Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

テゴマスの青春ツアー 横アリ公演、三日目の朝をむかえました。
(ネタバレ少し含みますので、お気をつけください)


これまでの3公演、それぞれの角度から、テゴマスの歌、テゴマスバンドの演奏を楽しみました。
コンサートって、本当にその時その時の公演で、育ち方が違っていて、面白い。
声の出方も、もちろん違って、点数を付ければアップダウンがでてくるのだろうけど、歌の熱量は、いつも素晴らしくて、すべてひっくるめ、生の雰囲気がとっても好きです。

そこに、目の前に、テゴマスがいる!!っていう奇跡に、改めて感動します。


歌を届ける。
という意味で、一番の聴きどころは、アコースティックな「青いベンチ」。
横アリという大きな会場で、マイク無しの歌声。満席の客席が静まり返るその数分は、ダイレクトにテゴマスと繋がっているような感覚になり、他では感じることのないほどの贅沢な緊張感を覚えます。


それでは、横アリ、ラストの1公演、行ってきます。
スポンサーサイト
今朝のWSは、加藤シゲアキ著「Burn」の発売記念イベントの様子が流れたり、新番組「いっぷく」の囲み会見の様子が放送されたり…と、追いきれないほど、NEWS満載でした!

その余韻がまだ残るお昼過ぎ、お友だちからのLINEで、速報を受信しました。


増田貴久
4月18日スタートのフジテレビバラエティ「未来ロケット」にレギュラー出演決定!


えっ?「いっぷく」だけじゃないの?
こんな経験したことないから、情報を検索する指も震えます…。


MCは、オードリーの若林。

まっすーは、応援団長という立ち位置らしい。

番組は、夢を持つ若者を応援するバラエティ。

金曜深夜24:50-25:20に放送!


少しずつ、状況を把握しながら、自分に「落ち着けー、落ち着けー」


金曜の深夜番組っていうのが、自分のメンタル的にも、ゆったり気分で見られそうで嬉しい。

まだ、詳細掴みきれていませんが、思わぬ2本目のレギュラー獲得に、浮かれる月曜日です。
ミュージックフェア、リアタイはできませんでしたが、ゆゴマずの「いつか」、チェックしました。

なんと素晴らしい。

「ひとり」や「Thunderbird」は、観てる側も手に汗握るじゃないですけど、緊張する感じがありましたが、今回の「いつか」は、はじめから楽しい気分で観ることができました。

もう何度も共演している組み合わせということもあるし、出だしから、増田さんの声がよーく聴こえてきて、安心できたっていうこともあるかな。

増田さんの声質にとっても合っていますね。
なんだかとっても、嬉しい。

手越さんも安定の歌唱力。
ちゃんとゆずテイストに合わせているところがイイ!って思いました。

ゆずさんの曲のクオリティに改めて気が付かされたし、大事なオリジナル曲をコラボ曲として提供してくれたことに感謝もしたり。

この曲で、今年のFNS歌謡祭、エントリーさせてもらえないかなぁ。


うちにも、早々、シゲアキ先生の最新刊が届きました!
装丁が今回も凝っていて素敵。

さて、どのタイミングで読もうかな。
あれやこれやで、頭も心も忙しいから迷うところ。

この春は一気に花が咲いた感じ

でも、一番、待っているのは、NEWSの新曲のお知らせ。
桜前線が関東を過ぎて、東北に届くころまでには、耳に入りますように。

それでは、今週のおすすめNEWS!
いよいよ、テゴマスの横アリコン。
WSも見逃したくないけれど、卒業話題に持ってかれそう><



3/23(日)
イッテQ(手越)
SORASHIGEBOOK(加藤)

3/24(月)
加藤シゲアキ著「BURNーバーンー」発売
news every.(小山)
失恋ショコラティエ(加藤)


3/25(火)
レタスクラブ
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山、増田)

3/26(水)
TVぴあ
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

3/27(木)
news every.(小山)



3/28(金)
テゴマス4th「テゴマスの青春」横浜アリーナ公演(3/28~3/30)
*3/29~3/31のWSは要チェック
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

