Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

グローブ座レポの続きと言いますか・・・

グローブ座では、カナリアのフライヤーをゲットできなかった・・・。
と、諦めていた私に、とっても優しい女神様が現れまして、1枚、譲って頂くことができたんです。
(私が図々しく、見せていただきたいとお願いしたからなんですが・・・)


奇跡的に手にできたフライヤーをじっくり見つめていたら、いくつか、発見がありました。
ネタバレではないけれど、余計な情報なしに、舞台を観たい方もいらっしゃると思うので、畳みます。

Continue reading
スポンサーサイト
グローブ座に行ってきました

カナリア1

丸ちゃんの舞台『BOB』を観たんです。
えっ聞いてないよ?
そうなんですよ。急に行くことにしたんです。
カナリアのために、『BOB』の当日券の買い方をチェックしたら、”前日に電話”とあったので、電話してみたんです。すでに当日券は売り切れていたんですが、「キャンセル待ち」ができたので、モノは試しにキャンセル待ちとやらをしてみました。(もちろん、BOBを観たいと思ってたからですけど)

キャンセル待ちは、開演15分前までに集合して、番号順に並び、1番から購入していくシステム。当日券が売り切れたら、そこで販売はSTOPします、と言われました。
私は、11番目だったんで、微妙な感じ。
そもそも、下見がてら行ったので、期待してはいなかったんですけど、目の前で切られるのは、ショックだなぁと、だんだんドキドキしてきました。

そしたら、無事に自分の番が来て、チケットを買えました。
しかも、B席でよかったのに、S席になってしまい、ちょっと誤算ww

前日の電話は、12:00~14:00の間で、次の日も電話をかけてみたら、13:00ごろまでは繋がらなくて、13:10頃になると、繋がるけど、キャンセル待ち、という感じでした。
キャンセル待ちも、早い番号なら、望みありますよ!(この先、わからないけど)

ただ、このシステムが『灰色のカナリア』でも行われるかは分からないし、あったとしても、多分、やらない・・・。だって、入れなかった時のショックが大きそうだし。


開演10分前になって、ようやく入場。
その時、すでに、密かな目的にしていたカナリアのフライヤーは、1枚も残っていませんでした。
そりゃそうだ。
念のため、劇場の人に聞いてみたけど、ダメ。。。
しょうがない。

さて、キャンセル待ちで入ったS席。2階の左寄りでしたが、その分、舞台がちかくて、良く見える!
欲がない方が、いいコトあるのかも。

で、舞台ですが、西田さんらしい、「誤解」が面白く散りばめられていました。
ひとつのストーリーをもうひとつのストーリーが包んでいて、また、そのストーリーを包んでいるような、驚き要素もありました。

平愛梨さんは、とっても美しくて、お人形さんみたい。アニメ声みたいなキャラと、冷めた感じのキャラを上手に演じ分けていました。
(シゲ・マスは、金八で同級生だったんだよなぁ。こんなカワイイ子、ほっとくわけないよなー。←ジェラシーじゃなくてね)

片桐さんは、とってもいい存在感。片桐さんがいるだけで、演劇としての格があがるっていう感じ。
丸ちゃんとのコンビネーションもよかったです。

そして、丸ちゃん。
かっこいいし、面白いし、やさしい。そんな丸ちゃんらしさを100%感じられるステージでした。

そうそう、終わりの挨拶の時、平さんが劇中で、少しセリフを噛んでしまったことを「謝らくちゃ・・・」と申し訳なさそうに、言ったんです。そしたら、丸ちゃんが「そんなことないよ・・・」と、やさしくフォローして。はけていくときも、「大丈夫だよ!」という雰囲気で、平さんの腕に、そっと触れて。
平さんのかわいらしさと、丸ちゃんのやさしさに、キュンキュンしちゃいました。

終わって、時計を見たら、19:40頃。
あれっ?まだ、こんな時間?

舞台って、90分なんですね。

これは、大変です。
増田くんに会える時間、90分。。。

コンサートと同じ感覚で行ってしまったら、短く感じてしまう!!

気をつけなくちゃ。

4/26(木)「ヒルナンデス!」に増田貴久くんVTRゲスト

ですって!!
VTRってことは、数分のことだろうから、期待はほどほどにした方がいいかもしれないけど、嬉しいですね。


さて、今週は、やることたくさん!!

