Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

水曜歌謡祭の影響もあってか、過去のテゴマスの「ミュージックフェア」映像だったり、NEWSのアンプラグドだったり、ひっぱりだして、観ています。
やっぱ、テゴマスって素敵
そろそろ、新しいお歌が聴きたいです。

・・・と思う一方で、コンサートツアーが終って、今年のNEWSの活動もひとくぎり・・・なんていうのもヤダ

あまり贅沢なことは申しませんが、NEWSもテゴマスも、増田貴久もちょこちょこ楽しめたらいいな。

では、今週のおすすめNEWS。
いよいよ、Whiteツアーが大阪入り!
わたしも、久しぶりに大阪行きの切符を手にできたので、この貴重な機会を楽しみたいと思います。

4/27(月)
news every.(小山)

4/28(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・増田)

4/29(水)祝日
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)
*水曜歌謡祭はお休みです。

4/30(木)
news every.(小山)

5/1(金)
NEWSコンサート「White」 大阪公演
ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)

5/2(土)
NEWSコンサート「White」 大阪公演
らじらーサタデー(加藤)

5/3(日)
キャラオケ18番(小山)*放送なしでした。
イッテQ(手越)*放送なしでした。
SORASHIGE BOOK(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
スポンサーサイト
  • -
  • -
水曜歌謡祭2回目はリアタイできませんでした。
帰りの電車の中で、更新されたばかりの番組公式ページにアクセス。
そして、おそるおそるスクロールして、次回の出演者をチェック。

増田貴久(NEWS)

いたー!
やったー!
ヨッシャー!


…と、なによりもまず、次回の出演者にまっすーの名前があったことで、ほっと胸をなでおろしました。

そして、ネタバレすべきか迷ったけれど、本日のセトリを確認。
すると、なんと今回も増田さんの出番が多い!
しかも、

恋のフーガ
渋谷で5時
Times gose by

という演目。
「渋谷で5時」に、「Times gose by」ですって!
これは、期待できそう!

と、わくわくしながら、お家に急ぎました。


前置きが長くなりましたが、帰宅した時間が遅く、明日も早起き…のため、まずは、まっすーご出演のところだけ、ピックアップして、観ました。

今夜は、一曲目からの登場。
「恋のフーガ」は、髪をかきあげる仕草ばかりのFlowerの踊りがややしつこく感じたけど、まぁ、まっすーは、かわいい感じで軽く歌い上げててよかったです。
萩花ちゃんの綺麗さはワタシ好みなので、まっすーとの絡みをもっと観てみたい気もします。

「渋谷で5時」
この曲って、デュエットというより、鈴木さんが歌ってるところに、桃子ちゃんの声が微かに聴こえるっていうイメージ(笑)えっ?どこ歌ってる?っていう…。

どちらかというと、聖子ちゃんとのデュエットした時の方が印象深いかも。他に、まゆゆとも歌ったことあるみたいですね。

で、桃子ちゃん×まっすーのコラボ。
まっすーの歌声、歳上お姉さまをさりげなく、上品にエスコートしているような感じがしました。
桃子ちゃん、セリフ部分を少し照れながらで可愛かったけど、それに対するまっすーの“怒ってない、ぜんぜん”という首振りの可愛さったら、なんなんでしょう。

菊地桃子になりたい。

その晩、日本中に“菊地桃子”が増殖したにちがいありません。

“怒ってる?”っていううちわの製作に取りかかった人もいることでしょう(笑)


なんだろう…。
あの笑顔を見ているだけで、幸せ…。
まっすーに堕ちたあの日の感動に似たトキメキで満たされました。


さてさて、三曲目は、名曲「Times gose by」
槇原敬之さん、さかいゆうさんとのコラボ。
おふたりとも、その特徴的な声で何を歌っても、自分色に染めてしまう魔術師。
声を楽器のように操る。
この曲も、感情移入するというより、少し距離を置くことで、歌の世界観を深めている印象。

一方、まっすーは、(あまり、客観的に判断できないけど)、感情を声に映して、スクリーンに物語を投影するように歌うタイプのような気がしました。

こういうのがコラボの面白さなのかも。
アプローチは違うけれど、ケンカはしていない声の交ざり方。
二人の天才的なボーカリストとの共演は、まっすーの表現力を更に磨きをかけてくれますね。

次回は5月6日 よる7時からの2時間スペシャル!

