Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

NEWSのコンサートの魅力ってなんだろう。

ひとつは歌の魅力。
CD音源よりも遥かに表現力がある歌は、1公演1公演、違った感動があります。
今回は、こういう風に歌ったね!そんなことを語れるの、楽しいですよね。
また、「4+FAN」や「恋祭り」のように、NEWSとファンがコール&レスポンスを楽しめる曲がいくつかあって、その一体感がたまらないです。


もちろん、ダンスの魅力。
ダンスに関しては、どのグループもそれぞれに特徴があって、素敵だと思うんですけど、うちの増田さんのしなやかで、リズミカルなダンスには、物語を語るようなパワーがあると思います。
特に「Greedier」。
まわりの空気を包み込んで、その場を”月が照らす砂浜”に変えてしまう。
あの美しい手の動き、顔の表情を見つめているとき、私のペンラは光ることさえ止めてしまいます。

何と言っても4人の笑顔
アリーナにいると、運が良ければ、メンバーのお顔を近くで、拝見することができます。
汗にまみれているのに、なにこの爽やかに輝いている笑顔!!
手を振り続けてもなかなか、目が合うことはないけれど、その願いが叶わない切なさも現場だからこそ感じられる乙女ゴコロですよね。

MCは・・・?
正直、無茶振りのくだりは、ちょっとつまらないなーと感じているんですけど(笑)、でも、話が思わぬ方向に流れていって、貴重な話が聞けたりもするので、MCはいつも楽しみにしています。
4人という数のおかげもあってか、誰かに偏りすぎることもなく、みんなが自由に話せる雰囲気。
たまに、まっすーが歌ってくれることがあって、ちょっと口ずさむだけなのに、とってもいい声で、うっとりとしながら聴いています。

まっすー担当の衣装!!
先日、発売になったTVぴあの「カラパレ」で衣装について、わりと詳しい説明が書かれています。
オープニングの赤の和服は、とても鮮やかで、去年の白衣装との対比も面白いと思います。
2着目は、忍者をイメージしたもの。名古屋公演まで忍者をイメージしたとは明かされていなかったと思うのですが、なるほど、言われてみれば、忍者。しかも、刻まれた「NEWS」のロゴは、ジャニーさんが毛筆で書いたもの。初期のNEWSとリンクさせているなんて、すごいわ、増田氏!
3着目は、カラフルボールのダウンベストとヒョウ柄。見たこともないような世界観で脳を刺激してくれます。
以下、省略(笑)しますが、独特のセンスを3人も着こなしてくれるから、嬉しいです。
増田デザイナーがどんどんその才能を発揮してくれることを願っています。

締めの挨拶。
いつのまにか、というか、4人になってから、コンサートの締めの挨拶がひとつのコーナーのようになりました。去年は、会えない時間が長すぎた背景もあったけれど、今年のツアーも、毎公演、情熱的なメッセージを4人は口にしてくれました。
若干、手越さん長い??と思わなくもないのですが、そのおかげで続く3人も、ゆったりと話してくれるのかもしれません。
手越さんが言ったことをシゲが、シゲが言ったことをまっすーが引用して面白可笑しくつなげるなんてこともあり、次にどんな言葉が飛び出すのか楽しみだったりします。
特に、リーダー小山さんの挨拶は、ぐっとくることが多いです。
こんなに、いろいろ愛を語ってくれるNEWS。
愛を直接感じることができるコンサートは、普段がんばっている自分への一番のご褒美になりますね。
こういう関係がこの先もずっと続いていってほしいな。


7日に、もう一度あの感動を味わえるなんて!
しかも、東京ドームという大きな空間。

距離は遠いかもしれないけど、NEWSと共に過ごせる時間をこころ全部で楽しみたいと思います。


スポンサーサイト
1か月という短い期間でギュギュッと凝縮されて行われたNEWSのコンサートツアーが無事に名古屋でファイナルをむかえました。

私は、終盤の大阪と名古屋を各2公演ずつ観に行き、NEWSを満喫。
最後、名古屋のオーラスを終えて、会場を出ると、外の風が涼しく、
「あぁ、これで夏も終わりか・・・」
としみじみ思ったものです。

しかーし、昨日、今日と暑さがぶりかえしてきましたね。
そうです!
まだ、終わっていないのです!