24日(火)
☆『テゴマスのまほう』DVD初回限定盤フラゲ(お店で買う)
  (ブルーレイは、密林さん、25日着か?)
☆『灰色のカナリア』当落確認(修正:電話じゃなくて、メール配信)
☆『KちゃんNEWS』ゲスト4人
☆『月刊ザテレビジョン』(とりあえずチェック)


25日(水)
☆舞台振込(当選した場合)
☆テゴマス『TVぴあ』チェック
☆シゲ『ザ・今夜はヒストリー』
☆テゴマス『テゴマスのらじお』(実際は、翌日、朝、聞く)
☆コヤ『every』(??)

26日(木)
☆マス『ヒルナンデス』

27日(金)
☆テゴマス『オリスタ』チェック
☆テゴ『spoon.』チェック
☆マス『Master Hits』
☆コヤシゲ『未来シアター』

あらら・・・ほんとにたくさん。
ヲタゴトがこんなに忙しいなんて、ひさしぶり

これ以外のプライベートな予定、全キャンセルしちゃう
・・・そうもいかない。。。

でも、ご褒美たくさんあるから、がんばれますね!!

楽しみにしていた次回の少クラプレミアムは、光一くんがゲストに決定したようです。
増田x松岡のスペシャル対談は、6月に期待
嬉しいできごとが一度にやってきたので、ブログの更新頻度もなかなかのペースに戻ってきたけど(笑)、それでも、書けていないできごとがゴロゴロ。
嬉しい悲鳴です

ってことで、手短にふたつ。

まず、オリ☆スタ。
オリスタ201204
ライブDVD発売のPRで、表紙と巻頭を飾っています。
オリスタさんがスタイリングするテゴマスって、正しいテゴマスのイメージで、大好き。
中身を見なくても買っちゃう。
けど、今回、びっくりしたのがサングラス姿の2ショット。
めずらしく、チャラついてる2人
なんか、ちょっと微妙だけどww、撮影雰囲気の良さを感じるな。
(あと、まっすーのキャップの被り方。髪をつぶしたくないからなんだろうけど、野球大会の時みたいですね)

インタビューも、読みごたえあり!特に、『さくらガール』を歌うことにした想いや、歌った時のファンの反応をふたりがどう受け止めていたのかが語られてありますね。
私も初日の徳島に行ったので、あの場所の雰囲気を思い出しながら読みました。
確かに、ざわざわってしたけど、ファンもいろいろ不安を抱えたままのテゴマスコンで、NEWSの歌を聴けたことがうれしくてたまらなくて、それ以上、何も言わなくていいよ、って思ったものです。


次、『テゴマスのらじお』での生歌披露
いつもだったら、こんな素晴らしいできごと、すぐBlogに書くのに、今回は、ずいぶん後回しになりました。
歌ったのは、HYの『AM11:00』
これ、どういう状況で録音したのかな。多分、ラジオブースで録音したのだろうけど、素敵な歌声
オリジナルをあまり知らない私は、テゴマスの新曲って言われても信じちゃう。
でも、せっかくなら、もうちょっと、長く歌って欲しかったな。
やっぱり、テゴマスの魅力は、その歌声。
出し惜しみせずにどんどん披露して欲しい!

・・・って、結局、カバー曲のリクエストもしなかった私ですけどね。

さて、いよいよ、4月25日にテゴマス3rdライブ『テゴマスのまほう』DVDが発売!
CMもちらほら流れているみたい!(まだ、録画できていないけど

フラゲできるお店で予約しているので、火曜日が楽しみ!!

(ひとつ前の記事のコメント欄に、お友達がKAT-TUNコンの増レポを書いてくれましたので、ぜひお読みください)
今朝の『シューイチ』で、『灰色のカナリア』の会見の様子が流れました。
松岡くんが脱水症で欠席したことで、頼る人がいなくなった状況のまっすーが、喋ること全然考えてなかったので・・・って困り顔で話している場面。
ナレーションが中丸くんに「同じようにピンチな状況だったら?」と、話を振ったら・・・

