Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

今週は、KちゃんNEWS、テゴマスのらじお、Masterhitsと、増田さん出演ラジオ三本立てですが、特にMasterhitsは、600回のお誕生日です。
BayFMを聞いていたら、CMが流れてきたので、文字おこししました。

(フルスイングをバックに)
NEWSの増田貴久です。今度の金曜日でついにMasterhitsは、600回をむかえます。
Masterhitsをいつも聞いてくれている方も、まだ聞いたことがないという方も、ぜひ600回を一緒にむかえてください。増田貴久のMasterhitsは毎週金曜夜11時から。聞いてね。


何かサプライズしてくれるかな?
スポンサーサイト
  • -
  • -
今年最後のMASTERHITSで、テゴマスの『ヒカリ』がフルオンエア―されました

テゴマスのラジオで、ワンコーラス聴いたときの印象を遥かに、遥かに上回る感動が体の中を駆け巡っています。

まだ、リピしていないんですけど、この新鮮な感動、保存できる方法ないかしら?

1番は、手越さんの長めソロパートからはじまり、増田さんの高音パートに繋がっていきましたが、2番は、その逆。
ハモリも増えて、厚みが増していました。

ちょっと地味?なんて思ったけど、進めば進むほど、華やかになって、美しいメロディの蔓をテゴマスのハーモニーが柔らかに踊りながら撫でていくよう。

大サビは、ふたりで分け合っていましたね。

TVで披露するときも、フルに近い形だったら、いいなぁ。
近頃の増田さんのブームは、バーベキューや、たこ焼きパーティ。
MASTERHITSでは、友達との楽しい休日を過ごしている様子がわかりますね。
普通にお店に寄って、スイカを買ったりしているようだけど、とっても不思議。
前にスカイツリーを数分で立ち去った話もしていたけど、同じ東京で生活しているはずなのに、ちっとも遭遇できない
決して、プライベートのお邪魔はしないから、一度でいい、すれ違ってみたいものです。

さて、この前のMASTERHITSのマスターピースで、なんと、80年代のヒットソング「ミ・アモーレ」が流れました。
そう明菜ちゃんの。
びっくりです。
イントロだけで、すぐわかったんですけど、まさかと思ったので、誰かがカバーでもしたのかしら、と思いました。でも、流れてきたのはオリジナルの歌。

「えー最高!超いいですね。どれぐらい前かな、すごい前から、興味があって・・・。ベストアルバムを買ったのは、ストレンジフルーツのちょっと前ぐらいで、・・・ストレンジフルーツの楽屋で爆音で聴いていて・・・」

半年前ぐらいから、よく聴いているとのことなのですが、驚いたのは、この先です。
まっすーは、この曲の「Aメロ→Bメロ→Aメロ→Bメロ→サビ」という構成にとても興味を持ったということ。
一般的に、「Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→サビ」という構成の曲が多い中、「ミ・アモーレ」のような変則的な構成が気に入って、それがソロ曲「Remedy」に影響していると!!

たしかに、「Remedy」を発表したころ、まっすーは楽曲を説明する際、この曲はサビが最後に1回だけでてくる構成になっていることを強調していましたよね。
それがまさか、「ミ・アモーレ」(など)をきっかけにしていたなんて。

その話を聞いてから、「ミ・アモーレ」と「Remedy」を交互に聴いてみると、なんとなく重なる部分があるような気がしてきました。

それにしても、「ミ・アモーレ」の曲の構成に目をつけるって、私には全くない発想。
昔、何度も何度も聞いて、今でも歌詞を見ないで口ずさめるほどなのに。
音楽に携わっているひとの音楽の楽しみかたって、深いですね。


入所記念トークも聞けたし、この前のMasterhits、面白かったです。
先週に引き続き、鼻声気味なマスヒツ
収録から少なくとも一週間は経っているので、今頃は、元気になっていますように


★こんばんますだたかひーっつ。
2月10日は帝劇完成記念日!

ぼくもSHOCKで立たせてもらったときがあって、また、機会があったら、帝国劇場の舞台の上にも立ちたいな、と思いますけど、その時は、みんなにも来てもらいたいと思います!

★今週のNEWS!
歯医者さんに定期検診に行ってきました。
強く磨き過ぎじゃない?って言われまして・・・。ライブで持ち歩いていた歯ブラシが固くて、それを最近、使ってたので、歯医者さんに言われてしまった・・・ま、そういう話?ふふふ。

♪Chocolate

★”ちんちん”流行ってるんですね?
メール)名古屋弁で熱いことをちんちんって言いますが、イタリア語でも乾杯という意味でチンチンって、言います。
マス)なるほどね、ちんちんって流行っているんですね。ちんちーん、みたいなことか。このメール、あんまり広げないようにね・・・。