9月7日の10周年記念イベント&LIVEが待っています。
そこで、もしかしたら、次のNEWSが待っているかもしれない。

楽しみですね。

では、10周年記念月間のはじまり。
今週のおすすめNEWSです。

NEWS 5thアルバム『NEWS』発売中!

8/31(土)
wktkラジオ学園(加藤)
サッカーアース(手越)

9/1(日)
イッテQ(手越)
SORASHIGEBOOK(加藤)

9/3(火)
東京ドーム公演チケット到着日
KちゃんNEWS (小山、加藤)

9/4(水)
every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)
サッカーアース特別編(手越)

9/6(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

9/7(土)
NEWS 10周年記念イベント&LIVE(東京ドーム)

オフィシャルスコアNEWSピアノコレクション発売(¥2310)
POTATO発売
duet発売
WINK UP発売


基本的にJ-Netカレンダーより

大阪城ホールでのコンサートは、夢のように美しく過ぎ去りました。

秩父宮や神戸のようなデラックス感も楽しいけど、アリーナクラスの会場の閉ざされた一体感は特別。両方、味わえるなんて、とても贅沢。
この贅沢さを知ってしまうと、遠征中毒に…。
みなさま、ほどほどになさってね。
と言う私は、次の名古屋へ向かっているところ。


大阪では、2公演入れたのですが、両部とも、アリーナ。しかも、1部と2部の席がほぼ対角線に位置するほど、真逆。
そのため、1部は、「渚のお姉サマー」を、2部は、「Shock Me」などを近くで見れて、埋もれた分を補い合うことができました。

特に嬉しかったのは、「ポコポンペコーリャ」のダンスをオペラグラス無しに、がっつり見れたこと!
その可愛さは、近くで見れば見るほど可愛くて、「大阪まで来てよかった!!」と大満足。

ホール公演ではマーチングバンドコーナーが省略された代わりに、ポコポンの前に楽屋トークのような映像があって、それも面白かったです。
詳しくは、また、改めて。


フロートや花道で、近くにNEWSくんが来てくれるのも嬉しいのですが、たいていは、後ろ姿を拝むことになったり、気がついてもらえなかったりと、悲しくなるもの。
でも、大阪では、1度だけ、まっすーが確かにこっちを見てくれた!!という一瞬がありました。
目が合うなんて、いつぶりだろう…。


といろいろな思い出ができて楽しかった分、気がついたら、全て終わってて、時の流れの早さに驚くばかり。


明日は、名古屋公演。
終わってしまう寂しさは忘れて、純粋に楽しめたらいいな。
昨日は、9月7日の東京ドーム公演の当落発表でした。
メールが来るの、早くて夕方かなぁ、と思っていましたが、届いたのは、20時少し前。
実は、まだ体調がいまいちで、若干ふわふわする頭で、そのメールを開くと…

当選!!

よかったぁ。


今回は、正真正銘、自分名義で申し込み、しかも、他の名義は使わない単願申し込みだったので、責任重大。

なので、当選できた喜び、ここ最近で一番大きかったかも。

おかげで、体調もずいぶん回復してきました!

ドームといっても、1日だけの公演なので、意外と落選も多かった様子。
だぶったり、全滅だったり、様々な当落結果だったようですね。

行きたい人が皆、気持ちよく7日を迎えられるように、チケットのやりとりも、うまくいきますように。
アリーナ公演が始まりましたね!
ところが私は、ここへ来て、野外コンの疲れがでたのか、床に伏しております。
夏の風邪って、どこまでが熱の熱さで、どこまでが気温の暑さなのかわからず、室温調整がむずかしい。
そんな状況なので、レポも全然追えておらず、ネタバレ回避状態。
まぁ、情報から離れた生活というのも、たまには新鮮ですけどね。

さて、今週のNEWS!
忘れていけないのは、少クラプレミアム。
お早めに録画の予約を!!

NEWS 5thアルバム『NEWS』発売中!