中丸「ピンチの時・・・相当、困ると思います。増田の気持ち、すごいわかりますね。僕も、だいたい100%頼るタイプなので、よくわかりますね」

この受け答え。笑っちゃいますね。
なんだろう、中丸くんが醸し出す雰囲気って、素朴さがあって、ほっとします。

このあと、ZIPの宣伝で、山口くんが「増田、よかったよ」って振ったら

中丸「そうですね。増田よかったと思います。」

いいひと~。

まっすーが代理で2回目にシューイチに出演した時、秀さんが「中丸くん、危機感を感じているみたいですよ」って、振ったんですけど、まっすーは、中丸くんに取って代わろう的な発言は一切せず、中丸くんから電話をもらいましたって、答えていたように思います。

まわりが、ふたりをライバル関係に置きたくても、当の本人たちは、その気が全くなく、お互いを尊重する。
なんか、こういうふたりの仲って、いいなぁ。

面白おかしく、ライバル心をむき出しにするのがTV的には、おいしいし、よくあるパターンだけど。


そんな「ゆちます」、昨日のKAT-TUNコンでも、いい味を出していたみたいですね。
会社の友人がコンサートに行ってて、速報と詳細レポをメールしてくれました。
DVD録りの日だったのに、ダブルアンコで、亀ちゃんが、まっすーをステージにあげて、バクステからセンター、メインへと歩いたそう。途中、ゆっちと肩組んだりして。
まっすーの私服が赤チェックで、KAT-TUNの衣装にそっくりだったらしい(笑)
他にも、マス担のお友達(あなたです!)も、参戦していて、喜びメールを頂きました。

KAT-TUNのメンバーや、カツン担のみなさんに、歓迎してもらえていたみたいで、そのことがうれしいです。

それにしても、東京ドームの歓声の中で、まっすーは、何を思いながら、コンサートを観ていたんだろう。

新しいアイデア、浮かんできたかな。
『灰色のカナリア』の申し込み完了!

NEWSベストアルバム・ファンセレクションの投票も完了!

いろいろ、いっぺんに来たので、忙しいですね。

ファンセレクションは、すごーく迷いました。
大好きな曲ばかりだもの。4曲に絞ることなんてできない。
いっそ、投票するの、やめようかなとも思ったくらい・・・。
でも、せっかくの始動企画なので、やっぱり参加はしたいなぁと思い、考え過ぎるのはやめて、さくさくっと投票してみました。
ちょっと、ヘンテコな選曲ですが私が選んだ曲は・・・

『なんとかなるさ』
言わずと知れたまっすーメイン曲です。
4人のNEWSを推していく時に、空気を読まない感じですが、やはり、この曲が大好きなので。
私がはじめて行ったNEWSのコンサートで、まっすーがやまぴーと慶ちゃんとジュニアくんたちと歌っていた曲。
少クラプレミアムでも3人で披露してくれて、嬉しかったな。
そのころ、ぴぃます萌えしていたので、きゅんきゅんしたっけ。

『Good News!』
『LET'S GO TO THE PLANETS』
この2曲は、『希望~Yell~』のカップリング曲ですが、この曲がリリースされた頃は、NEWSファンではなかったので、CD音源は、持っていないんです。
ベスト盤に入れば、音源確保できる~っていう理由もあって、投票しました
他にも持っていない初期曲あるけれど。
それに、『LET'S GO TO THE PLANETS』は、マスヒツで、2~3回かかったことがあり、きっと、まっすーのお気に入りなんだろうな、と思って。
最終的には、今のNEWSが歌ったら、どんな感じになるかな、という楽しみもあって、決めました。
(再録はしないだろうけど、コンサートで歌ってくれたらいいな)

そして、最後の曲。
投票サイトのプルダウンで、エントリー曲を上から下まで、3~4回行ったり来たり・・・。
そして決めました。

『Share』
6人にとって、一番いい時期というのがあったのか、いつもすれ違いだったのか、本当のところは分からないし、怖くて聞きたくないけれど、6人でひとつの時間を共有していた時のことをずっと忘れないでほしい。本人たちにも、ファンの人たちも。
もう、この曲の完成形をライブで聴くことは無い。
でも、もし、4人がこの曲も、これからも歌い続けたいと思ってくれるなら、亮ちゃんや、やまぴーのパートも4人で分け合って、歌って欲しいと思います。
”はしゃぎすぎちゃって、ヤレヤレ”で、きゅんきゅんしたいんだもん