生放送は、やっぱり、リアルタイムで観るのが楽しいので、家族のみなさん、邪魔をしないでねー。
  • -
  • -
先週は、TVチェックが忙しい1週間でした。
シゲのビビットは、早くも3週目。
ロケ自体は、2回目だったけど、NEWSの曲や、ソロ曲まで、バックに流してくれたり、シゲを盛り上げてくれる編集で、楽しめました。
「奥さん、白熱してますか
シゲがこんなこと言っちゃうなんてね。

では、今週のおすすめNEWS。
水曜歌謡祭、2回目。今度は、どんな歌を誰と披露してくれるかな。
そして、3週連続出演が叶うのかどうか・・・ドキドキ。


4/20(月)
mina(増田)
news every.(小山)

4/21(火)
東京カレンダー(小山)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・加藤)

4/22(水)
news every.(小山)
水曜歌謡祭(増田)
テゴマスのらじお(テゴマス)

4/23(木)
news every.(小山)

4/24(金)
ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)

4/25(土)
らじらーサタデー(加藤)

4/26(日)
キャラオケ18番(小山)
イッテQ(手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
  • -
  • -
増田貴久の進むべき道が見えた!

4/15にスタートしたフジテレビ「水曜歌謡祭」に、ソロで出演したまっすーの歌う姿を見て、そう思いました。

もちろん、今までも、まっすーには、歌で勝負していってほしい、まっすーの歌声をこのまま、コアなファンのものにしておくには勿体無いと思っていました。
でも、実際は、なかなか、その力を披露する場に恵まれなかった。ミュージックフェアで、テゴマスとして、他のアーティストとコラボしても、コンスタントに、その場があるわけではない。
もどかしい想いを本人も、そして、ファンも感じてきたと思います。

それが、昨日、思いもよらぬタイミングで、華を咲かせました。

4月15日は、NEWSとも違う、テゴマスとも違う、増田貴久(NEWS)として、歌うことができた、ある意味、デビュー記念日と言えるのではないかと思います。

NEWSメンバーそれぞれが、個性的な才能を発揮して、NEWSを大きくしていくなか、まっすーの活動の拡がりは、必ず、NEWSやテゴマスを押し上げていくパワーとなる!
そう思うと、わくわくします。

もちろん、レギュラーというわけではなさそうなので、来週の約束はあっても、その次は、わからない。まだまだ、不安定な道先だけど、わたしは、まっすーについていきたい、ついていけば、きっといろんな夢を叶えてくれると希望を持ちました。


まっすーの歌は、技術的には粗削りかもしれない。でも、まっすーの歌には、絵が見える。歌の主人公の想いが見えてくる。


昨日の、「春だったね」という吉田拓郎さんの歌。
はじめて聴いた曲だけど、歌のなかの「僕」の気持ちが、演劇を観るように感じとれました。

まっすーは、その手のひらで、「曇りガラス」を叩き、届いた「僕の手紙」を読み、頬をつたう「涙」ぬぐう。
そして、魂を揺さぶるように「春」を歌った。
さだまさしさんという日本を代表するような一流のアーティストと、歌っているだけですごいことだけれど、お互いの色を消しあうのではなく、塗り重ねて、深みを増していくようなコラボに鳥肌が立ちました。

一方、「明日、春が来たら」では、槇原さんと、繊細な糸をたてよこ重ねながら、柔らかく、時に切なく、春という柔らかい布を織っていくように感じました。
決して、派手ではない、でも、気がつくと、心に色を残していく…そんな歌を歌うまっすーが、愛しい。

“あれは多分、永遠の前の日”
なんと表現したらいいかわからないけど、なんともふにゃぐしゃな表情をする。
そんなところも、だいすきだ。

そして、“君に会いに行こう”と、お茶の間にいる私に視線をくれた。

痛々しいのはわかっているけれど、まっすーが私に向けて、サインを送ってくれたような気になり、夢心地にさせてくれる。

アーティストであり、アイドル。
まっすーは、そんな存在だ。


そして、もうひとつ忘れてはならないことは、昨日、生放送の緊張の中、あれだけ、力を発揮することができたのも、素晴らしい相方手越さんの存在があるからこそだと思います。タイプは違えど、ふたりのコンビネーションは、最高です。
まっすーも、他のアーティストと歌うことで、テゴちゃんとの相性の良さを再確認しているんじゃないかな。