3/29(土)
MUSIC FAIR(テゴマス)
wktk(加藤)
サッカーアース(手越)

3/30(日)
SORASHIGEBOOK

3/31(月)
新番組「いっぷく」スタート(増田)
news every.(小山)
「トーキョーライブ24時~ジャニーズが生で悩み解決できるの!?~」(小山)

4/1(火)

news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山)

4/2(水)
テゴマス4th「テゴマスの青春」福岡公演(4/2~4/3)

news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

4/3(木)
news every.(小山)


4/4(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

4/5(土)
wktk(加藤)



基本的にJ-Netカレンダーより
ついに、「NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome」が発売になりました!

私は、
初回限定盤をDVDで
通常版をBlu-rayで買いました。

初回盤のブックレットの写真は、コンサートの思い出が凝縮されていて、いいですね。

20140320a

金曜日には、デコトラを探しに渋谷に行ったのですが、出会えず・・・。
原宿のJE看板も写真を撮るまえに、お色直しになってしまって、今回、いろいろと遅れを取ってしまいました。
残念。

代わりに、店頭販売状況をチェック。
2軒とも、店頭一番手前のイイ位置にNEWSを置いてくれていました。
ただ、やっぱり、他のアーティストさんの方が断然目立っていて、ちょっと悔しい感じ。

CMだって、なかなか流れてこなくて、確保するのが大変な状況ですよね。
もうちょっと、お金かけてほしいところ。。。


20140221b

20140221a

上2枚は、販売店TUさん。
下は、販売店TWさん。

20140321c


さて、中身ですが、通してみたのは、まだ、1回だけ。
部分的に2回見ているところもありますが・・・。

Remedyだけは、既に10回はリピしちゃってる。
この猛毒にはまると、なかなか抜け出せなくなってしまうんですよね・・・。

みなさんは、大丈夫?
今朝一番のNEWSは、そう!

NEWS増田貴久 TBS系新番組「いっぷく」月曜レギュラー決定!

のお知らせでした。

慌てて、スポニチを買い、可愛い増田くんをキャッチ。

フードにジャケット、そして、手には苺。
もう絵に描いたような、正しい増田くん(入門編)の姿に、ドキドキさせられちゃいました。


そして、1日中、幸せ気分は続き、いつもなら、いらっとするだけの関連部署のおじさまのことも、大目にみてあげたり。
いつもなら、見てみぬふりするところを「どうされました?」なんて、声をかけたり。

なんと寛大な私…と得意気に微笑んでみたりして(←きもちわるい)

増田効果恐るべし。



そして、J-webにも、情報が載っているというので、見てみると…


「テレビ・レギュラー」
という輝かしい文字!!

そうか!ここのページに載るのか!


泣いていいですか?


今夜は、泣かせてください。


もちろん、今までだって、ドラマの時は載っていましたよ。
走魂のときも、載っていたんだろうな、と思います。


でも、こうして、ドラマではなく、情報番組の出演者として、レギュラー枠に、名前を連ねることができた!!

嬉しい。


もちろん、厳しい世界。
長寿番組になる保障もないことわかってます。

それに、他の曜日のレギュラー陣と並ぶと、かなりの異色の人事配置。
もしや、最初だけの目玉商品的な扱い?なんて勘ぐってしまったりもします。


でも、そんな心配するよりも、毎週月曜日、日本の朝に、増田くんが登場するという夢のようなサプライズ。

喜びましょう。

キャッキャッ、しましょう。


リアタイで拝むことができないのが、辛いところですが、増田くんの頑張りをエネルギーに変えて、毎週月曜日、張り切って、仕事をしたいと思います!
「テゴマスの青春」コンサートについて、セトリ順に感想的なことを書きはじめてみたのですが、テゴマス自身がセトリをネットに載せるのはやめてほしいと、らじおで語っているので、その記事は、しばし、お蔵入り。

ですが、ここまでの感想を文字に残しておきたいので、部分的な感想をメモします。
ネタバレ含みますので、これからコンサートに行かれるかたは、のぞかないようにお願いします。


