Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

定番曲もアレンジを変えただけで、また一味ちがった趣になる。
テゴマスコンでも、アイアイ傘をボサノバ風に変化させたことがあったけれど、今回、「2人/130000000の奇跡」と「SUMMER TIME」がお色直しをして披露されました。

「2人/130000000の奇跡」
イントロだけでは、この曲が歌われるとは思いませんでした。
小山さんのソロが終わって、ステージが一旦、静まったあと、

消えかけた傷をかきむしる
愛に形とかあるのかな・・・

アカペラに近いような雰囲気で、ゆったりと増田さんの声が会場に染みわたるように響きます。
どこにいるのか探したら、センターステージに。

この曲は、LIVE LIVE LIVEでのイメージが強い。
アンコールで、最後の瞬間を惜しみながら、でも、かわいらしく、笑顔で、ファンへのメッセージソングとして披露していたあの景色を思い出す。

でも、今回は、違う。
ラブソングだった。
とても、繊細な。

秩父宮の2日目の公演は、奇しくも、終盤の曲となってしまった。
その時は、もちろん、もうすぐ終わるなんて、思ってもみなかったけど、後になって、

なのにこんなにも簡単なの
ずっと一緒にいようねって君は笑ってた

の部分がよみがえってきて、「神様の悪戯」でも「神様のきまぐれ」にしても、切なすぎるな、と思ったものです。

続いて、歌われたのが「SUMMER TIME」
この曲は、以前、特典DVDに収録されたことがるアンプラグドver.の雰囲気でした。
オリジナルは、はっちゃけた感のある夏ソングだけど、一枚、ジャケットを羽織ったようなおしゃれさをプラス。

せりあがったセンターステージに腰かけて、高台から海を見下ろすようなシチュエーションにも見えました。
微笑みを浮かべながら、清々しい夏を歌う姿が素敵でした。

Unplugged LiveのDVDをまた作ってほしいな。

(2日目は、このあたりから、雨が激しさを増して、4人は、せりあがったステージにあおむけに倒れこんで、雨を全身で受けていたけど、大丈夫だったのかな?スタンドからは、雨に視界を阻まれて、ステージがだんだん見えづらくなって、そのうち、4人は、消えてしまうんじゃないかと思っていました)





スポンサーサイト
増田さんがセトリは載せないでって、どこかで仰っていたので、セトリを載せるのは、もう少し後にしようかな。
でも、少しずつ、ネタバレありの感想を順不同に書いていきますので、ネタバレ回避中の方は、ご注意くださいね。





「ポコポンペコーリャ」
私の中で、コンサートでの披露を楽しみにしていた曲ベスト5のひとつ「ポコポンペコーリャ」!

どんな衣装で、どんなダンスで、ぱぴぷぺぽ♪って歌うのか、わくわくしてました。
そして、その時は、まさかという曲順でやってきて、驚きました。

衣装は、もちろん増田プロデュース。
ノースリーブのダウンジャケットスタイルだけど、ダウンの代わりに、カラフルなボールとかがいろいろ詰まっているみたい。
あとは、柄に柄を合わせるポップな着こなし。

はじまりは、センターで、高さのあるステージ。
4人外向きの輪になって、踊り始めました。

ほんとかわいい
こんなかわいいダンス、素敵!素敵!
時計の秒針のような腕の動きだったり、
手でパクパクしながら、キュッキュッステップ踏んだり・・・

途中で、電車ごっこみたいに列になって、フロートに乗って、スタンド側のステージに移動するときも、いちいちかわいい。

ジュニア君たちも、NEWSロゴの被り物をしたりして、華を添えてる。

そんななか、まっすーの大サビ!!

ポーコポンペコーリャー・・・・

耳を澄ませて、注目です!!

なのにxxxxx

初日は、大事なところで、マイクをちびジュニアに向けて、せっかくの聴きどころが聴けずSHOCK ME.

2日目は、マイクを他人に向けることはなかったけど、「プペポプペポププ・・・」を図太い声で歌っちゃって、まぁ、面白いんだけど、まずは、かわいい声を聴きたかったと、プチSHOCK ME。

そして、奇跡の3日目は・・・

最後まで、かわいい声で歌ってくれました!!

やっぱ、これがいちばんいいわぁ。

3日目になって、多少、気持ちにゆとりができて、他の3人の様子もチラチラ見たんですけど、みんな、かわいいの。

やっぱり、TVでも歌ってほしい。
一応、シングルなんだし!

いつか、願いがかないますように。


秩父宮振替公演、無事にラストの曲まで、終了しました。

途中、降りだした雨も、前日ほどではなく、NEWS4人のファンを守る気持ちが空に通じたのか、だんだん弱まっていき、いつのまにか止んでいました。


去年のコンサートを超えるものは、この先、もうないんだろうな、と漠然と思っていましたが、そんなことはないんですね。
NEWSが続いていく限り、歴史は塗り替えられて、特別な思い出が増えていくのだと、思い直しました。

いつまでたっても、心配ごとがつきまとうNEWSだけど、NEWSが紡ぎだすストーリーの魅力は、他ではなかなか味わえません。

当たり前に思っていたことが、そうじゃなくなる時もある。
だから、今というチャンスを大事にすること。
ときに、諦める勇気も必要で、スタートラインを確かめて、改めてスタートをきることの大切さ。

ひとつひとつ、学んでいきますね。


雨のお見送りのあと、仲良く入った小さな湯船のお話し、ほのぼのしてて、良かったな。

笑顔で話す4人を見ているだけで幸せを感じます。


振替公演に参加したファン、参加をあきらめたファン、そして、やきもきし続けた全国のファン。
みんなの想いを受け取り、ステージに立った4人の姿は、凛々しかったです。

「今ここにあるファンタスティックな愛、みえるだろー?」

小山さんに阻まれても、すかさず、ファンタスティックを叫ぶ増田さんが愛しすぎました♪

野外公演は、屋内公演にはない解放感があって、楽しいけれど、天候に左右されることをもっと現実的に受け止めて、ある程度の覚悟を持って、臨んだ方がいいですね。

次は、神戸での野外公演ですが、わたしも遠征の身となります。
何があっても、冷静に対応できるように心の準備はしていこうと思います!