あぁ、でも、あの曲も入れたかったなぁ。
あっ、あの曲があったじゃないかぁ・・・。

と、もう1回、投票しなおしたくなります。
でも、結局、選べなぁい。

今回、投票にあたり、お友達から、NEWS曲目リストを頂きました。
NEWSガールの皆さんは、いつもやさしくて、感動するばかりのエミコです。

NEWS RINGっていい企画♪
はじまった時は、「別に、しりとりじゃなくても・・・リレーじゃなくても・・・」と思ったけれど、ちゃんとメンバーは、自分の前の人の内容を読んでて、それを受けての一言があったりする。
特にRING12以降は・・・

R12:テゴ『気持ち』
「今は弓矢の弓を思いっきり引っ張ってる期間だからみんなには信じて待っててほしい。・・・だから簡単に浮気すんなよ」

R13:シゲ『近頃の僕は』
「では最後に、ゴシさんと同じ言葉を柄にもなくいいます。・・・浮気すんなよ」

R14:コヤ『発表』
「発表します!!!何を?そりゃー。・・・浮気すんなよ」

と、「浮気すんなよ」が引き継がれていました♪
熱い男ユウヤ様は、違和感ないけど、シゲアキさんまで!!


次のまっすーも、それを踏襲するのかどうか、注目されてたけど、私は何となく「ハズス」んじゃないかなと思っていました。
そういうとこ、あるじゃん(笑)

生放送KちゃんNEWSで話題になった時、それを確信!
テゴ「浮気すんなよ」←若干やりすぎww
シゲ「浮気すんなよ」←なかなか、イケメン
コヤ「浮気すんなよ」←ラジオドラマっぽい


マス「上履き、履けよ」

大爆笑でした。夜中だということも忘れて。
ウイスパーボイスで、「上履き、履けよ」って!増田くんは、やっぱり、天才です。
あれって、もちろん、アドリブでしょ?ガイさん、書いてないよね?
素晴らしいオチに感動しました。

で、「浮気すんなよ」は、明日のRINGに持ち越しってことになったけど・・・。


RING15は、まっすーがほんとうに大切にしている気持ちがふわふわの羽根みたいに、やさしく書かれていました。
舞台『灰色のカナリア』の製作発表会のこと、NEWSのシングル・ベストアルバムがリリースされることを『嬉しい!』というテーマに乗せて。
「この発表まで、わがままを言っていっぱい時間をもらいました!」
・・・そうだったのね。

「だから、待たせてしまったけど、待っててくれて、ありがとう」

言葉にならない感動が込み上げてきます。


発表までの終わりの見えない長い時間の中では、「浮気すんなよ」と抱きしめてくれるような言葉が嬉しかった。
3人がキャラも忘れて、代わる代わる近づいてきてくれてたよう。

でも、発表の後のRINGでは、別の言葉を聞きたいって思いました。

「上履き、履けよ」だったら?
それも、嬉しいかも(笑)
速攻、靴屋に駆け込みます。(あれ?上履きは、どこで売っているっけ?)


話を戻して・・・どんなしめくくりだったのか・・・。


「一緒に幸せになろう」

+゜*。:゜+(人*´∀`)ウットリ+゜:。*゜+.


そして、とっても大切なあのフレーズ。
メロディーと共に、心に届きました。

昨日の深夜は、特別な時間でしたね。
JEサイトのカウンターがゼロに向かっていくのを見つめる一方で、私は、待ちきれなくて、零時5分前に、早々とラジオの録音ボタンを押しました。

「00:04:44」のタイミングで、シルエットから写真に(・・・だったような)。

1秒1秒を感じながら、いろんなことを思い出したりして。
私たちは、いつから、待っていたんだろう。
『LIVE! LIVE! LIVE!』コンサートが終わったときから?
『Fighting Man』リリース祭りが終わったときから?
10月に、『これからは4人のNEWSで活動』と聞いたときから?

それがもうすぐ終わる。
最後の焦らし作戦は、1週間前。
メン愛に、「明日のラジオ『KちゃんNEWS』聞いてほしいです!!実は、この放送の後から・・・」と書いてあったから、すぐにでも発表があると思いきや、「来週、4人で登場します」という告知。
その時からカウントダウンが始まっていたとしたら、24時間×7日間=168時間!!