今日は、昨夜の興奮がなかなか覚めず、急遽、お友達と約束して、まっすーを語りあってきました。

濃厚なビターチョコレートで。
まっすーの大事な一歩をお祝いして♪
Continue reading
  • -
  • -
4月9日(木)に放送された「究極バトル ゼウス」をリアタイしました。
大急ぎで帰ってきて、TVの前に着席。
ゼウスレスリングが早々スタートすると、緊張が走りました。

小島よしお(34)VS 増田貴久(28)

吉田選手に勝ち方を習ってきたというまっすー(そのひとことは余計だったけど、あとから知るよりは、全然イイ)。
黒いTシャツを脱いだときには、すでに闘志で赤く燃えていた体。
今までだって、広い背中に男らしさを感じてはいたけど、その比ではない。
こんなに勇ましい姿、
容赦ない技、
頭から突っ込み足をとりにいく姿勢、
抗う敵をこれでもかと、押さえにかかる闘争心、
息の根を止めるまで、一歩も引かない粘り強さ、
・・・はじめてだ。

カウントが5、4、3、2、1と数えられていく中、心臓は高鳴った。
そして、勝利の旗を勝ち取った瞬間、
私は、喜びの歓声をあげた。
格闘技の面白さなんて、知らなかった私が、”燃えた”!!

なんて、素晴らしいんだ、増田貴久!!

かっこいい。かっこよすぎる。

勝負を終え、小島さんと抱き合ったときの笑顔は、よく見る表情ではあったけど、それまでの戦いの表情とのギャップが凄すぎて、またしても、惚れてしまった。

くーーー

少し前の「NEWS RING」で

私、ゼウスで戦いました!
一年間いっぷくにお世話になった感謝の気持ちも込めて、全力で!

と書いていましたが、ほんとうに全力でしたね。
「いっぷく」のお礼をこういう形で返すなんて、素晴らしい。

ただ、もうひとつの競技「オーシャンバイク」では、イマイチな結果でした・・・。
真のジャニーズは、どんなときも、負けない勝負強さがあってほしいなぁ。
なんてね。

レスリングで、十分、楽しませていただきました。

シゲは、それほど、目立った活躍はしていなかったけど、コメントの鋭さは光ってました。
また、テゴちゃんは、存在感といい、真剣さといい、「これぞジャニーズ」っていうところを見せてくれましたね。
何より、まっすーが戦っているときの、冷静な眼差しが素敵でした。
単に、わいわい応援している感じではなく、チームの一員として、優秀な選手として認めた上で、戦いを見守っているように見えて、テゴマス萌えしちゃいました。

結局、勝負は、お笑い芸人チームの勝利。
ジャニーズ軍団は、屈辱の土下座を強いられることに。

はじめから、負けたら土下座と分かってはいたけど、この終わりは、なんだか、気持ちのいいものではありませんでした。
逆に、ジャニーズが勝ったとしても、芸人の土下座なんて、見たくない。
土下座している人をみて、優越感にひたるなんて、下品に思えてしかたありませんでした。

まぁ、もっとひどい仕打ちの罰ゲームがあっても嫌だけど。

それはそれとして、なかなか見れない対決を観れたりして、楽しい3時間でした。
また、第2弾があるといいな、と思うけど、バッサリカットされちゃうのは哀しいので、編集をうまくやってほしいです。

戦ったジャニーズ軍団のみなさん、お疲れ様でした。



懐かしい「Pacific」のコンサート映像を観ています。
いやぁ、このころのNEWSは、やっぱり、やまぴーがいて、亮ちゃんがいてのグループだったなぁ、と。
でも、それが嫌なんじゃなくて、その横だったり、後ろで、キュートに、そして華麗に踊るまっすーの「立ち位置」がとっても愛しい。
あ、そうそう、このころは、わたくし、ぴー&増担
コンサートは、東京ドーム1回だけっていう健全なファンでした(笑)
遠征なんて、とても考えられなかったのにな。

それはともかく、今、見ると、それはそれで面白いので、振り返っておくと、「White」も、また深く味わえるかも!

では、今週のおすすめNEWS。
いよいよ、水曜歌謡祭!
まっすー、何うたってくれるのかな。楽しみすぎて、ねむれない。
ぶっちゃけ、4vsXより、たのしみだー
なんてね。4vsXもレギュラー化めざして、応援します!