でも、思いっきり、楽しむよー!!
秩父宮公演、無事に2Days・・・いや、3Days、終わりました!
そのことについては、改めて書きたいと思っていますが、無事に終わったこと、心の底から、ほっとしています。
スタッフの皆さんのご苦労は、並大抵のものではなかったと思います。
NEWSはもちろん、関わったスタッフのみなさんに、お礼を言いたいです。
楽しいひとときをありがとうございました!

さて、いつもなら、腑抜けになるところですが、今週は、テゴマスのTV出演があります!!
NEWSモードから、テゴマスモードへの切り替えは、少し違和感あるかもしれないけれど、これからは、どんどん、平行した活動をして、その違和感が消えて行けばいいなぁ、と思います。

では、今週のNEWS!

NEWS 5thアルバム『NEWS』発売中!

7/29-8/1 21:25-21:30
BRAND NEW HOT SHOW(bayFM)(増田)

7/30(火)
KちゃんNEWS (小山、手越?)

7/31(水)
TVぴあ
every.(小山)
うたの夏まつり(テゴマス)
テゴマスのらじお(テゴマス)

8/1(木)
ハピくるっ!(関西テレビ・加藤・増田)

8/2(金)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

7/27(土)
wktkラジオ学園 (加藤)


*基本的にJ-Netカレンダーより

途中までは、ちょうどいい晴れ具合で、ひこうき雲なんかもでたりして、やさしい夏の空でした。
それが、途中から、急に風が強まって、遠くで、雷が光ったりして…。

席で開演を待っているときも、すこーしパラっと来たので、そのときに、雨具を一度、装備したのが幸いして、本番に、ポタッと雨粒を感じたときには素早く、ポンチョと帽子をかぶり、不要なものは、しまって、ビニールかけも万全にしました。

なので、私自身や一緒にいたお友達は、そんなにずぶ濡れになることもなかったです。

ほんとうに、準備の大切さ、万が一に備えることの大切さを実感しました。


わたしが持っていて良かったもの、今後の持ち物リストに加えるのは、

・大きなビニール袋(バックをいれる)
・つばのある帽子
・被るだけでいいレイン用のポンチョ
・レインパンツも履けば完璧
・タオル
・ペンラに被せるビニール袋(ZIPロック)
・晴雨兼用折り畳み傘
・熱中症予防に冷えピタ
・もちろん、水!
・羽織るもの
・虫除け
・日焼けどめ


どんなに晴れていても、天候は急変することを経験したので、今日も、開演前には、雨具をいつでも取り出せるようにしたいと思います。


今日に振り替えになったことで、泣く泣く諦めているお友達が何人もいます。
そのお友達の分まで…なんて、そんな風には、おこがましくて思えない。
ただただ、次にNEWSに会えた時に、たくさんの愛を受け取ってほしいと願うばかりです。


いつもコンサートでは、このまま、終わらなければいいのに…って願っていましたが、無事にエンディングをむかえられることが、どんなに幸せなことか、知りました。

今日の公演は、どうか、最後まで、辿り着きますように。
NEWS LIVE TOUR 2013
秩父宮ラグビー場での初日公演に行ってきました!

いやぁ、すっごいハードで、最高にHAPPYな一日となりました。

噂のグッズ並びは、ほんとうに大変でした。
私は、お昼まで働いて、13時ごろに現地に到着しましたが、その時、すでに長蛇の列。
ゴールが見えない列でした。
国立競技場の屋根付きの部分に入れるまで30分、お日様の下だったかな。
その後、屋根付きの部分に入って・・・
待って
待って
待って・・・。
もっと早くあきらめればよかったんですけど、せっかく今まで並んだのに・・・という気持ちが邪魔をして並び続けました。だけど、16時を回ったころ、このまま並び続けても買えるかわからないし、コンサートに駆け込むのは嫌だと思って、友達と3人で意思を確認し、リタイアという英断に踏み切りました。
結果的には、それが正解で、開演1時間前には、席について、ゆっくりお話ししながら、これからはじまるファンタジックな時間に想いを馳せることができました。

秩父宮のゲート
20130726c

ゲートをくぐった先のオブジェ。
ひとり1枚だけ、写真OKでした。
20130726a


コンサートのことを一言で振り返るならば、ファンタジックな夏祭り!
驚き、感動、笑い、熱狂、うっとり・・・こころをフルに楽しませた感じ。

まっすーの髪は、照明にもよるけど、濃いめの赤だったし、
慶ちゃんも、アイドル仕様に明るめの茶色にしてたし、
シゲは、なぜかパンツ姿になっちゃうし
テゴっさんは、ポーポーうるさいし(笑)

4人、最高に素敵でした。
4人を応援してきたこの道、間違っていなかったと強く思いました。

また、NEWSのファンもとっても素敵なの。
グッズ並びのときに、近くだった姉妹と女子二人組ともいろいろ話したし、
コンサートでたまたま隣の席になった美人なマス担さんとも、なぜかすっごい盛り上がって、楽しかったな。
NEWSファンというだけで、もう前からの友達のような関係になれるって、いいですね。


今夜も、秩父宮です。
楽しんできます!


さて、問題のグッズ。
こちらをGetしました。
どれもかわいいでしょー

20130726b

会場(グッズ売り場)では、アルバム『NEWS』の通常盤のみ購入できます。
写真の真ん中ぐらいにあるのが、購入特典のビニール製のポーチ(ケース?)です。
NEWS LIVE TOUR 2013
いよいよ、今日、秩父宮ラグビー場で開幕します!

J-webで、グッズの説明がアップされたりして、コンサートモードが一気に高まっていますね。


わたしは、午前中だけ働いて、お昼過ぎから、グッズ並びに加わります。


東京から、東西南北、世界へ発信するNEWS。
COMPASSが指し示す方角にきっと楽しいことが待っている!

では、行ってきます(まずは、仕事にww)
1年ぶりに、an・anに、NEWSくんが登場!
もちろん、朝一番にコンビニへ駆け込みました!