最後の2~3分の緊張感、すごかったですね。
TLの流れのスピード感と、JEサイトの掻き立てるようなサウンドが気持ちを煽る煽る。

そして、待ちに待った「00:00:00」をむかえたら・・・
今度は、ラジオ局を表す3文字のアルファベットがたくさん表示され、そうかと思うと、その中から「K」だけが残り、そして、「KちゃんNEWS NOW ON AIR」の文字に変わりました。

KちゃんNEWSがスタートするのは、まだ。ちょっとあるけどな・・・と思っていたら、ラジオからNEWS4人の声!
なんと、生出演!!
私、そこまでは、予想していなかったので、びっくりしました。しかも、拡大版だっていうじゃない!
レコメンあげての、「NEWS始動プロジェクト」、嬉しい!!

それからさきのKちゃんNEWSの内容は、よく覚えていません(笑)
あとで、もう1回、ちゃんと聞こうと思うけれど、生放送をリアルタイムで聞いた、あの興奮は、あの時だけに感じられたもの。リピしたら、あの濃い時間を薄めちゃいそうで・・・。


4人の口から、発表してくれた
★シングル発売
★ベストアルバム発売
★コンサートツアー実施

まだ、どれも、日にちが決まっていないけれど、「すぐに」ってハッキリ言ってくれましたよね。

嬉しいNEWSが、この先も続々と舞い込んでくるんだよー。

やったー!!


と、書き終えたところに、『NEWS RING』

この感動に、しばし、浸っていたいと思います。
『灰色のカナリア』の製作発表が本日、行われたそうです。
が、頼りの兄さん、松岡君は、脱水症を起こして、急遽、欠席だったとか・・・。

先輩不在で大丈夫だったかな?
でも、この舞台を引っ張っていくのは、まっすーだしね。不測の事態ではあったけど、主演としての自覚を持てるスタートが切れていたらいいな、と思います。
(一方の松岡くん、体調、大丈夫かな。。。)

TVぴあさんの取材後ツイに、いろいろワクワクする情報があったんですが、特に、注目したいのは・・・

まっすー、ギター練習中。

G2さんをトレーナーに、今年の頭から・・・って。
でも、「幻のアサラト」(2010テゴマスのうたコン)なんていうのもあるから、ギター弾きについては、本番まで、静かに見守っておこうかな。
Continue reading
16日の零時に再び動き始めたJEサイトのカウントダウン。

その表示が二度目の

00:00:00

を刻むのは、今夜。

そして、その直後に始まるKちゃんNEWSで、何かしらの発表が4人から告げられるはず!


新しいNEWSの始まりをみんなでカウントダウンしよーね!!

謎のカウントダウンがゼロをむかえた時、私のパソコンでは、シルエットが浮かび上がるところまでは順調だったものの、音は聞こえてこない…。

ツイッター上でも、ほとんどの方が、ぽかーん。

きっと、アクセスが集中し過ぎちゃったせいなんでしょうけど。
緊張と期待がMAX高まった中での「何も始まらない」状況には、

とほほ…

でした(笑)


そんな中、音をキャッチできた方が即座に、救済してくれたりして、NEWS担の輪って、素敵だなって思いましたよ。

詳しいことは、やっぱり、KちゃんNEWSで発表なのかな。

振り回された感もあるけど、それも結構、楽しかったな。
突然、始まったカウンター。特に説明もなし。
ヒントは、4の数字がNEWSカラーに変化して、飛び出てくること。

謎解きみたいで、わくわくできました。

みんなが、何が起きるんだろうって集まってくる感じ、いいですね!

NEWSという場所に、やっと戻れる日が来ますね!!


いやぁ、それにしても、今朝のシューイチ増田くん、素敵でした。
シューイチが無かったら、暴れてたかもしれないしね(笑)
素敵な笑顔をありがとう♪

追記
15日夜、JEサイトみたら、あのシルエットが動いてる!
JEサイトの謎のカウントダウン。

4の数字がNEWSカラーと同じ色に変化したり、飛び出して来たり・・・。

15日の午前零時に、ゼロをカウントするとき、一体、何が起きるんだろう。

嬉しいできごとに違いないって思うけど、想像を超えすぎるようなことだと戸惑ってしまいそうで、ほんの少し不安もあったり・・・。

00:00:00

その瞬間をしっかり見つめたいですね!