8/18(日)
イッテQ
SORASHIGE BOOK

8/19(月)
every.(小山)

8/20(火)
KちゃんNEWS (小山、増田)

8/20(火)-21(水)
NEWS LIVE TOUR 2013(福岡)

8/21(水)
少年倶楽部プレミアム*金曜日に再放送あり
テゴマスのらじお(テゴマス)

8/23(金)-8/24(土)
NEWS LIVE TOUR 2013(大阪)

8/23(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

8/26(月)-8/27(火)
NEWS LIVE TOUR 2013(名古屋)

基本的にJ-Netカレンダーより
昨夜のKちゃんNEWSで、9月7日の東京ドーム公演について、語られました。
それによりますと・・・

小山:今、まわっているコンサートをベースにやり、それに何か結成日的なことができたらいいなと思っていますが・・・

増田:一応、コンサートベースでいいんでしょ。

(中略)

増田:このコンサートも、9月に向けて作っていたみたいなところもあるじゃない。


ということで、希望通り、コンサートメインの10th記念となるようです。

つまり・・・オーラスが名古屋ではなくなった

土曜日の大阪公演も行きたいし、オーラスも外せないから名古屋も行く!!って決めた私は、その週、仕事からコンサートへ、コンサートから仕事へと、大変な過密スケジュールを強行するのですが、あれっ?そこまでしなくてもよかった???的な。

アリーナ公演とドーム公演は、楽しみ方が違うので、いいんですけどね。

で、おそらく、映像撮りも、東京ドームだと思います。
(神戸公演のときに、そんなようなこと匂わせていました)


さて、その東京ドーム公演限定のツアーグッズが発売されるそうです。

special voice clock ¥3000


並ぶのか・・・。
もう1回、あの長蛇の列に??

神戸から帰り道に、「Rolling Stone日本版」を買いました!
去年もチャンカパーナ発売頃に、載りましたよね。
その時の写真がセンスよかったので、今回も、期待して、ページをめくると、早くも秋の気配が漂う質感の4人がそれぞれ1ページずつ、誌面を飾っていました。

特に小山さん。
ポージングが今までにない感じで、とってもいい!
(最近、腕をあげるポーズが多いけど、今回は違う)
アマゾン焼けの腕に飾られたシックなアクセサリーも素敵。

手越さんは、耳を出している感じが好きだな。
金色の髪が美しく見えます。

シゲは、髪をタイトにしてますね。
私的には、ふわっとさせてほしかったけど、じっと見つめる目力に惹きつけられる。

そして、増田さーん!
増田さんの魅力ポイントが凝縮されてる。
このshotをセレクトした編集者さんのセンスが素晴らしすぎる。
瞬時にして、増田さんの魅力にお気づきになったのか??

袖をあげているポーズ。
さりげないのに、緻密な計算が隠されている感じもする。
締まった腕、張り巡らされた血管。。。

だけど、表情はいたってナチュラル。



こうした雑誌に、どうして、NEWSくんが登場させてもらえるのか不思議ですが、また1年後、期待しています!
いよいよ、NEWSのコンサートツアーもアリーナホールverが開幕します!
私は、札幌・仙台・福岡は、お留守番。
行かれる方、楽しんで来てくださいね!!

一方、10th東京ドームの申し込みがはじまりそうです。

では、今週のにゅーす!

NEWS 5thアルバム『NEWS』発売中!

8/10(土)
Rolling Stone日本版

8/12(月)
TVぴあ
QLAP!
Songs

8/13(火)
KちゃんNEWS (小山、増田)

8/14(水)
every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

8/15(木)
NEWS LIVE TOUR 2013(札幌)

8/16(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

8/17(土)-18(日)
NEWS LIVE TOUR 2013(仙台)


基本的にJ-Netカレンダーより

神戸でのコンサートの様子をセトリも含めて、メモします。
これから、コンサートをはじめてみる方は、読まない方がよいかと思います。
(まっすー中心、且つ、メモ書き程度ですので、その点、ご了承ください)

Continue reading
神戸から帰ってきました!
まさに、熱帯夜。
熱い、暑い、真夏の祭りに、身も心も捧げた感じ。
終わったあとの、疲労困憊さ、秩父宮を超えたかも。

客席にいる私がこんなにバテているんだから、ステージにいるNEWSやジュニア、スタッフさん達の消費エネルギー、MAXを振り切っていたと思う。
まっすーなんて、全速力で花道を駆け抜けていったけど、あのあと大丈夫だったのかな?

でも、この疲労感さえ、心地よく思えるほど、楽しいコンサートでした。


まず、ステージ、セット。
わたしは、三塁側2階の後方スタンドで、外野に近いところで、良席とはいえない場所でしたが、それでも、センターステージは、秩父宮で観たときより、近い印象。
球場という形から、スタンド席でも、センターステージを真正面に感じることができたからだと思います。
それに、外野側に、メインステージ的な場所があったので、斜めからだけど、わりと近くで観れました。

2階席だと、ファンサタイムが若干、サミシイけど、会場全体を見渡せて、アリーナから流れてくるパワーを感じることができます。
あと、三塁側のよかったことは、紅く燃ゆる太陽を眺められたこと!
アフリカの大地に沈んでいくような熱いエネルギーを湛えた太陽と、華麗に舞うNEWSのコラボレーション、すごかった!!