★パリに行ったら?
メール)パリでおすすめのところは?
マス)僕は、ヴェルサイユ宮殿に行ったけど、1日かかっちゃうので、買い物かな。もっと下調べしておけば、よかったな。食器屋さんでも、有名なお店が近くにあったりとか、帰ってから知ったので。
あとは、ココ行った!って言えるところに行くのもいいですね。僕はエッフェル塔に登りたくて、パリに行ったようなものなので、ぜひ、エッフェル塔に登ってほしいな、と思います。

★お店にクレーム言う?
メール)ケーキの中に髪の毛が入ってました・・・。
マス)言うかな・・・言わないかな・・・。前、アップルパイを食べたときに、半分くらいになって、「あれっ?これ、ポテトパイだ!アップルパイじゃない」って気づきまして・・・長財布ぐらい?筆箱?これぐらいの?アップルパイを食べたところで、気づいて。すごく迷った結果、「すみません、これポテトパイです」って言って、替えてもらいましたけど。

♪はなむけ

♪いつだって僕らは byいきものがかり

Mステでも見まして・・・。「浮かんでいく景色のなかにあなたを見つけたんだよ」っていう歌詞があって、その「あなた」の歌いかたがすごい好きで、そこばっかり、リピートして聴いて。歌うのが難しそうだな、と思ったんですけど、すごくいい歌だな、と思って、今、すごく聴いています。


「いきものがかり」好きですよね、増田さん。
よしおかさんの声がお気に入りっぽい
透明感があって、伸びやかで、それいて、パンチもある声、素敵ですよね。

でもなぁ、そろそろ、ほんとに、NEWSの新曲を聴かせてほしいな。

そういえば、メン愛に、最近、4人でごはんを食べに行ったと、書いてありましたね。
「僕の知ってる和食屋さん」
どこなんだろー。目の前で魚焼いてくれるんですかぁ。
「ワイワイ楽しみながら、真面目な話もして、充実した時間でした」って。
その「真面目な話」が、新生NEWSの力強い一歩となりますように。
思いのほか『ピングレ』を読んだ後の記事を書くのに時間がかかってしまい、今週のRadioネタを書く気力と時間が残っていませんが、ちょっとだけ。

テゴマスのらじおで、生歌

『Over Drive』の長い長いトンネルの先は、何があるの?新しい世界が開けるから~の部分のハモリ見本をしてくれましたね!
生歌、久しぶりに聴きました

マスヒツで、ブルドッグの釈明
今週のNEWSは、友達との新年会の割り勘6000円の巻でしたが、マスターピースのコーナーで、ようやく、カウコン話をしてくれました。それも、全然踊れていなかった『ブルドッグ』について。
普段は、失敗した部分を話題にするようなタイプじゃないんだけど、スルーできないほどのお問い合わせメールが来たそうで(笑)
そりゃ、そうです。みんな、まっすーの踊りには、期待しているんです。貴重な出演シーンに、みんな釘づけになるわけです!
言い訳は、こんな感じでしたね。

・まず、はじめに、すいませんでした。ひどかったなぁ。
・『アンダルシアにあこがれて』の振りは難しくて、アンダルシアの方をすごく練習した。
・ブルドッグは、1回リハーサルをして、もう大丈夫です!アンダルシアをやりましょ!と練習した。
・本番・・・まず、出て行った位置を間違えて、もうパニック。
・すべてを間違えるという奇跡的な状況になってしまった。
・終わったあと、友達から、「ちゃんと踊れよ」とたくさんメールが来た
・そんなに映っていないだろうと思っていたら、ほとんど映っていた。どうしたもんか・・・。
・もともとでる予定ではなかった・・・ということは、ない。
・アンダルシアさえも間違えてしまった。
・全体的にすごくだめだったんですよね。
・TVには映っていなかったけど・・・NEWSが4人で登場するシーンで、KAT-TUNの曲の終わりが分からなくて、一度、サビの時にでてしまった。2度目に出てきたときにも、キャーって言ってくれたお客さんに感謝です。
・今年のカウントダウンに向けて、心を入れ替えて、ちゃんとやっていきたいな、と思います。

なかなか貴重で、面白い言い訳タイムでした

まっすーが、フリを間違えたりするなんて、珍しいけれど、それだけ、特別な雰囲気だったり、リハ時間の短さだったりっていうのも、あるんでしょうね。NEWSにとっては、さらに特別なステージでもあったし。
(でも、条件は、みな同じ・・・)

間違ってしまったシーンが、バッチリTVに映ってしまったのは、運がなかったけど、「映ってないだろう」なんて、甘えがあっては、いけません!(相当、ショックだったと思うけど)

さすがに、私も、ブルドッグの部分は、あまりリピしません。

アンダルシアは、当日は、双眼鏡でまっすーしか見ていなかったので、右回りだか、左回りだかのミスは、わかりませんでした。
でも、家に帰って、録画した映像を見るのを楽しみにしていたので、大事なシーンで、間違っていたのが、ちょっとショックでした。

ファンは、いつでも、細かいところまで、見ていますからね!

まいった~と、言い訳するまっすーも、好きだけど、言い訳上手には、ならないよう、ステージでは、誰よりも輝いてください