そしたら、レモンを手にしたザ・テレビジョンの表紙も目に入り、二冊まとめて、レジへ。

an・anの写真、昨年よりも更に魅力的。

特に、青磁色の柔らかな風合いのニットをお召しになった増田さんの美しさたるや…。
もう、増田さんは、完成しきってしまわれたのかしら。それとも、まだまだ、その魅力は増していくの??
と、朝から、うっとり。

一方、テレビジョンのチャラいキャッチコピー企画、面白い。
メンバー同士でつけあったコピー、なかなかのセンス!!

小山
シナリオ通りに進行するのは昼間だけだぜぇ。by 加藤

加藤
俺とおまえの物語、いつになったら書かせてくれるんだよ?
by 小山

手越
ドクロ、ヒョウ柄、迷彩…、
勝負は全部勝つ!
by 増田


なかでも、テゴさんが付けた増田さんのキャッチコピーには、キレがあります(笑)。まっすーを激辛と表現するところ、増担目線?で嬉しいな。

甘口?中辛?いや…
こう見えて激辛だぜ?
by 手越


お写真も、なかなかの出来!
ついつい雑誌、買いすぎちゃいますね。
NEWSのアルバム『NEWS』がオリコン週間チャートで、1位を獲得しました!
おめでとうございます!
これにより、デビューアルバムから、ベストアルバムを含めた6作連続で、1位を獲得したことになり、これは、歴代4組目の快挙になるそうです。
今までのNEWSが残してきた歴史があるからこその栄冠。
今回のアルバムは、過去の楽曲のアップデートを意識したそうですが、記録もアップデートできてよかったですね!

ただ、売上枚数は、10.0万枚。
まだまだ、伸びていかないと、次につながらない可能性も・・・。

今回、店頭での初回盤の品薄さが目立ったようですが、プロモーションも、やや物足りない印象です。
1週前にアルバムを発売した安室さんは、発売前に、毎週のようにアルバム曲のMVを次々公開していました。
そのインパクトって、かなりすごい。
大して、音楽番組には出演していないと思うのに、初週で、確か20万超えてたかと・・・。

NEWSも特典DVDをつけてくれて、それはそれで嬉しかったのですが、私としては、MVを何曲もつけてくれる方が魅力的な感じがします。
予算と時間のかけ方も違うだろうけど。

CDだけじゃ、財布の紐はなかなか緩まない。
特典DVDをどれだけ工夫するかが、大事ですよね。

チャンカパーナ以来、たいていのタイトルには、驚かなくなりましたが、「べサメ・ムーチョ」には、正直、戸惑いました。
このタイトルの響き、ねっとり暑苦しい・・・。
でも、IZANAIのオマージュでもあると聞いて、楽しみしてました。
歌割もIZANAIと同じということは、増田さんのパート、期待大!!

で、聴いてみると、王道の歌謡曲。
にゃるほど。
懐かしい香りがします。
しかし、こういう曲って、聴きこむほど、クセになるところありますよね。
カラオケで歌うと気持ちいい感じ。

最初の小山さんのパート、こやまぴーの「銀座ラプソディ」を思い出しました。
チャラかった小山さん、なつかしいな。
(隠れた名盤ですが、もう披露されることはないんでしょうね)

2番手は、手越さん。さすがの歌いこなし。
歌の世界観をぐっと深めていますね。

この曲も、バッチリダンス曲ですよね、きっと。
増田さんのパートが、大サビなので、下手すると最後までステージにでてこないパティーンが成立してしまいますが、そんなのやだー!
ラテンなダンスをしなやかに踊る増田さんをフル出場でお願いします!!

さて、2番のシゲパート。
シゲの声質に合ってて、セクスィな男像が浮かび上がってきますね。
PVを作るとしたら、主人公は、シゲで!

いよいよ、大サビ。増田さんの登場。
ここは、シゲがRINGで解説したことをそのまま引用したいところですが、私の言葉に置き換えるとしたら、まっすーの声は、歌謡曲が醸し出す少し嘘っぽい雰囲気を消し去って、そこに真実の愛を感じさせてくれるような響きと張りがあるように思います。

「夜が明ける WOW WOW WOW」
夜の闇さえ、姿を消してしまいそうな力を持ったストレートな声の伸び、魅力的です。


ひとりひとりのソロパートが長めなので、魅せ方にこだわった演出が期待できますね。

アットランダムに、アルバム曲について書いてます。

『恋祭り』

まさに、夏の野外ライブ向きの曲ですね。
ザ・日本の夏、キンチョ―の夏という雰囲気が全面にでてますが、よく聴いていると
中国の宮廷のような音だったり、「オーレイっ」という掛け声がはいっていたり、
エレクトリカルな音だったり、わりと、ワールドワイド??

私的に一番ツボなのは、

灼熱 熱帯夜 弾ける サイダー
限界 全開 抱きしめたーい
のあとの、「おーーーー!」とクレッシェンドしていくところ!
この「おーーーー!」で盛り上げたいな♪
低い声で、下から突き上げるように「おーーーーー!」

勢い重視で、お遊び的な要素も強いので、メンバーがどんな表情で、どんな仕草で歌うのか、注目ですね。
きっと、増田さんは、何かしら仕掛けてきますよ(笑)

男らしさを存分に魅せてほしいですね。

アルバム、今回はできるだけ、歌詞を見ながら聞きこむようにしています。
発売から約1週間後がコンサートですからね。
軽くでも口ずさめるようになっておきたいと思って。

3曲目の『4+FAN』(フォーファン)は、NEWSと観客とのかけあいが楽しそう。
ここ、しっかり、体に染み込ませていきたい。

(略)
少ない(N)
可能性信じて(E)
あの日一瞬に賭けたんだ(W)
迷わない
君がいたから(S)
(ここのN,E,W,Sがコンサートで掛け声として成立するのかは、わからないですけど)


(略)
行くぞ!
縦横無人で最高にHigh(ヘイ!)
一心不乱に後悔は無い(ヘイ!)
Say wow wow(wow wow)
どんな明日も君次第
もういっちょ!