さらに、最後の最後の、花火のプレゼント!
恋祭りのときも、たくさん、花火が上がっていましたが、コンサートの終わりで、再び、打ち上げ花火!
神戸限定の大花火の数々は、私の席の真後ろから上がったので、ステージに背を向けて、花火を見たのですが、目の前で大きく華咲く花火の迫力!

夏の思い出をたくさんもらえました


このあと、少しですが、細かいことを書いてみようと思います。



秩父宮でのコンサートで、発表になっていたものの、一体、9月の何日??なのと、詳細が先送りになっていましたが、神戸公演で、発表になりました。

2013年9月7日(土)18:00開演
会場:東京ドーム


申し込みの詳細は、8/12以降、メール配信(または、ジャニーズネット会員専用ページ)されるそうです。

会場のモニターに、その日時が映った時は、「イベント&LIVE」と書いてあったように思います。

また、この夏のツアーの映像撮りも東京ドームで行うことを匂わせていたので、コンサート色の強いイベントなのではないかと想像しています。

映像撮りのことを考えると、イベント的要素よりも、できれば、今のセトリ・演出をそのまま東京ドームでやってほしいな。

東京ドームなので、申し込みも慎重にしなくては!






今日は、神戸公演です!
今年のツアーの野外公演としてはラストになりますね。
秩父宮とどんな点が違うんだろう。
会場の広さも体感していないので、想像が追い付きません。

でも、すでに、私の頭では打ち上げ花火がバンバンあがってます!
タオルをぐるぐる回す「恋祭り」がはじまってます!


秩父宮の時と同じく、今日も午前中は仕事をします。
17時半のオープニングに間に合うか、結構、スリルあるスケジュールですが、無事に辿り着くよう、落ち着いて行動しなくては。。。

では、神戸に集まる皆さん、一緒に同じ空間を楽しみましょーね!
好きなアイスはバニラです♪


今度のMASTER HITSには、MADEのアキヤマ君とイナバ君がゲスト出演するとか!

後輩をゲストにって、非常に珍しいパティーン♪

どんな口調でトークするのか、とっても楽しみ。


Remedyのダンスについて、いろいろ話してくれないかな?
「他者を思いやる」

ほんと、難しい。

みんな、それぞれだし。

人の嫌な部分ばかり気になって、苛立って、そんなことで、エネルギーがかなり消耗されている気がする。

思いやりの心は、逆にエネルギーをつくりだせるのに。


シゲアキ先生のセンチメンタルが感染しました。。。


ふと、思うのは、何とかしなきゃいけないのに、何もできない自分の弱さ。


シゲ!
神戸に行くから、シゲがおじいちゃんや、おばあちゃんから感じた強さと逞しさをわけてくださいね。


まー、ほんと何があったわけではないんですけど…
昨日、会社で受けたとある講演会の内容に、気持ちが疲れちゃったんです。
ちょっとしたことなんですけど、自分のダメな部分を指摘されたように感じて。

帰り道、NEWSの曲さえ、聴くのが面倒になったんですけど、どんどん落ちていく気持ちを支えようと、アルバム「NEWS」を聴きはじめました。

そして、早くも「WORLD QUEST」で、しっかりしろーって背中をぽんと叩かれた気がしました。
同時に、車窓から見える夕暮れの空が目に入って、その刻々と変わっていく雲の形に慰められました。


NEWSがわたしの人生をどうのこうのしてくれるわけではないけど、気持ちのスイッチを切り替えてくれる。
それだけでも、すごいパワーだな、と単純な私は思うわけです。


家に帰ったら、友達から、DVDが届いてて、にやにやしながら、まっすーとシゲの関西巡業を見せて頂きました♪


以上、シゲアキ先生のRINGとリンクさせた本日の記事でした。
NEWSのコンサートグッズがかわいいと巷で評判とか。

アルバムのジャケットとも連動していて、とにかくロゴがキュート。

でも、デザインがシンプルなので、こどもっぽくもない。

改めて、いくつか、ご紹介します。


まず、ペンライト!
立体の四角、ハート、三角、マルが中に入っているのー。

20130803T
(1500円)