そしてそして、明日の「シューイチ」に、まっすー登場

カウントダウン後、すぐに、生のまっすーに会えるなんて。

るんるん。
Continue reading
今週もラジオは、増田weeeek
ありがたいことです。
週に3回、まっすーの声が聴けちゃう。
しかも、来週も!!


こや)来週のレコメンは、スペシャルウィークということで、

ます)お!

こや)なんと、KちゃんNEWS、4人で登場します!!

ます)なんでぇ。なんでだろー。

こや)なんでなのか。

ます)なんでなんでぇ。

こや)まさかの・・・

ます)うん

こや)・・・あるかもしれません。


はい、この流れ、きっと来週こそは、みんながずっと待っていたコト(あれかな?それとも、あれかな?)が発表になるんじゃないかと、確かに期待は持てるんですが、どうも先延ばしにされた感が・・・。ね・・・。

今更、書くことでもないですが、記録のため、メモしておきますと、月曜日にUPされたメン愛で、小山さんは、

「明日のラジオ『KちゃんNEWS』聞いてほしいです!!実は、この放送の後から・・・」

って書きました。
「実は、この放送の後から・・・」って、なになに??と、そわそわしちゃいましたよ。

「この放送の後から」っていう言葉のあとに来るのって、何かしらの”変化”だよなぁ~って。

けど、この言葉にかかるようなコトが今もって、わかりません
なんだったんだろー。

ま、いいけどさ。
もう、準備完了な状態で、少しでも早く、「いいことあるよ」って伝えたかったんだろうからね。


来週かぁ。
こういう時、火曜深夜って、先が長く感じますね。

来週は、らじおで、テゴマスの生うたも聴けそうだし、そろそろまほうCMもはじまりそうだし、マス舞台の詳細も分かるかもしれないし、一気にNEWSの春が満開になりそうな予感


2/13朝追記

JEサイトでカウントダウン?が始まっているご様子。
「実は、この放送の後から」
って、これにかかるのかな…もしかして。

とりあえず、サイトをチェックしなくちゃε=┏( ・_・)┛


情報解禁と言ってもいいんでしょうか?

『灰色のカナリア』公式HPがOPEN

「笑いとサスペンス満載のファンタジック・ラブ・コメディー」だって。

しかも、2番手だったと思ってた増田君、主役みたい?

記者会見は、いつなのかな?そういうのって、WSの前日にお知らせくるっけ?

録り逃したくないよぉ。張り込み開始した方がいいのかなぁ。


それとは、別に、4/20発売のオリスタの表紙&巻頭に、テゴマスが登場するそうです。
かわいいふたりが映っているらしいの!!
ライブDVD発売PRに、力を入れてもらえて、ありがたい♪

さて、明日のヒルナンデスは、慶ちゃん登場。
どうやら、ミッツさんと中目黒デート
楽しそうですね。

あ、その前に、今夜のKちゃんNEWS。
メン愛で意味深発言をした慶ちゃん。一体、何が待っているのかな。
結果に、ずっこけちゃう自分も想像しながら、聞こうと思います。
思いがけないNEWSが飛び込んできましたね。

まだ、他言無用とのことで・・・

ドキドキして、ケータイを持つ手が震えちゃいましたww

ここのところ、個々の新しいお仕事が順に発表になって、嬉しい反面、「それはそうと、新曲は?」っていう気持ちもあって、なかなか、手放しに喜べる状況にはならない。

今日のNEWSは、増田さん関連だったので、とりあえず、持ってるのも全部落とす勢いで、バンザイしちゃいましたが、ちょっと冷静になると、「あれあれ?またしても、4人のお仕事ではないのか・・・」と、少し気持ちに「戻り」がありました。


4人の準備だって、進んでいるはず!
そう言い聞かせるしかない。


そんな中の、マスヒツ。
ポポロの取材で、4人でボーリングに行った話。

ツイッターが、ざわざわしてる。
もしかして、慶ちゃんが「NEWS、ある理由で、みんな筋肉痛」って言ったのって・・・

まさかねー。


「もう一度 水に戻るっていうところから始めよう」

水中表現家の二木さんが人生の挫折を味わったときに、探した居場所は、彼女の原点となる海。
ドリカムの『何度でも』に乗せて、何度も何度も冷たい氷の海に潜っていく姿。
自分を見失い、もがいていた時間があるからこそ、どんなに過酷な状況でも、見つけた光を追いかける力は、衰えないのかもしれない。。。

