笑)

作品の意図することとか、必ずしも受け取って帰らなくてもいいよね?
わたしは、そういうことにして、グローブ座を後にしました。
  • -
  • -
9月15日、NEWS結成12周年、おめでとうございます。

前夜祭を祝うように届いたNEWSのFC会報、嬉しかったです。

今年は、特にお祝いする会も企画していなかったのですが、会報によって、気持ちが急に盛り上がり、お友達をお誘いして、急遽、ミニパーティーをしてきました。

それも、会報のロケ地となっていたカフェで♪

あまりに急なお誘いで、集まれたのは3人だけだったけど、次回、ここでNEWS会をひらけたらいいなぁと、思っています。


NEWSがロケに来たのは、真夏の暑い盛りの頃。
ロケは昼間だったから、お店の雰囲気はちょっと違うかな。
今度は、昼間に行ってみたいな。
Continue reading
  • -
  • -
ハッピーターンの新CM、あっという間に放映期間が終わってしまった模様です。
わたしは、早々、月曜から夜更かしで、録画できていたのですが、もう一回ぐらい録画しておこうと思って、いくつか張ったのですが、失敗に終わりました。

そんななか、亀田製菓さんのサイトで、メイキング動画が公開になりました。
こちらも、かわいいので、ぜひご覧になるといいですよ。
…保存できないのが悲しい。

応募用紙は、駅前スーパーで、無事にGETできたので、あとは、現物を買うのみです。

駅前スーパーは?
えっと、せっかくなら、陳列に力を入れてくれているスーパー、もしくは、お買い得なお店で買いたいな、と思って。

メイキングを見てわかったのですが、ハッピーターンの振り付けも、エアーマンさんのところなんですね!
  • -
  • -
MステウルトラFESの番協募集メールが来ましたね。
そのメールから察するに、NEWSの登場は、番組後半。
少なくとも16時以降。
どの歌を披露するのか、楽しみですね。

では、今週のおすすめNEWS。
舞台「グレート・ネイチャー」(小山)上演中
キャスターと役者業の両立、楽しんでくださいね。


9/13(日)
イッテQ
SORASHIGE BOOK(加藤)

9/14(月)
news every.(小山)

9/15(火)
NEWS結成記念日
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・手越)

9/16(水)
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)


9/17(木)
news every.(小山)

9/18(金)
mina(増田)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)

9/19(土)

らじらーサタデー(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
  • -
  • -
慶ちゃん出演舞台「グレート・ネイチャー」、初日おめでとうございます。

そんな日に、舞台チケットを予め、一緒に入るお友達にお渡しするため、恵比寿で待ち合わせしました。

今回、待ち合わせを恵比寿にしたのは、やりたいことリストに挙げながらも、なかなか叶えられなかったことを実現するためでした。
私達は、駅から、そう遠くない、とある喫_茶_店を目指しました。

が、目的のお店はシャッターが下りていました。
「あ・・・、だめか」

前日、電話で営業時間を問い合わせしたとき、「夕方なら、開けているかも…」という何とも頼りない返事だったので、予想はしてました。

なので、まずは、第2候補にしていた近くのカフェへ。
しばらく、諸々の話題に花を咲かせたあと、試しに、もう一度、喫_茶_店に電話をかけると、「いま、やってまーす」と明るい声。
「よし、移動!」

そして、もう一度、最初に訪ねたお店へ。

20150912a


喫_茶_店…そう、そこは、まさに昭和的な雰囲気を今に残すザ・喫_茶_店。
この写真でお分かり頂けるかな。
そう、喜さんの面影を訪ねに行ったのです。
一年越しの夢が叶いました。

ここは、いろいろな撮影で使われているお店のようです。
ほんとに古びたお店なのかも…と、すこし不安だったのですが、そんなことはなく、気さくな店員さんが、私達の目的を瞬時に察してくださり、「ご自由に写真を撮ってください」と。

なんでだろう。
なんで、バレるんだろう。
自分で思っているより、相当、ヲタフェロモン出しちゃっているのかしら。
店内に、入って、キョロキョロ、「どこの席かな?」っていう表情をしたせい?

幸い、お店には、他に一組のお客がいただけでしたし、その一組も、ほどなく去っていったので、しばらく、貸切状態に。
こういう「運」、すごーくある自分たちが時折、恐ろしくなります(笑)

さて、注文したのは、ホットコーヒー。
パンフと同じ形のカップにしてくださいました。しばし、喜さんたちの時代へタイムスリップ。

お店の奥の方には、3人ショットが撮られたコーナー席があったのですが、そちらでも、写真だけ撮らせていただきました。

店名は、色を付けたワードで検索すると、ヒットすると思います。

また、会いたいなぁ。喜さんに。
  • -
  • -
の日が多いですね。

さてさて、ハッピーターンの新CMが今日からオンエア開始ですね。
残念ながら、まだTVCMには遭遇できていませんが、亀田さんのサイトで、CM動画を観ました!