ヘアクリップ(四色)
20130803a
(1000円)

オリジナルモバイルステッカー
20130803b
(800円)

NEWSケース(7.5cmX5cmぐらい)

20130803N
(500円)

そして、スポーツタオル
20130803c
(2000円)
写真、逆さまになってますが、あとで修正します。

タオルは、「恋祭り」の必須アイテムですが、私は、こんなかわいいタオルを振り回すことはできず、WORLD QUESTのタオルを持参しています。

今回は、いろいろ買いすぎちゃいました。

パンフレット 2000円
うちわ(ますだ)500円
クリアファイル(ますだ)500円
トートバッグ 1800円
Tシャツ 2800円
スポーツタオル 2000円X2枚
オリジナルモバイルステッカー 800円X2枚
NEWSケース 500円
ヘアクリップ 1000円
ペンライト 1500円
フォトセット(混合・ますだ)600円X2種

合計を計算しておくのはやめます。
こういうのまさに、大人買い。。。

でも、もう1枚ぐらいTシャツ欲しいでしょ・・・
クリアファイルも混合の欲しいでしょ・・・
パンフレットは、スキャン用に欲しいしな・・・


だめだめだめー。

あ、タンブラーって使いやすいのかな?(笑)
どうも、秩父宮に魂を忘れてきたらしい。
この一週間のこと、よく覚えていない。

そんな亡霊が私だけじゃなく、3万も集まって、夜な夜な、秩父宮でコンサートに興じていたら・・・

キャーっ

そんな世にも奇妙な物語、あるかもしれません。


ということで、あれから、1週間経ってしまいました。
今週末の方が安定した天気なんですけど・・・。

やっぱり、「Beautiful Rain」の仕業?
まっすーが、3日目、言ってました。
「やっぱさ、Beautiful Rain飛ばさない?」
晴れ男が言うのですから、なにか不穏な気配を感じたのでしょう。
それから、マス・シゲ・テゴで審議会を開いて・・・。
結局は、面白いことすれば歌わせてあげる的な流れになって、いつもの、むちゃ振り大会になりました。

慶ちゃん、
せめて、タイトルを変えてくれませんかね?(笑)

では、今週のNEWS!
いよいよ、ほっともっとフィールド神戸でのコンサート!


NEWS 5thアルバム『NEWS』発売中!

8/3(土)
wktkラジオ学園 (加藤)

8/4(日)
イッテQ(手越)
SORASHIGE BOOK(加藤)

8/6(火)
KちゃんNEWS (小山、手越)

8/7(水)
every.(小山)
MUSIC COASTER(増田、加藤)
テゴマスのらじお(テゴマス)

8/9(金)
NEWS LIVE TOUR 2013(神戸)
オリスタ(NEWSライブレポが載るらしい)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)


*基本的にJ-Netカレンダーより

セトリが判っても、セトリ順のプレイリストを作るマメさは無く、アルバムNEWSを2巡したら、次は、マスソロ曲「Remedy」を10連続、20連続…聴いて、compassに戻るっていうような偏った聴き方をしてます。

聴きながら、うとうとしていることもあるし、メールしたり、記事を書いてたりもするので、じっくり聴きこんでいる訳ではないけど、Remedyのエレクトリックな歌声が心地いいんです。

本来は、まっすーの素直な歌声が好きなので、NEWSは、声にエフェクトかけないで!って強く思っているのですが、まっすーの声はエフェクトかけても、個性的なところが残って、また違った魅力を感じられる。もちろん、絶妙なエフェクトの匙加減のおかげなのでしょうけど、機械的な味付けをしても、耳に馴染むまろやかさが、まっすーの声にはある!
なんだ?この不思議な感覚は。

さて、この「Remedy」、コンサートでは、ソロ一番手。しかも、MCよりも前に披露されました。
初日は、「もう、まっすーのソロ?」と驚き、心の準備を急いで整えたものです。

カラフルなボールが詰まったダウン風ジャケットを脱ぎ捨てて、わきがぱっくり開いた大胆カットの、大きめノースリーブ姿になって、ひとりセンターステージへ。
鍛えられた腕を堂々と露出させ、攻めのオーラ、ビンビン。