すごいな。

そんな人生のストーリーから始まったコヤシゲバードの『未来シアター』初回。
予告通り、コヤシゲの本音も語られました。

メンバーの脱退について

コヤ「これからどうなっていくんだろう。自分がどうがんばっていったらいいか、目標を一瞬失って」
シゲ「9人だったんですよ。NEWS一番最初は。9人だった時も辛かったんです。僕、それこそ、ジャニーズJrのときは、”あいつなんか、いい感じだね”みたいな感じだったんですよ。デビューしてからは、目立たない自分に苛立ってて、俺いない方がいいなって思ったんです。みんな魅力的なメンバーが俺のせいで際立たないんだったら、辞めてもいいのかもしれないな、って思ったんですけど、辞めれなかったんですよ。それは、自分が、この場所が好きだったし、このメンバーといたいし、やっぱり自分が好きなことをまだ貫かせてほしいって、自分に自分で言って・・・っていう時が一番スランプだったんでは・・・」

コヤ「デビューして本当に成功か?っていうところなんですよ。」

バード「デビューしたら成功なんじゃない?」

コヤ「ひとつの成功であるとは思うんですけど、その出た後に、じゃ、どう戦っていくのか、俺はこのNEWSで何を活かせるんだろうっていうときに、悩むんですよね。僕は、キャスターというお仕事を頂くまではほんとに迷ってました」

シゲ「僕も、お前に何があるんだ?って言われたんです。答えられなくて。そこで、何か自分にしかできないことをやった方がいいっていう話になって、僕はずっと書くことが夢だったし、初めてになれるんだったら、挑戦してみようと思うって言われたら締切1か月半ぐらいで。でもそこに間に合わせないと自分に負けた気がして。もうずっと籠って書いて。っていうのが自分がひとつ変わったなっていう瞬間ですかね。」

バード「いなくなった二人に対して、どういう・・・」

シゲ「とにかく頑張ってほしいです。そういう嫌な感情は一切なくて、そこまで覚悟したのなら、仲間だったけど、これからは、ただのライバルとして頑張っていこうよっていう」

コヤ「僕は、最初の時は、やっぱ納得できなかったし、正直、許せなかったっていう想いもありました。正直な気持ち・・・。でも、徐々に気持ちを固めていって、ひとつになっていくときに、”あ、やっと戦えるな”っていう自分の気持ちが整ったっていう。。。二人に、NEWS4人になっても活躍してるんだよって、見せることが大事だと思うんで、あとは、やるしかない。」

バード「NEWSにとっては、いい再出発の・・・」

シゲ「っていう風に5年後に言いたいですよね」

コヤ「で、抜けた2人に会ったときに、”あん時、ギクシャクしたけどさ”みたいな感じで話したいっす。」

シゲ「飲みに行きたいですよね」


私は、割と冷静に二人の言葉を聞いていました。
意外とシゲの方が吹っ切れているんだな、という印象を持ちながら。
ピングレ関連のインタビューなどで、自分の気持ちを小説のストーリーと絡ませながら、整理できたからなのかも。
「5年後」のことを言うなんて、作家っぽい。
現実は、小説のように未来をキレイに並べることはできないだろうけど、そのギャップも味わいながら、まずは、5年後のNEWSを目指してほしいと思います。

衝撃の発表から半年。
最初に想像していたよりも、時間が経つのはゆっくりでした。
テゴマスコンが終わったら・・・年が明けたら・・・ピングレが発売したら・・・3月になったら・・・そんな風に、新生NEWSの始動時期の予想を先延ばしにしてきました。

4人にとっての居場所、ファンにとっての居場所がハッキリと見えている今、
「ただ今準備中」の札が外されて、ようこそ!って言ってもらえる日を待っています。

あんまりガチガチに気合をいれなくていいからね。
柔らかい笑顔が似合うNEWSに会いたいです。

今日は、春の嵐。
出社はしたけど、午前中から、早く帰るように指示がでていたので、さっさと帰ってきました。
そのおかげでやっと、BLOGを書く時間ができたぁ。

ミュージックフェア第5夜。

テゴ)JUJUさんは、コラボレーションとソロ、どっちかって言ったら、どっちが楽しいんですか?両方ともすごく豪快なパフォーマンスをされているので・・・。

豪快な・・・がツボに入ってしまったJUJUさん。
最近、言葉がおかしいもので・・・と手越さん。

JUJU)こういうときは、ほんと豪快に楽しませて頂いてます。

返しが上手ですよね、JUJUさん。

恵さん)テゴマスのお二人は、コラボレーション、楽しいですか?