そうさ俄然最強でハイパーじゃない?(ヘイ!)
願いのむこうへ飛ばして(ヘイ!)
Say wow wow(wow wow)
せーので手を鳴らせ!
FAN GOTTA LOVE 4

*手を鳴らせっていうぐらいだから、ここは、リズムに合わせて手を叩くとかっこよさそう。
祝杯の手拍子ですね。

歌詞の中に「勝ったんだ」と2回でてくるけれど、『勝ったんだ』という気持ちを噛みしめて聴くと、涙腺が危うくなります。
ここでいう”勝った”の相手は、NEWSメンバーにとっては、弱気になりそうだった自分自身だったり、NEWSの存続に否定的だった関係者のことだったりするのかな。

ファンにとっての戦いの相手は、「待っている時間」だったかもしれない。

「FAN GOTTA LOVE 4」

ここは、思いをひとつにして、一緒に歌いたいですね。




いよいよ、7/26からNEWSのコンサートがはじまります!!
同時に、秩父宮のコンサートには行かない人にとっては、ネタバレ回避dayがはじまりますね。
ストレスを感じることもあると思いますが、NEWSに会える日をそれぞれのペースで指折り数えられたらいいですね。

では、今週のNEWS!

NEWS 5thアルバム『NEWS』発売中!

7/20(土)
よみうりテレビ あさパラ!(増田・加藤 VTR出演)
wktkラヂオ学園(加藤)

7/21(日)
SORASHIGEBOOK(加藤)

7/22-25 21:25-21:30
BRAND NEW HOT SHOW(bayFM)(増田)

7/22(月)
HIT STREET(FM大阪)(加藤・増田)

7/23(火)
週間チャート速報
KちゃんNEWS (小山、加藤)

7/24(水)
every.(小山)
1番ソングSHOW(音楽のちからのVTR流れる??)
テゴマスのらじお(テゴマス)
MBSうたぐみsmile&songs(加藤・増田)


7/26(金)
NEWS LIVE TOUR 2013 初日!!
12:00~グッズ販売スタート
18:00~コンサート開演


MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

7/27(土)
念のため、WSチェック

NEWS LIVE TOUR 2013 2日目!!
12:00~グッズ販売スタート
18:00~コンサート開演


wktkラジオ学園 (加藤)


*基本的にJ-Netカレンダーより

今回のアルバムプロモーションに、どういう訳か、ラッピングカーは走っていない様子。
あのトラックを探すのも、発売weeeekの楽しみのひとつなんだけどな・・・。
(秩父宮のコンサートに合わせて、走ってくれたら、いいですね。)

そんななか、銀座の山野楽器さんに市場調査に行ってきました。
正面の入り口を入ってすぐのところに、aikoさん、徳永さん、そして、NEWSくん推しの販売スペースがありました!


そんなに大きくはないけど、テンションアガル!
ちっちゃいNEWSくん達がかわいいの。

飛び出す絵本みたいな、切り抜かれたNEWSくん。
付録についてたら、楽しいのにな。

20130719C


20130719B

あいにく、ここも、初回限定Aは、売り切れ。
補充される雰囲気はなかったです。
この在庫管理、あんまり余っていると心配になるけど、全然ないのも、どうなのー。

いい作品だけに、より多くの人の手に届いてほしいな。
NEWS LIVE TOUR2013
NEWS MAKES YOU HAPPY!
MAKES THE WORLD HAPPIER!

その日が近づくほどに、いろんなNEWSが届きますね。
この記事では、主な出来事をメモしていきます(順次、情報追加中)。
Continue reading
ライブを一週間後に控え、アルバム『NEWS』をガンガン聴いています。
今朝、一番、聞いたのは「Dance in the dark」!!
これは、増田さんのソロ曲ですか?っていうくらい、増田さんの魅力的な声が随所で光っているように思います。(あくまで増担の偏った思い入れですが)
シゲも、先日のRINGで「1曲の中で雰囲気をガラリと変えたり」と書いてくれていて、嬉しいですね。

Persona Ti amo・・・
の部分なんて、ライブでどんな表情して歌うのかイメージするだけで、ぞくぞく。
増田さんのスペイン語を聴く日がくるなんて!
意味としては、Ti amo も、Te quieroも、ざっくりいうとI love youと同じみたい。(知恵袋参照)
Personaは、いくつか意味が出てきたので、どんな意味で使われているのか、聞いてみたいな。

さて、アルバム『NEWS』、発売二日間のオリコン集計は、
57,590枚
20,242枚
で、合計、77,832枚。
発売初週に、まずは、10万超えしてほしいけど、どうかなぁ。

TVプロモーションがどう考えても足りないですよね。

昨日のミヤネ屋なんて、エンディングで2分登場しただけ><
まるで、「あまちゃん」でアキちゃんがドラマデビューしたときのシチュエーションだよー。
今か今かと待っていたのに、出演シーンは、ほんの一瞬。
一応、シゲマスの声は聞けたので、アキちゃんよりは、マシだったけど。
(プロモーションさせてくれただけでも、有難いとは思っていますけどね)

がんばれ、NEWS!


余談ですが、発売日当日は、パンケーキでお祝いしましたよん。
甘すぎないので、お腹にやさしく入っていきました。
20130719a



NEWSのアルバム『NEWS』が発売されました

じっくり聴きこむのはこれからだけど、コンサートに向けて、会いたい気持ちが加速してます!

初回AのDVDも、盛りだくさんな内容。

初回BのソロCD・・・まだ、まっすーのしか聞いてないけど、心臓どくどく高鳴ってます。

今日、GETできる方、お楽しみに!


では、本日は、早々と、しめくくります。
NEWS 5thアルバム『NEWS』

いよいよ、7月17日発売

今日は、フラゲDayなので、早々、チェックできている人も多いですよね!

BayFMの「BRAND NEW HOT SHOT」で増田くんは、アルバムについてこう紹介しています。

◆NEWSの現在・過去そして、未来を描いたアルバム

◆1曲目の「compass」は、僕がプロデュースした曲で、聴いてくれる人の道標になるように、また、聴いてくれるひとのおかげで僕らの道ができたりと、未来への道標を意識した作品

また、「SORASHIGE BOOK」の中で、シゲは、
それぞれの曲が過去の作品へのセルフオマージュになっていることを明かしてくれました。
今までのNEWSの楽曲を今のNEWSでアップデートしたらどうなるかという挑戦が隠れているようです。

これは、面白そう!
コンサートの演出にも、そんなオマージュ的要素が含まれているのかな?

とにかく、アルバムを手にするのが楽しみ!