Continue reading
ミュージックフェア2500回記念コンサート

今夜は、TMRとのコラボレーションした「THUNDERBIRD」が放送されました。
この曲のコラボは、2回目。
前回(関連記事はコチラ)は、ちょうど1年前の2月23日(多分)に放送されました。

1年経って、再び共演。
同じ曲ではありましたが、前回とは、また少し雰囲気の違う「THUNDERBIRD」だったと思います。

熟成されたっていうのかな、手越さんの声も、増田さんの声も、深みが増して、より一層、TMRの世界観に融けこんでいるように聴こえました。


手越さんの歌い出しは、前回より大人になった主人公を感じさせてくれます。
一方、増田さんの歌い方は、前回の繊細な表現に比べ、もっと強く、ストレートに切なさを表現しているように感じます。

それにしても、西川さんは、容赦なく100%のパワーで歌い上げますね。
この西川さんの本気っぷりで、テゴマスをどれだけ信頼しているかがわかります。

いやぁ、でも、西川&手越のフルパワー組を相手に、低音をバランスよく、やさしく、深く、支えている増田さんの仕事っぷり、お見事です。(ここからは、いつもの増田贔屓がはじまります)

単純に、どうして、高音二人組に引っ張られてしまわずに、落ち着いた下ハモを奏でることができるのかが、不思議です。


それから、どうしたって、引き込まれてしまう、その姿。

「包まれていく」の伏し目がちな渋い顔。

西川さんパート「ポケットのカギをいじくるように・・・」で旋律に身を委ねるセクシーさ。

「絶えた祈りに・・・」で手越さんと目線を合わせる一瞬の男前な表情。

何より、顔をくしゃくしゃにして歌っている姿の、美しさ。


大好きな増田さんの魅力が溢れていて、苦しくなるほど。


これね、欲を言えば、テゴマスだけのお歌も、やっぱり聴きたかったなぁ。
なんで、オリジナルを歌わせてもらえないんだろう。

まだまだ、アーティストとしての道は険しそう。
でも、いつか、きっと!

来週は、いよいよ、ゆずとのコラボ曲が放送されるようですね!こちらも楽しみ。
「愛言葉~てをひいて~」の感動がいよいよ、手元にやってきます!!
NEWSの記念すべき10周年をお祝いした東京ドームコンサートの模様を収録したLIVE映像が19日に発売です。

ライブ映像だけではなく、ご褒美旅行の映像や、コンサートオフショットも盛りだくさんとか・・・。
どの映像からスタートするか迷ってしまいますね。

それでは、今週のおすすめNEWS!


3/15(土)
日刊スポーツ サタジャニ(手越)
オリスタ(NEWS LIVE DVD広告あり)
QLAP(加藤)
MUSIC FAIR(テゴマス)「THUNDERBIRD」
wktk(加藤)


3/16(日)
鉄腕ダッシュ(小山)
SORASHIGEBOOK(加藤)

3/17(月)
news every.(小山)
ネプリーグ(加藤)
失恋ショコラティエ(加藤)
BS朝日 PM10:54~11:15にて、NEWS LIVE DVD映像が流れるかも。

3/18(火)
ザテレビジョンCROSS(NEWS)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山、増田)

3/19(水)
NEWS LIVE DVD & ブルーレイ「NEWS 10TH Anniversary in Tokyo Dome」発売
news every.(小山)
少年倶楽部プレミアム(NEWSの映像も流れる可能性がありそう)
テゴマスのらじお(テゴマス)

3/20(木)
news every.(小山)
レコメン(加藤)


3/21(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)


3/22(土)
MUSIC FAIR(テゴマス)
wktk(加藤)


3/23(日)
SORASHIGEBOOK

3/24(月)
加藤シゲアキ著「BURNーバーンー」発売


基本的にJ-Netカレンダーより
すっかり、BLOG更新をさぼってしまいましたが、先週は、密度の濃い週末を送っていました。
行き先は、もちろん、札幌。

早々、金曜日の夕方から現地入りして、まずは、カウンターでいただく極上のお寿司を堪能しました。
本当は、NEWSくんたちも行ったことがあるお店に行きたかったんですが、予約できなかったので、食べログで研究に研究を重ね、1軒のお寿司やさんを選定。