テゴ)緊張しますけど、その分、すごく得られることがたくさんあるので、すっごい楽しいですね。

マス)いろんなところで、手越、歌がうまいっていうのが・・・、相方が歌がうまいので、置いて行かれないようにがんばろうかなって。でも、なんか、ほんとうに参加させてもらえて、ほんと嬉しいな、と。

恵さん)すみません。オープニングのようなトークなんですけど・・・もう5週を迎えております。

この初々しいまっすーに、きゅんきゅんしちゃいます。
当日は、この「参加させて頂いて、ありがとうございます」的な発言を2~3回言ってたんですよね。そのうちの1回が放送されて、嬉しい!

相方が歌がうまい。置いて行かれないように。

実力派揃いな出演者のなかで、ただでさえ緊張するのに、隣にいるのは、天才肌のテゴ。
リハーサルをするなかで、まっすーは、置いて行かれないようにって、がんばっていたんだろうな。
そんな気持ちを素直に口にするまっすー。
でも、みんな、知ってるよ、まっすーの声や表現力は、他の出演者に引けをとらない輝きを持っていること。

しかも、ちゃんと、まっすー自身がその場で、そのことを証明してくれたしね。
ゴスペラーズ、秦さん、テゴマスの8人で奏でた『ひとり』で。

司会のふたりがトークをしている間に、暗闇のステージにスタンバイするまっすーのことを見つけたときから、何か今までの曲とは違うピンと張るものを感じました。
緊張の糸をほぐすように、体をほぐすまっすー。
けれど、歌がはじまってしまえば、その緊張感に縛られることのない、いつもの、まっすーの声が聴こえてきました。

「うたがってた三月 涙が急にこぼれた」
ほんと、まっすーの手のひらに、涙の雫がこぼれたよう。


一方、テゴはどうだったのかな。
緊張感を表には出さないところがスゴイって思うけど、きっと、プレッシャーに負けない!っていう気合を抱えてステージに立っていたんだろうな。
パートも、結構、トリッキーな部分を歌ってたし。


テゴ「前に前に前に・・・恋してた」

マス「あなたとは、今はもう別の人だね・・・」

いやぁ、こんな高音テゴマス、オリジナル曲では聴いたことない。
特に、「今はもう」までの裏声から「別の」で地声に着地して、再び「人だね」で、高音に変化していくところに、ゾクゾクってします。

誰もが音ひとつ立てないようにしてたあの緊張感の中、撮り直しナシのワンテイクですよ!
そのまま、生放送してしまえるクオリティって、すごーい。

正直、ゴスペラーズみたいな、ザ・プロな歌声って、あんまり好みではないんで、テゴマスに、あぁいう感じにはなって欲しくないけど、技術力があるアーティストとの共演は、これからのテゴマスの進化に、プラスな働きをもたらしてくれるのではないかと期待します。

ふぅ、5週間、まるまる楽しませていただきました。
ありがとう!ミュージックフェア
しかも、あと一週、総集編が待ってたなんてね。

ありがたかったのは、臨時ニュースなどのテロップが表示されることがなかったこと。
内心、心配していたんです。3月だったし・・・。


まとめますと・・・
たくさん、聴けた、コラボレーション。
特別感が詰まった演奏の数々でした。


けど、結局、テゴマスオンリーな声が好きだなぁって、思ったりして・・・。
このふたりの声のコラボレーションがいかに素晴らしいか

改めて振り返ると、『ミソスープ』がサンポーニャ奏者とのコラボでよかったな。
他のアーティストさんの声が混ざらなくて、ほっ。

あ、でも、またコラボレーションの会に、テゴマスを呼んで欲しいって思いますよ!