Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

NEWSの2017年のコンサートツアー「NEVERLAND」は、4/1(土)の札幌(真駒内)で初日を迎え、福岡、仙台、静岡、大阪、名古屋、和歌山、広島の8か所のアリーナ会場を回った。
そして、6/10・11の2日間は東京ドーム。全23公演の開催となった。

3/22にリリースされたアルバム「NEVERLAND」をひっさげてのツアー。セットリスト、ステージ演出、衣装、どれもが素晴らしく、何より4人のパフォーマンスが魅力的だった。自分の目に映ったものをすべて記憶にくっきり残せたら、どれだけいいだろうと思うけれど、せめてメモしておこうと思う。読み返した時、その時の記憶を引き出す糸となれば、いいな。

(レポとはいえないし、増田さんに偏った記憶のため、読みづらい点、多々あると思いますが、お許しください。これを書いている今は、東京ドーム公演の前です)

Continue reading
スポンサーサイト
  • -
  • -
りんりんりりーん りんりんりりーん オーブジョイトイ♪

が、J-Webレポに載ってないゾウ!

それだけじゃなくて、オーラスイチ男前発言の

「結婚しよっ」

さえも、抜けている!!

あれは、空耳だったのか?
願望がついに幻聴を引き起こしたのか?


なーんてね。
オーラスMCは、まっすー大活躍だったので、全部は書ききれなかったかな。


さて、お友達ブログやツイッターを読んでいると、増愛が溢れていて、この世は、まっすーを中心に回っているんじゃないかと、思ってしまいます(笑)

まーね、私のまわり、増担率が非常に高いので。


しかーし、コンサートに行くと、「世界は広いだなー」ということに、プチカルチャーショックを受けます(笑)。

やまぴーのうちわ、亮ちゃんのうちわの数、ハンパない。

お友達とも、話していたんですが、テゴマスコンは、テゴかマスのうちわしかないし、その数の差って、感じない。(ふたりでひとつだしね)

それが、NEWSコンともなると、勝手が違うとでも言うんですかね…。
さすが、やまぴー、亮ちゃん。
ふたりのプリンスの人気を実感しますね。

もちろん、変な意味ではなくて、世界は広いぜ!って思うわけです。

でも、増田色の世界は奥深い。
思いもよらない色が見えてきたりする。

こうして、わたしは、ますます、ディープな増田ワールドにはまっていくというね。

コンサートパンフに、まっすーは、「井の中の蛙、大海を知らず」という言葉を載せているんです。

今がその井の中なら、私は、充分、その大きさで幸せ。でも、まっすーが大海に出ようとしているなら、それについていきたいな。
ちゃんと、まっすーが手を離さないで、連れていってくれるなら…ね。


何が言いたいかと申しますと、

私は、世界で2番目に幸せモノになってますよー。

まっすーは、1番になってますかー?

って、感じですかねー。

以上、ひとりごとでした。
27日のMCざっくりレポです。
Continue reading
オーラスレポ、後半です。
二階席から見た感想…という感じになっています。

゚+。(*′∇`)。+゚
Continue reading
「LIVE!LIVE!LIVE!」オーラスのチケット、わたくし、見事40ゲート(いわゆる天井席)をひいてしまい、チームのみなさんに申し訳ない気持ちで一杯だったんですが、なんのなんの、びっくりするほど、いい席でした。

一切の欲を捨てて、座席に向かったせいもありますが、2階席には変わりないんですけど、2列目(実質最前席)、しかも、ど真ん中。
会場全体がよく見渡せる!
LIVEが始まってすぐ、「今まで、何を見ていたんだろう」という気持ちになりました。
照明って、こんなに立体的だったのか・・・。
あれ、こんな映像、見たっけ?
今まで書いた、レポを全部、消してしまいたい。
そう思うくらいの衝撃。

もちろん、メンバーを間近で見るチャンスは無いのですが、無欲の状態で、のぞんでいるので、気持ち的には、ラク。

むしろ、上から、6人の動きがとってもよく見えて、フォーメーションの変化をじっくり楽しむことができる!
しかも、ほとんどの曲を正面から見れる。
今まで、後ろ姿を見るしかなかった「太陽のナミダ」や「チェリッシュ(マス)」をガッツリ見ることができました。
毎回、ずっと、覗いていた双眼鏡も、2階席なのに、覗いている時間がぐっと減りました。

音は、完全にワンテンポ遅れているのですが、場所によっては、音が2重に聞こえてくるところもあったので、遅れた音しか聞こえてこないバックネット側は、聴きやすく、いい音でした。
ただ、NEWSがしている手の動きと、自分がしている手の動きが合わなくて、どっちに合わせるか、迷いましたけど。

複数回、入っているからこそ、こんなことが言えるのかもしれませんが、40ゲートも悪くない!ということがわかりましたよ。

ということで、もう一度、LIVEを振り返ってみたいと思います。

長いです…。
Continue reading