そのお店が大当たり。
カウンターで「お任せ」で食べるお寿司経験は2回目だったのですが、つまみでお腹一杯になるより、握りをいろいろ味わいたかったので、握りメインでお願いしたところ、次から次へと、特別なネタが出てくる、出てくる。
時化で魚の種類が少ない時期だったらしいのですが、「めぬき」という普段はなかなか入ってこないネタだとか、ふっくらした毛蟹とか・・・お寿司のセトリは全く覚えられませんでしたが、本当においしいお寿司が目白押し。

大将の人柄も良くって、トークも柔らか。
しかも、お隣の席だった常連の方とも話が弾んで、楽しかったです。
北海道に来て、よかったぁ、と早くも幸福感に包まれました。

そして、翌日。
ちらほらと雪が舞う天候でしたが、円山動物園に行きました。

極寒の中、動物園ってどうなのー?と不安もあったのですが、これも、行って、正解!
積もった雪の上で、のんびり眠る白クマ。
じゃれ合って、雪まみれのオオカミ。
寒さを喜んでいるかのようなペンギン。
・・・夏の動物園とは違う、野生に近い環境で動物たちをみることができました。

月の友達のご先祖様にあたる(?)カンガルーに会えました。
20140315a


で、いよいよ、「北海きたえーる」へ。
到着したころには、グッズ売り場は、空いていて、わたしは「青春Tシャツ」を追加購入。
この青春Tシャツ、思ってたより、肌触りがいい感じ。

入場は、ちょっと、イラっとするほど、時間がかかっていました。
(2日目は、逆にとてもスムーズでした)

で、で、で、この日のお席にたどり着いたら、びっくりするほど、ステージに近い。
ここなら、埋もれることもなく、双眼鏡の出番も、そんなに無いかもって思うほどでした。
この日は、テゴ担2人とマス担2人というバランスのいい組み合わせで参加。
良席を引き当ててくれた友達に感謝です。
(2日目は、びっくりするほど、後方。ってか、一番うしろゾーンで、そのギャップも面白かったです)

幕があがって、最初に驚いたのは、まっすーの髪色。
まさか、まさかの、黒髪(そこまで黒くないけど)。
これは、お仕事の予感??
でも、種明かしはありませんでした。

前に、テゴシがドラマで髪を黒くしたときに、行く先々で周りから「黒っ」って言われるから、嫌なんだよね・・・って言ってたくせに、俺の髪色を見て、「黒っ」って言ったからね。

って、いう会話があったくらい。
なんだろう。なんだろう。素敵なお仕事だといいな。


コンサートについては、ネタバレになるといけないので、一旦、STOPしますが、ホール公演の良さを崩さず、アリーナ公演らしさを取り入れたという印象でした。

松本公演で、私は、テゴマスの歌が持つメッセージをストレートに受けて、自己嫌悪に陥る感じもあったんです。
だんだん、日が経って、あれは気のせいだったのかな、と思い始めていたのですが、やはり、今回のコンサートでは、自分の内面を見つめさせられる場面があるように感じます。
ただ、今回は、自己嫌悪ではなく、自分の至らない点も包み込んでくれるような温かさを感じました。
少し自分も成長できたのかな。

あと、今回のツアーでは、ファンサをもらうとか、そういう欲は持たないって決めて札幌に乗り込んだんです(笑)
欲をもっても、たいてい残念な結果になって、もやもやが残るでしょ。
それが嫌で。
うちわも、家に置いていきました。
まるで、禅の境地(←大げさ)

しかーし、だからこそだったのか、ほんの0.3秒ほどではありましたけど、視線を合わせてもらえちゃった。
きたえーる。
思い出深い地になりましたよ。

でも、今後も禅の境地で、コンサートに行きます。
(NEWSの時は、別だけど)