ブレずに、ダンス曲をやりたい、という意気込みの通り、バックを従えての技ありしなやかダンス。
しかも、途中、物語性のある動きを加え、曲の世界観をさらに掘り下げていました。
それは、客席の目をステージ場の一点に集中させるほどのエネルギーを放っていて、心臓がどくりと響くのを感じました。

言葉にすると安っぽくなってしまうけど、実に艶っぽい。
演劇の経験も生かしてて、増田貴久が凝縮されている。

こういうの見せられちゃうと、まっすーソロコンサートの欲がふつふつと沸いてしまう。
20代のうちに、実現しないかな。


秩父宮の席は、東スタンド、西スタンドの両サイド経験を経験できたんですけど、あと30メートル接近したところから見たら、もっと違うものも見えたのかな?
増田さんとの距離は、なかなか縮まらないな

Remedy、当分、エンドレスリピートしそうです。
「FNSうたの夏まつり」にテゴマスが出演し、コラボで2曲披露しました。
1曲目は、スタート間もなくに登場。
私は、6:55の開始直前に帰宅できたので、スタートから、リアルタイムで見ました。

◆「冬の稲妻」アリスxテゴマス
なぜか、今回、リハ風景だったり、コメントだったり、当日の番組宣伝用に、アリスxテゴマスが選ばれました。
それって、今までにない好待遇。
大御所とのコラボというのは、こういうところでおこぼれに預かるのですね。
よしよし!
(しかーし、この好待遇のおかげで、ひょっとして出番が多いんじゃないかと、過度の期待をしてしまったことも事実。。。)

コラボに関しては、とてもイイ出来映えだったのではないでしょうか。
アリスのステージにテゴマスが加わることで、爽やかさとか、キラキラ感を足すのがタスクだったように思います。
いろんなタイプのコラボがありましたが、個性がぶつかりあうだけで、しっくりこないものも多く感じた中、テゴマスの場合、多少、おとなしめだったかもしれないけど、おじさま方の声に寄り添い、敬意を表している雰囲気が感じ取れました。
「AH」というこの曲の見せ場のセクシーボイスをテゴマスに交互に割り当ててくれた大御所の大きな器にも感謝です。
こういう、歴史ある名曲は、あまり手を加えず、オリジナルを大事にした方がいいと思うので、驚きは少なかったけど、その無難さに安心しました。
いやー、でも、おじさま方の年季の入った濃さ、テゴマスの爽やかさで調和しようとしても、消せない何かがありますね。
テゴマスも、30年たったら、あの濃さがでちゃうのかしら。


◆「恋する季節」ナオト・インティライミxテゴマス

番組冒頭で登場したテゴマスに、次の出番があるのかないのか、やきもきし、ついには「テゴマス、出せー」というシュプレヒコールが大きくなるなか、やっとのことで、登場。
原曲をサビぐらいしか知らないのと、待ちくたびれたせいか、よく覚えてなかったりもするのですが、「ナオト・インティライミxテゴマス」という設定だけで、おしゃれ感が漂っていたように思います。
テゴさんとナオトさんのナチュラルなハーモニーは、プライベートでの仲の良さがあってこそなのかな、と思いました。
(増田さんも入れてくれて、ありがとーって感じです)

コンサート関連で忙しかった中、披露したことのない新曲(テゴマスにとっての)の準備もあったなんて、ほんとハードだっただろうな。


◆その他
番組のスタイルとして、生演奏、コラボにこだわっているところは、職人気質な感じがして、いいと思うのですが、なんか口を挟みたくなるような場面もちらほら。
でも、それらも含めて、「まつり」なんでしょうね。
欲を言えば、テゴマスにオリジナル曲を歌う機会と、もう1曲、テゴマスメインなコラボを披露する機会を与えて欲しかった。
他のグループのことを云々言うつもりはありません。
でも、なぜ、「猫中毒」を歌わせてくれないの?
あの豪華な生演奏で、歌うチャンスがあったなら・・・。

テゴマス、がんばれ!
いつか、オリジナル曲を歌わせてもらえるように!
いいところまでは、来ていると思うの。
出演できただけでも、奇跡的なことだということは諸事情から推察できますが・・・。

がんばれって言っても、悪目立ちしないように。
実績を積み重ね、じわじわと存在感を出して、テゴマス独特の柔軟さで、ぬるっと、好ポジションをgetしてほしいと思います。

何はともあれ、お疲れ様でした。