Johnny's netのトップ画面では、今、NEWSのコメント動画が流れてますので、そちらもチェック!

アルバム発売に向けて、雑誌まつりがはじまっていますね。

『Songs』
表紙&巻頭インタビュー

NEWSの基本イメージカラー白をベースに、メンバーカラーの椅子で誌面にアクセントをつけてます。

衣装も、お部屋セットも、白で統一。
Songsさんの丁寧な仕事が感じられますね。

ソロカットのページは、バックで他の3人が談笑している構図になっているので、「4人の中のひとり」であることがイメージとして伝わってきます。

まっすーソロ曲『Remedy』について
だんだん、どんな曲なのか、情報が増えてきました。
Songsで明らかになったのは、ダンスミュージックであることは勿論、曲の構成。
Bメロ、Aメロ、Bメロ、間奏、ラップ、Aメロ、Bメロ、サビ。
お洒落な曲に仕上がっている予感。
楽しみだなぁ。

その他、1曲ごとの解説も楽しい。
CDが手元に届く前に、それぞれの曲に対しての想像が膨らみます。


『QLAP!』
表紙&巻頭インタビュー

Songsと対照的に、こちらは、ダークなスーツのNEWSくん。
赤いリボンで包むところが、いかにもQLAPの世界観。

メンバーカラーの花束がキレイですね。
5ページの花束を持つ写真は、慶ちゃんがいちばんしっくりくるかな。
増田さんは、愛くるしい笑顔がすてきです。

6-7ページの増田さんは、微笑む表情といい、座り方といい、花の持ち方といい、とってもかっこいい。

お花は、プルマージュという所が担当したそうで、そこのblogによりますと、

増田くんの花束の花材は
・八重ひまわり
・スカビオサ
・スモークツリー
・八重トルコキキョウ

とのこと。
たまたま、昨日、花束を用意する機会があったので、この八重ひまわりをいれた花束を作ってもらいました。

NEWS担同志で花束を贈る機会がもしあったら、この花束と同じに!
なんていう楽しみ方ができそう。

ソロカットのページ。
このボタンをちょっと開けさせたり、リボンを小指に巻かせたり・・・
まぁ、かっこいいといえば、かっこいいのでしょうけど、なんだか編集者の偏った趣味に、わたしはいまいち馴染めません。
でも、オーダー通りにキメているNEWSくんたち、エライわ。

ポラの写真は、自由さがあって、楽しめますね。

インタビューのページや、コメントを読んでいると、やっぱり、まっすーが好きだぁ、としみじみ思います
もちろん、慶ちゃん、シゲ、テゴのコメントからも、コンサートにかける思いが伝わってくるので、もうすぐはじまるコンサートがますます楽しみになってきました。

『TVfan CROSS』

Outdoor撮影で、自然な表情が写っているので、全体的に、気に入ってます。
まっすーが着ているミントグリーンのようなTシャツ、まっすーのお肌の色をさらにキレイにみせてくれているように思います。
私的にNGな写真がひとつもない。
これは、眺めているだけで、ほっこり幸せな気分にさせてくれますねー。
スイカ割り、動画で見せてほしいな。
雑誌も、ぜひDVD付きで販売してください♪

話がそれるけど、巻頭の剛くんのページの雰囲気、好きだな。
こうテイスト、増田くんでもおねがいします!!


さて、いよいよ、アルバム『NEWS』、明日がフラゲDay!
店頭で見かけたら、それは、運命の瞬間ですよ!
いよいよ、秩父宮のチケットが16日に届きます。
(一部、もう届いている人もいるようですが)

QLAP!を読んでいると、今年のステージは、こうなのかなぁ・・・っていうヒントが書かれてますね。
できれば、セットの一部として踏まれそうなアリーナよりは、スタンド前列が理想的かなぁ。

いや、席は、どこだろうが、増田くんの視力2.0のその視線は、わたしにも届くはず!!
(しかーし、こっちの視力は、コンタクトしても、1.0なので、目が合ったかどうかわからない??)

さて、今回、私が行こうとしているのは、

秩父宮
大阪
名古屋

です。仙台は、チケットが見つからない状況が続いています。
探している人も、とても多いので、アピールも控えめにしているのですが、そんななか、

神戸に行くことにしました!!

秩父宮2daysで野外を経験できるので、神戸は体力的にも、スケジュール的にも、PASSする予定だったのですが、メンバーによる「神戸推し」に心が揺れ、かなり無理はしますが、行くことにしました。

来年、自分が遠征できるとも限らないし、行けるときに、行こう!!と思いまして。

夏の思い出がひとつ増えます
遅くなりましたが、12日のMステの感想を簡単に。

なんだかいろいろな意味で緊張しました。
そして、いろんな人の感想を見聞きしてしまったので、どれが自分の純粋な感想なのかよくわからなくなってしまったような。。。そんな状態ですが書きはじめます。

まず、お衣装。
「音楽のちから」と同じく桜柄の和装。
「音楽のちから」は、それでよかったように思うのですが、正直「また?」って思っちゃいました。
キライじゃないんですよ。
でも、違うパターンを見たかったな、と思って。
セットとも、色の感じといい雰囲気といい合っていない感じがしました。

新作衣装をお披露目できないのであれば、美恋のアイツ!!
黒のじゃなくて、あのカラフルな、アイツ!!でもよかったんじゃないかな??
(あれはあれで、反対意見がでそうだけど)
でも、そのくらいのオドロキが欲しかったです。
あと、やっぱり、着物の着こなしがいまいち。
(もう一度、言っておくと、キライではないんですけどね)

次に、お歌。
今回も、小山さん、ソロパートで生歌に挑戦。今回は、落ち着いて、歌えていたので、ひと安心。
すごーく練習したんだろうなというのが、今日、UPされたアルバムサイトのメッセージでもわかります。
歌の練習、がんばっているんですね。
シゲも、「はじめちゃってもいいじゃない?」で、声を聞かせてくれました!