1日目が無事に終わり、夕食のため、すすきのに向かおうとしましたが、地下鉄までの道が激混み。
そこで、タクシーですすきのへ。
もうひとり、別のテゴ担のお友達と合流して、深夜0時を過ぎるまで、延々とテゴマストークが続き、帰るころには、電車もなくなって、なぜか結構な長い距離を歩いて帰りました。
相当ハイテンションだったんですね。


2日目。
午前中は、ホテルでゆっくりして、軽く北海道庁や時計台を観光してから、「うにランチ」。
無添加のうには、クセがなくて、さらりとお腹に入っていきました。
ちいさいどんぶりにしちゃったけど、デカいのもいけたな、私。
ここで、お土産も手配して、後日、自宅でも「うに」を堪能しました。

そして、いよいよ、2日目のきたえーるへ。
この日のチケットは、一般発売で買ったもの。
1階の真ん中あたりでしたけど、メインステージからは、一番遠い、はじっこ。
でも、だからこそ、落ち着いて、全体を見回すことができて、それはそれで、楽しめました。
前の人の頭が気になることもないスタンドは、ストレス無く、見れますよね。

1日目も、2日目も、トークが面白かったな。
ほとんど、記憶の闇に消えましたけど。

まっすー、2日目の午前中に、「羊が丘展望台」でクラーク博士とご対面されたそうです。
到着した時、数人のファンの子が「月の友達」とクラーク博士で記念撮影していたらしく、
「そのマスコット、かわいいねー」って、まっすーが話しかけたとか!
そうしたら、声をかけた子、まっすを2度見したって。
そりゃそうですよね。
一度見では、信じられないですよ、目の前にまっすーがいるなんて。

また、一緒にいたマネージャーさんを雪の方に押したら、そんな柔らかな雪ではなかったらしく、壁に激突したかのように、「痛っ」となったっていう危機一髪なエピソードも。

イメージ的にはこんな感じかな・・・

20140315c

寒いの苦手なはずのまっすーが、朝から動きまわるなんて!
まっすーも、札幌、楽しめてよかったですね。


コンサートが終わるまでは、とっても順調な札幌旅行でしたが、ここから先が大変でした。
余韻に浸る間もなく、地下鉄へ急ぎ、ホテルに戻って、荷物を取り、急いで、札幌駅から空港へ。
運よく、座席には座れたのですが、車窓から見える雪の量が本格的!
飛行機の運航にも影響がでている模様。。。

何とか、搭乗はできたものの、なかなか、飛び立たない。
下ろされる覚悟もしていたのですが、なんとか、40分遅れでテイクオフ。
気流が安定しない間の揺れのすごいこと、すごいこと。

羽田に着いたのは、23時半ごろだったかな。
終電ギリギリ。
もともと、都内のホテルに宿泊する予定だったので、野宿にはならなかったですけど、なんだか、現実への引き戻し感がハンパなかったですね。

・・・ということで、「テゴマスの青春修学旅行」2回目も、天候に左右され、真冬の遠征は甘くない!ことを痛感いたしました。

でも、これも、よき思ひ出。

ただの日記になってしまいまいましたが、読んでくださり、ありがとうございました。
「ひとり」に続いて、「ボクの背中には羽根がある」の感想を簡単に。

まず、こうして、歌の感想を次々に書ける状況。
嬉しいですね。
いつもは、日テレにばかりお礼していますが、フジテレビ様にも贔屓にして頂いて、有難いです。

今回の新堂本兄弟でのお歌。
増田くん選曲ということで、子供の頃のヒーローであるKinkiさんの名曲が選ばれました。

Kinki独自の哀愁漂うこの曲をテゴマスはどんな風に歌うのか?
すごく楽しみにしていました。

聴き終わって感じたことは、同じJE所属の2人組ユニットなのに、歌い方、表情、声質などが全然違うこと。
それによって作り出される歌の世界観も、もちろん別のもの。

テゴマスは、顔の表情、身振り手振りにも、歌詞に込められた想いを表現している。
目の前にいる愛しい恋人に直接、語るように、包み込むように。

一方、Kinkiは、自分たちの曲というだけのことはあり、最低限の表現方法で、無駄なく、それでいて、色濃く、物語を紡ぎ出している。

今「幸福」(しあわせ)に触ったみたい

同じ幸せでも、その背景がテゴマスとKinkiでは違う気がした。
テゴマスも素敵だったけれど、「ボクの背中には羽根がある」を前にしたら、Kinkiに敵う歌い手はいない、と思いました。