4/13(月)
ヒルナンデス(増田)
news every.(小山)
4vsX

4/14(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・加藤)

4/15(水)
news every.(小山)
水曜歌謡祭(増田)
テゴマスのらじお(テゴマス)

4/16(木)
news every.(小山)

4/17(金)
ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)


4/18(土)
らじらーサタデー(加藤)

4/19(日)
キャラオケ18番(小山)
イッテQ(手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
仙台から戻りました!
ここ数年、仙台公演は毎回、申し込んでいるのに、全くご縁がなく、今年、ひさしぶりに仙台遠征が叶い、土日ともコンサートを楽しんできました。
仙台駅から会場までは、コンサート専用のシャトルバスを使ったのですが、なかなかの遠さ。一体、どこに連れていかれるのかと思いました(笑)
会場についても、まわりに商業施設的なものは一切なくて…。
goods目当てに早めに到着した人は、どうやって時間を過ごしていたのかと思いました

帰りは、タクシーを事前に予約しておいたのでスムーズに帰れたのですが、シャトルバスは結構、並んだのかな?

コンサートは、とても素晴らしく、私にとっては、2回目、3回目になったのですが、初見とはまた違う感動を味わうことができ、また、幸運にも席が見やすいところだったので、より近くで、NEWSくんたちの表情をキャッチできて嬉しかったです。
詳しくは、備忘録として、少しずつ書いていきたいと思ってます。


では、今週のおすすめNEWS。
ゼウスの放送、たのしみです!
それと、日曜日は小山DAY!
リーダーの活躍に期待してます♪



4/6(月)
news every.(小山)

4/7(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山・手越)

4/8(水)
news every.(小山)
TORE(NEWS VTR出演)
テゴマスのらじお(テゴマス)

4/9(木)
news every.(小山)
ゼウス(増田、手越、加藤)

4/10(金)
ビビット(加藤)
MASTER HITS (増田)


4/11(土)
メレンゲの気持ち(小山)
らじらーサタデー(加藤)

4/12(日)
二ノさん(小山)
キャラオケ18番(小山)新番組
イッテQ(手越)
トーキョーライブ22時(小山)
SORASHIGE BOOK(加藤)

基本的にJ-Netカレンダーより
フジテレビの新音楽番組「水曜歌謡祭」の初回2時間スペシャル【4/15(水)生放送】に、まっすーの出演が決まりました!!

出演者欄の、増田貴久(NEWS)という文字が輝いて見えます。

もちろん、NEWSだったり、テゴマスでの出演が理想的ですが、テレビレギュラーがなくなってしまった今、ソロでのお仕事は、純粋に嬉しい。

このあと、出演者発表の第2弾があるみたいだし、毎週ある番組だから、手越さんの登場、テゴマスでの出演も期待できますね!

最初、この番組のスタートを聞いたときは、「懐かしい名曲を歌うだけか…見ないな」と何の興味も沸きませんでしたか、まっすーの出演が決まると、なんだか素敵番組に思えてきました(笑)


司会は森高千里と渡部建(アンジャッシュ)さんということですが、息の長い音楽番組に育ってほしいな。

4/15(水)夜7時、ぜったい見ます!

ようやく、テゴマスの青春 ライブDVD & Blu-rayが発売になることが発表になりましたね!

北海道で、クラーク博士に会いに行ったのも、今なお、青春ライブでの感動が忘れられないから。

いやぁ、待ってました!

早速、初回盤Blu-rayを予約しましたよ。

DVDはどうしようかな。
Blu-rayだけでもいいのですが、DVDの方が便利な時もあるので。
で、買うなら、通常盤より、初回盤の方がいいなー、と思ったり。

クリアファイルは、貰えるなら貰っておこうっていう感じ。貰っても、記念に保管しておくだけなので。

今日、知ったのですが、なんと今回は、マルチアングルがあるんですね!
といっても、「月の友達」1曲だけですが、いよいよ、マルチアングルに対応するようになって、これから先が楽しみです。


映像はもちろんのこと、ライブの歌声を再び聴けるのが嬉しい。
生の歌声はCDとはひと味違う感情が込められていて、ライブ帰りは、CDでは物足りなく感じるほど。
収録の日の仕上がりがどの程度だったか、よく覚えてないけど、上手い下手ではなく、その日の歌は、その日だけのかけがえのないもの。(多少の編集はあったとしても)


楽しみだなぁ。
そのまま、テゴマスの活動もスタートしたら、いいな。