みんな、耳が肥えているので、生歌かそうじゃないかっていうのは、だいたい当てられます。
ハードなダンス曲ならまだ言い訳がつくけど。。。
テゴマスとは違うけれど、NEWSも歌で観客を魅了できるグループになってほしいと思うので、今回のコヤシゲの気合いには、ぐっときました。

まっすーは、安定した歌唱力でしたね。
だからこそ、もうちょっと、歌声を聴きたい。
「OH BABY」でのひとフレーズで甘くさせられちゃったけど、そこだけリピするのマス担ぐらいでしょ(笑)
あとは、いつも以上に笑顔がまぶしかった。
みんなに「いいNEWS」を届けたいっていう気持ちが溢れているように感じました。

テゴさんについては、それぞれの見方によって、「元気無さそう・・・」とか逆に、「笑顔がかわいかった」とか、いろいろな感想を目にしました。
これについてあれこれ言うのは、テゴ担さんにお任せしようかな、と思ってます。
いつも、よーく見てるのは、テゴ担さんなので。


その他。
今回は、まりこサマーの卒業SPということもあり、後半は、SP企画になっていましたが、NEWSの座り位置が、まりこサマー達の真後ろだったので、ずっと、NEWSくんたちも映ってましたね。
いいような、悪いような。
なんか、いつもとは違う緊張感がお歌あとも続きました
視聴率がいい時間帯に、NEWSが映っていることは、いいことだ!
と思うことにしたけれど。


Mステオンエアの2時間前に更新されたメン愛には、

みんなついてきてね

今こそリーダー小山は、

がんばるー

と、書いてありました。

アルバム発売前、コンサートツアー直前の大事な今、改めて、NEWSの結束力が強まっていることを信じたいと思います。

ただ、QLAP!などの記事を読んでいると、テゴさんの方向性にマス担のわたしは、若干、違和感を感じてしまいます。単に考えすぎなんだと思うけれど。
すでに、私も情報社会に操作されてしまったのかな。
だとしたら、ほんとうにコワイ
NEWSの4人を応援していきたいと思っているのに。

会社のお友達とかから、メンバーの嫌な噂とか聞きたくないですよね。
そんな噂、信じちゃうの?
ってことまで、世間は、案外、簡単に信じてしまう。
「強気に見えても、すごーくやさしいんだよ」と
これからも言い続けたいので、どうか危険な香りは、ほどほどに・・・。

ま、大丈夫だよね!
Mステの話から、脱線しましたが、いろいろな心境で、Mステをむかえられた方も多いと思うので、少しだけ、語ってみました。







恒例の原宿駅のJE看板がNEWSに変わったと聞いて、チェックしてきました。
となりの看板が佳乃さんから真央ちゃんに模様替えしたのはいいのですが、赤さが増して、目立つ目立つ。
NEWSの看板は、基本の4色で表現されてますけど、パステル調で柔らかい。

そこで、彩度を調整して、NEWSカラーを濃いめにしてみたのですが、濃くすればするほど、となりの看板に負けるっていうね。

JEさん、次は、一面赤の看板に負けないビビットなデザインで勝負してみませんか?


20130713_HARAJYUKU1.jpg

こちら、かなり、彩度を上げてます。
実際は、もっと柔らかいです。
20130714C


さて、ついでのお知らせですが、久しぶりに、うちわを作りました!
こういう工作、得意ではないので、テキトーです。

20130714a

「エース増田」
いい響きですねぇ。
ご存知の通り、ペケポンでの活躍の際に名づけられた別名。
その後、この呼び名が定着することはありませんでしたが、私は「お気に入り」に保存してます。
「エース」
それはなにも、ガツガツしていけ!ということではありません。
今のままで十分、エースなんです。
そのことに、ご本人様に気が付いてほしい・・・。
その想いで「エース」という称号を書きました。


20130714B

もう1面は、シンプルに「ま」
余白に、もうひとこと付けたしたいな、と思っていて、その言葉を考え中。
主にこちらの面は、テゴマス活動用と考えています。

*うちわでの応援は、持つ位置や高さなど、ルールを守って行いマス!
いよいよ、アルバム『NEWS』の発売日がやってきます!
初回盤は、予約していないと入手困難と予想されます。
店頭で見つけたら、迷わず、Get

そんな今週は、ラジオコメントだったり、シゲマスの関西巡業だったり、ローカル色が濃いPR活動が多いので、全部はチェックできそうにないけど、自分にできることで、発売weeeekを盛り上げていきたいと思います。

では、今週のNEWS!


7/14(日)
イッテQ(手越)
SORASHIGEBOOK(加藤)

7/15-18 21:25-21:30
BRAND NEW HOT SHOW(bayFM)(増田)

7/15(月)
every.海の日拡大スペシャル(小山)

7/16(火)
KちゃんNEWS (小山、加藤)

7/17(水)
NEWS 5thアルバム『NEWS』発売!
TVぴあ、TVstation
every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)
オールナイトニッポン(コメント:加藤)

7/18(木)
おはよう朝日です(加藤・増田)
ミヤネ屋(加藤・増田)
あつまれMUSIC COASTER(加藤・増田)

7/19(金)
よんぱち(増田)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

7/20(土)
wktkラジオ学園 (加藤)



*基本的にJ-Netカレンダーより

加藤シゲアキくん、26歳のお誕生日おめでとうございます!

この前の「音楽のちから」で、シゲが歌っているところを約半年振りに見ることができました。

とっても素敵でした。
ステージを楽しんでいることが、その自然な笑顔から伝わってきました。
大きな瞳で、テレビの前にいるファンに語りかけるように、カメラをしっかり見つめていましたね。

コンサートの準備が順調にいってて、充実した日々を過ごしているからだと思っています。

作家の顔と、アイドルの顔。
せっかくふたつの顔を持てるまでになったので、これからも、両面で私たちを楽しませてください。

でも、どちらかといえば、アイドルとしての顔をもっともっと輝かせてほしいです。
ソロ曲に、職人気質で取り組むように、グループとしての活動にも、そのこだわりをぶつけてほしい。
きっと思わぬ科学反応が起きると思うの。


NEWSのファン、みんなから愛されているシゲ。
コンサートで、みんなが一斉に「シゲー」って、呼ぶときの、少し照れた顔が好きです。

もうすぐ、会えますね。


会いに行きます。


お誕生日おめでとう。
暑い・・・。
梅雨明けした関東、暑いです

ちょっと不安になりましたよ、秩父宮2days。
栄養つけて、体力つけなくちゃ。

夏が本格的にスタートした今週、シゲのお誕生日があります!!
さらには、Mステがあります!!