パウダーライブ篇A
ハッピー
もっとついて(濃い)
パウダー
もっとついて(濃い)
パウダーアップで
おいしさUP
もっと
ついてるおいしさ
NEW!ハッピーターン
亀田のあられおせんべー
当たります!


以前のCMは、”亀田のあられおせんべー"ぐらいしか歌ってなかったと思うんですけど、今回は、ライブ篇というだけあって、お歌メイン。さらに振付までついてる!
なんとかわいい演出なんでしょう。
ようやく、テゴマスの歌唱力やキラキラ感に気が付いちゃった感じ?
もしかして、NEWSのコンサートに、広報部の方でも、いらっしゃったのかな。増田さん、宣伝熱心でしたしね。(それともドームの時には、すでにCM撮影終わってたかな)

あ、でも、テゴマスは、一応、踊らず歌一本がベースのユニットなんですけどね。
(多々、例外あり)

いやぁ、何度見ても、かわいいわ。
最後の最後も、まっすー投げchuしててキュン。
てごちゃんは、何してるんだろう。パウダーいっぱいで、くしゃみをしてる感じかなぁ。かわいい。

やぁ、これは、箱買いして売上に貢献しなくちゃいけませんね。


では、今週のおすすめNEWS。
小山さんの舞台が開幕ですね。
わたしが観に行くのは、もう少し先です。


9/6(日)
イッテQ
SORASHIGE BOOK(加藤)

9/7(月)
Ane Can(増田)
news every.(小山)

9/8(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・増田)

9/9(水)
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)


9/10(木)
news every.(小山)

9/11(金)
白熱ライブ ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)

9/12(土)
舞台「グレート・ネイチャー」初日(小山)
らじらーサタデー(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
  • -
  • -
水曜歌謡祭が昨日で最終回となってしまいました。
10月から金曜深夜で新番組としてスタートするとはいうものの、そのコンセプトの発表がなかったので、水曜歌謡祭と同様に増田さんに出演の機会があるのか、全く分からない。
恐らく、この1ヶ月で企画を練り上げていくのだと思うので、どっちに転んでも(水曜歌謡祭の流れを汲むのかどうか)おかしくない状況なのかな。

ただ、司会者は同じで、FNS歌謡祭とも連動させているから、FNS歌謡祭に向けて、コラボの数々を生み出していくというのは、変わらないんじゃないかなぁ、と予想してます。
生放送ではないかもしれないけど、演奏者がいて、コーラスがいて、ゴージャスな雰囲気で、っていう基本イメージは受け継ぐのではないかと。

そこに、増田さんの存在があるかどうか…。
もうこれは、増田さんのお人柄と、事務所の力と、そしてそして、ファンの声で、なんとかなんとか、出演権をゲットしたい!

番組の公式サイトに、最終回を惜しむ声がたくさん寄せられています。その多くのメッセージに、“まっすー”の文字がありますね。
わたしも、番組終了後、送りましたが、掲載されてませんでした。これから載るかもしれないけど、前にも採用されなかったことがあるので、全部は掲載されないのだと思います。(決して、偏ったメッセージにはしてませんよ。)

新番組へは、なんの影響力も及ぼさないかもしれないけど、声は届けたいなって思います。


それにしても、番組が続くのは、ほんとうに難しいことと、痛感させられますね、わたしたち。
始まりがあれば終わりはくる。
終わりあれば、はじまりも…というけれど、終わりばかりが、こころに残っていく。


最終回は、田島貴男さんとの貴×貴コンビで、名曲「ルビーの指環」を披露してくれました。
白いシャツに黒いネクタイを締めて、ドレッシーな雰囲気もありつつ、スーツは全体にダボッとしてて、派手目なロゴ(?)が背中に大きく、刺繍なのか、プリントなのかされていて。
毎回、いろんなスタイルを見れたのもよかったなー。

田島さんというアクの強さを個性にしている方とコラボするって難しいと思うんです。
負けないように戦うように声を張る人もいたと思うけど、それが正解とは限らない。
まっすーは、田島さんの声を引き立てるように、自分の声を最大限に活かして、曲の世界観に奥行きを与えているように思いました。
ともすると、田島さんの声質は単調に私には聴こえてしまうのですが、そこにまっすーの声が重なることで、色がつく。
感じ方は、それぞれで、田島さんのファンには反論されてしまいそうですが、そんなふうに感じました。
コラボとして大成功かどうかは分からないけど、聴き込むほどに、お二人の歌声が胸に響きます。

「千の風になって」は、ワンフレーズだけでしたが、最後に歌う卒業ソングに聴こえました。

思えば、この半年で、まっすーの歌い手としての幅がとても広がったと思います。
テゴマスとしての出演じゃなかったのが残念でしたが、これも、テゴマスが次に進むためのステップになればいいな。

水曜歌謡祭については、改めて、じっくり、書き残したいな。


まっすー、お疲れさまでした。
一回一回が勝負と言っていましたが、その勝負をやり終えた今の心境はいかがですか?

その勝負、ひとつひとつ、TVの前で見つめていました。
感動をありがとう。

そして、次につながるように、応援しています!
  • -
  • -