それでも、Kinkiさんの歌を歌ってくれたことは、とっても嬉しい。
特に、まっすーにとって、Kinkiという存在は、とても大きい。
ジャニーズに入ったころからの憧れ。
Kinkiのコンサートにジュニアとして出演し、目標としてきた存在。

「ボクの背中には羽根がある」

”ボク”は、増田少年なのかもしれない。
そう思って、もう一度、聴くと、なんだか感慨深い。

まっすーの背中の羽根
その羽根が導いてくれたんだね、東京ドームの中心にも。


遅くなりましたが、2/22放送のミュージックフェアで披露されたゴスペラーズxテゴマスの「ひとり」について、簡単に感想を書きたいと思います。

2年前の「ひとり」は、秦さんもいらして、8人の「ひとり」でしたね。
久しぶりに聴きかえしてみたら、”ひとり”多い分、テゴマスの歌パートが少ないことに気が付きました。

愛してるって最近言わなくなったのは

2年前は、秦さん。
今回は、手越さん。

瞳の奥にある 小さな未来のひかり

2年前は、テゴマス。
今回は、増田さん。


歌割りの違いだけでも、2年の差を感じられます。

聴き比べて思ったことは、秦さんの柔らかな声、大好きだけど、3組のアーティストが共演となると、個性が入り混じって、作品の仕上がりとしては、多少の濁りが発生してしまうのかも。
コラボとしての試みは面白かったけど。

今回の「ひとり」の方がゴスペラーズの世界観に、テゴマスが融けこんでいるように思います。

手越さん。
ソロパートは、勢いよく出て、張りのある声を響かせる一方、コーラス部分は、変に出過ぎず、馴染むように歌っているように思います。(実際の会場で聴こえた感じとは違うかもしれないけど)
その強弱の付けた方がいいなぁ、と感じました。

増田さん。
あなたとは 今はもう 別の人だね
前回も、同じソロパートがあって、美しい高音を聴かせてくれましたが、さらに、その高音に表情がついた印象。
今はもう
の裏から表にクルンと声を変えるところが、とっても気持ちいい。

最後のサビの部分
たったひとつのこと約束したんだ(ラララララー)

なんだか難易度が高そうなことをしていませんか?
それなのに、笑顔でコンタクトを取りながら歌う手越さん。
まるで会話を楽しんでいるかのよう。

増田さんは、増田さんで、安定した声で、主メロをやさしく、柔らかく歌っている。

どちらかがつられてしまうこともなく、だからといって、真ん中で壁ができているわけでもない。

「ひとり」になっている。

素晴らしかったです。

せっかくの、ゴスペラーズさんとのコラボ。
「DONUTS」も聴きたいですね。
シゲアキ先生の「ピンクとグレー」文庫版を買いました!
(もちろん、単行本も持ってますよ)

一部、加筆、修正をしているそうですが、そんな細かい点は、気がつけないだろうな。
あとがきや、インタビューもあるので、2年前とは少し違った視点からも楽しめそうです。


では、今週のNEWS。
いよいよ、テゴマスの青春ツアーも、アリーナに突入。
私は、早々、金曜日から札幌入りします。
今回は、長旅になるので、体調を万全に整えないと。


それでは、今週のおすすめNEWS!

3/2(日)
イッテQ(手越)
SORASHIGEBOOK

3/3(月)
news every.(小山)
失恋ショコラティエ(加藤)

3/4(火)
news every.(小山)
KちゃんNEWS(小山、手越)

3/5(水)
news every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

3/6(木)
news every.(小山)


3/7(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)


3/8(土)
テゴマス4th「テゴマスの青春」札幌公演
MUSIC FAIR(テゴマス)
wktk(加藤)


3/9(日)
テゴマス4th「テゴマスの青春」札幌公演
SORASHIGEBOOK


基本的にJ-Netカレンダーより