楽しみいっぱいです。
そろそろ、JE看板やJECMも気になります。
WSで特典DVDが流れたりもするのかな。

そうこうしているうちに、アルバム「NEWS」の発売日も近づいてます!
お仕事、学校、その他もろもろ、頑張って、その日をむかえたいですね。


では、今週のおすすめNEWS・・・

7/7(日)
イッテQ(手越)
SORASHIGEBOOK(加藤)

7/9(火)
KちゃんNEWS (小山、増田)

7/10(水)
every.(小山)
テゴマスのらじお(テゴマス)

7/11(木)
加藤シゲアキ 誕生日

7/12(金)
ミュージックステーション(NEWS)
MASTER HITS (増田)
未来シアター (小山、加藤)

7/13(土)
wktkラジオ学園 (加藤)
QLAP(NEWS)←だったような。


*基本的にJ-Netカレンダーより

★先々のおすすめNEWS
7月17日 NEWSアルバム『NEWS』発売
日テレ「音楽のちから」、リアタイで見ました。

NEWSって、いつのまにか、コミックバンドならぬ、コミックアイドルの要素を増やしてきましたね!
見てて、すごーく楽しい。
他のグループもかっこいいし、メンバー間の仲良しさも、伝わってくるけど、NEWSは、メンバー同士の相性が抜群にイイ!というイメージ。
四人というコンパクトさがプラスに働いていますね。

ジャニーズメドレー
NEWSは、ニノさんとシブがき隊の「NAI・NAI 16」
いやー、いいトコついてきました。
欲を言えば、

♩笑わせるぜ靴箱にラブレターなんて

から始めて欲しかったな。

でも、コヤシゲの♩ジタバタするなよ
テゴマスの♩世紀末が来るぜ

テンションあがりましたね。
ジタバタ…は、もっと、巻き舌でもいいくらいかなww
世紀末は、フックんパートですよね?たしか。
そこをテゴマス!
深い意味ないけど笑っちゃう。

そして、
♩すーがーりーつけー

で、ニノさんに思いっきりすがりつくNEWSくん。

歌詞に忠実(笑)
エアーマンさん教育がすっかり染み付いたご様子。

サビの振り付けも、萌え萌え。
なんだか感無量。
幼い頃の記憶で、いとこのお姉ちゃんがシブがき隊のファンで、一緒にテレビを見てたことを思い出しました。

これ、コンサートでもやって欲しいな。
ダメ?(笑)

それから、「スニーカーぶるーす」

マッチさんの曲は、ジャニーズの基本中の基本ですね。
今の時代を輝かせているそれぞれ個性的なジャニーズくん達がひとつになれる奇跡!
特に4人と亮ちゃんがひとつのステージで踊るという2010年のFighting Man以来の出来事が起き、何かようやく区切りがついたような、ここからまた新たな可能性が広がるような希望を感じたパフォーマンスでもありました。

こういうジャニーズ特集、もっともっと活性化させて欲しいな。
昔のVTRを流すだけなんて、もう飽き飽きです。
(歌終わりに、マッチでーすって、叫んでいたのは、長瀬くん?)

さて、いよいよ、NEWSの出番かな?とワクワクしていたその時、信じられない光景が飛び込んできました。

スタンバイ前のNEWS。
衣装は、美恋のさくらガール衣装だっだ華やかなピンクの着物。
そして…
なぜか着物の襟元を大胆に開きセクシーアピール。
シゲもテゴも小山も、なんと増田まで!!!
何が起きたんだー!
すると、倖田流?さら肌ブラを魅せたエロお姉サマーが、これまたセクシーに挑発。
増田さん、負けじとグイグイ胸筋アピール。

この前の猫中毒でのミニステも、のけ反りましたが、今回も突然の出来事に
じぇじぇじぇも言えないほど、驚きました

ふぁー楽しい。


Weeeek

センターステージで、
まっすー「アリーーーーーーーナ」
と早くもコンサートモード。(意味不明な行動ですが、そこがまっすーらしい)

月曜はじまったいつもの日々…
元Pさんの歌い出しを、パワフルに歌っているまっすーを見ていると、1年前に口にした「山下くんや錦戸くんの歌割を歌い継ぐ不安」なんて、もう遠い記憶のよう。

Weeeek、間違いなく、元気がもらえる曲ですね!
チャンカパーナを歌うのかと思っていたので、意外でしたが、Weeeek、よかったです。
シゲのジャンプも、変わりなく高くて、楽しい。
テゴシゲのハイタッチもかわいい。
小山さんの雰囲気は、若かりし、いかりや長介さんの域に達していたように思います(笑)
TBSだったら、そのまま、「おいーっす」って言ってほしい位。

ようやく本題の
「渚のお姉サマー」
テレビ初披露!

見てると自然に笑顔になっちゃう楽しいパフォーマンスでした!
キレキレ、キメキメのダンスではなくて、ゆるウキウキダンス♩
敢えて、その方向にしたっていうのがNEWSっぽくって好き。
ダンスレッスンを積んで、さぞ、ダンスに磨きをかけたことと期待させておいて、そんなクールな姿はコンサートまで封印しちゃう男たち。

ダンスで何気に好きなパートが

どこから来てるの?
やっとふたりきりの海岸


のところ。
引きの映像だけど、コヤシゲが歌う中、胸をドクドクさせる動きをするテゴマスが素敵。

さらに

靴をぬいで走り出して はしゃいでいる

は、まっすーの声がひきたっているし、踊りもキュート。
もうとっくの昔からですが、

あなたのこと好きになってもいいですか?

で、うんうん大きくうなずく私

着物の着付けは相変わらず雑ですね(笑)
でも、インパクト勝負に出たこと、頼もしく感じます。

多少の粗さはあったかもしれないけど、ライブ感あって、歌も生き生きしてて、良かったです。

小山さんは、ソロパートも生歌に挑戦してて、攻めの気持ちが伝わってきて、ぐっときました。
シゲは、かぶせてたように思うけど、それはそれでいいものを届けたいっていうプラスの姿勢だと思うし、何より、表情が輝いていた!今までは、視線をカメラから外しがちな印象があったけど、今回は目ヂカラを発揮させ、イケメン度がパワーアップしてたと思います。
テゴっさんは、ともすると、おとなしい印象になりやすいNEWSを、そのリードパフォーマンスで引っ張ってくれますね。

そして、われらが、まっすー!
27歳になりたて、まっすー!
なんて、かっこかわいいの

まっすーは、いろんな表情を持ってる。
顔の表情は勿論、ダンスでも、いろんな表情を見せてくれる。
甘辛の味付けを自由自在にできる人。
Peekabooのようなクールなダンスから、ぴょこぴょこかわいいダンスまで、お得意。
「渚のお姉サマー」は、甘度高めに調合してきた感じですね。

何度リピしても飽きないわー。


Mステは、「渚のお姉サマー」1曲なのかな。
メドレーにしてくるのかな。

楽しみですね!!








5日、お友達と「まっすーのお誕生日会」をしました。

20130706a

銀座にある、ふつーの居酒屋さんで。
なのに、このメッセージ付きデザートプレート
クーポンで無料でした

「まっすー、お誕生日おめでとう」
って電話口でメッセージ伝えるの、照れたぜ

ひらがなで、「まっすー」
「まっすー」って伸ばしてください。

よかった、無事に伝わって。

みんなで好き勝手に、NEWSのこと、ジャニーズ派閥のこと、あまちゃんのこと(!)・・・などいろいろ話せて楽しかったな。いくらでも話は続くって感じ。


盛り上がっているなか、ふと、ツイッターをのぞいた私。



みんな「ど、どうした?」
エミコ「・・・エ・・・」言葉も出ず、過呼吸状態。
みんな「な、なに?」

エミコ「ら、ら、来週、エムステ!!」
全員「キャーッ

いやー、決まりましたね。
NEWSのエムステ出演!
しかも、来週!!

さらに、JEサイトでアルバムのCMが流れ始めているとか!
あわてて、スマホからJEサイトを覗き込むと、何やらドライブ中の4人の姿・・・。

「車のCM?」と、お友達。(確かに、そう見える!)

「ちがうちがう・・・」
それは、特典映像用のNEWSくんたちの姿でした。

ふたつのサプライズを友達とShareできて、楽しかったな。
まっすーからのお礼のプレゼントみたいでした。

次にみんなで揃うのは、秩父宮かな?
今回は、4人だったけど、遠征してくるお友達とかとも会えますように。

27歳の君へ

一年前、「灰色のカナリア」の舞台中に26歳になった君は、共演者の方々にお祝いして頂いた席で、確か手越くんに間違えられたりしましたね。

ちょうど、そのころ、NEWSのコンサートツアー「美しい恋にするよ」のツアー日程が発表になり、私は、いよいよNEWSに会える!と心踊る日々を過ごしていました。

NEWSの活動がほとんどなかった日々も、テゴマスとしてのライブや、増田貴久としての舞台出演で、会いに行くことはできていました。

でも、NEWSとしてステージに立つ君に会いたかった。

激しく、且つ、しなやかに踊る姿を見つめたいと、ずっと思っていました。


そして、8月。
秩父宮の広い空の下、真っ白に輝く君が現れたとき、
この瞬間をずっと抱きしめていたい、
そう思えるほどの、愛しい感覚が全身に走りました。

メインステージから遠い私の席からは、4人の姿がとても小さく感じられたけど、それでも、同じ空間にいるという幸福感は、誰にも劣らないと思っていました。

慶ちゃん、シゲ、テゴという素晴らしいメンバーと共にステージに立っているその笑顔は、ただただ眩しく、涙で歌えなくなった場面も、その純粋さがまるで天使のようでした。


アリーナ公演では、踊っているところをとても近くで見つめることができ、華麗に動く腕や腰に、文字通り、釘付けとなり、待ち望んでいたものに、とうとう出会えた!という喜びで胸が一杯になりました。


秋、NEWSのコンサートが終わってしまった寂しさを感じながらも、テゴマスとしての音楽フェス、ソロとしてのドラマ出演で別の楽しさが始まりました。

ドラマでは、初の研修医役。
少し情けない面もありながら、イメージにぴったりなやさしいおぼっちゃま役で、回が進むほどに、医者として成長していきましたね。

一方では、チャンカパーナに次ぐシングル「WORLD QUEST/ポコポンペコーリャ」の準備も進み、久しぶりに期待感に満ちた状態で冬を向かえたことを覚えています。

そして、年が明けて、テゴマス「サヨナラにさよなら」のリリース情報。続いて、予想もしていなかった舞台「ストレンジ・フルーツ」の発表がありました。

思えば、この数ヶ月は、テゴマスとして、二曲のシングルリリース、舞台役者としての稽古と本番、さらには、NEWSの準備と、それぞれ異なる表現の世界を同時に進行させていたのですね。

エンターテイメントの世界では、そんな風に同時にあらゆる仕事をするのは珍しいことではないかもしれない。
けれど、私が知る限り、その活動の幅は今までで一番、広く、そして深いものだったのではないかと思います。
その分、体力的にも、精神的にも、負担が大きかったかもしれませんね。

それでも、君はいつも、笑顔を見せてくれた。
あんなに激しい熱量を持った芝居をした直後でさえ。
ほっとさせてくれた。


26歳。
充実という言葉を使っても、言い足りないほど、盛り沢山な一年でしたね。

目を閉じたとき、最初に思い浮かぶ景色は、何ですか?


今度、発表になるアルバム「NEWS」の1曲目、compassには、聴く人の道標になるように、という想いが込められていると知りました。

27歳の増田貴久が導いてくれるその先の景色を楽しみにしています。


お誕生日おめでとうございます。


神さまのプレゼント
君のHAPPY BIRTHDAY
君の未来に幸あれ
まっすーのお誕生日をむかえようとしている今夜、
NEWSのコンサートの当落、神戸以降の分が始まりましたね。
私は、月曜日から、時々、電話をかけては、「抽選中です」のアナウンスを何度も聞いていました

そして、今日こそ!と、仕事終わりの18時に電話をかけてみたら、すでに混線状態。
慌てて、当落確認を始めました。

なかなか繋がらないものですね。


追記

仙台公演3枚探してます。
日にち問わず。
余っている方が、もし、いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。