Information

エミコ(emico)

Author: エミコ(emico)

東京でOLしています。

NEWSとテゴマスを絶賛応援中。
このブログでは、増田貴久くんのことを中心に、NEWSやテゴマスのお仕事、作品について語っています。

Recent Posts

雑誌「装苑」の9月号の特集は、「衣装のアイデンティティ」。

そして目次は、コチラ!!

山﨑賢人・小松菜奈 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
満島ひかり『海辺の生と死』
増田貴久が手がけるNEWSの衣装
乃木坂46×『ワンダーウーマン』最新曲の衣装とMV撮影を公開!
Dream Amiを体現する衣装
スズキタカユキ×武井 咲・高橋一生
高畑充希 シネマスタイルからのモード
オサレカンパニーの作る衣装と製図

見てください!
この名だたるクリエイターの中に並ぶ「増田貴久」「NEWS」。
何ということでしょう。
すばらしい。
素晴らしすぎる。

映画やドラマなど大きな後ろ盾がある作品に交じって、既に終わっているツアーの衣装特集が組まれている。
スゴイな。

これも、日々、「服」のことを考え、コツコツ、「ファッション」の話をし続け、何年にも渡り「コンサート衣装」に携わってきた賜物と言えるのではないでしょうか。
もちろん、NEWSメンバーからの信頼が大きいことも大事なキーポイントであったと思います。

さて、記事は、
・コンサート衣装を着用した増田さんの新作写真
・「増田貴久が語るNEWSの衣装」というインタビュー記事
・ツアー全衣装掲載
を柱に6ページで構成されています。

何といっても、まず目を引くのがパッチワークコートとオープニングのマントの2枚の写真。
コンサート衣装の写真は、ライブレポートとして観ることばかりで、こうしてスタジオで撮影したバージョンは珍しいので、貴重です。
できれば、全衣装、このサイズでの写真、欲しいですね。
もちろん、まっすー以外の写真も観たい!!と思っているひとも多いと思います。
迷彩衣装は、小さめながら、全身映っているのが嬉しい。

そして、トルソーに着せた全衣装写真。
まっすーによる解説に加え、披露した楽曲も記載されていて、ライブ「NEVERLAND」の記録として永久保存版です。
(ただオープニングマントのコヤシゲが逆ですね。惜しい。)

記事は全部覚えておきたいほど、興味深く読みました。
そのなかでも、特に印象的なのは、

・NEWSの記憶として残るその景色と、そこに在る僕たちの姿に責任を持ちたい
・メンバーが気に入ってくれることがいちばん大事
・今まで作ったものをアップグレードしながら継続したいし、意味をもってつねげていきたい

です。
単にファッションが好きだから、好きな服を着たいから、そういうことだけではなく、NEWSをどう魅せたいか、演出家目線も持っているのが、まっすーだな、と思います。
衣装を担当しはじめたころから、同様のことは言っていたように思うけど、近頃は、その気持ちがより強いというか、自信を持って、発言しているように感じます。

記事の中で、EMMAの衣装について、これは(オリジナル衣装)生で見てほしかった、とありますが、まさに私の願いだったので、まっすーの強い気持ちで、この願いが叶ったんだな、と嬉しくなりました。
普通、あんなに着用するのに手間がかかる衣装は、コンサート向きではないですよね。そこもクリアしちゃうんだからスゴイ。

他のクリエイターの記事も、細かく読んでいるのですが、まっすーが話していることに通じる話も結構あり、面白いです。
茅野しのぶさんの記事には、舞台の照明に映えない素材についての話や、些細なディティールにもこだわった立体感の話などが出てくるのですが、まっすーも、きっとそうしたこだわりを持って製作にあたっているのだろうな、と思います。

あぁ、まっすーの衣装づくりについて、もっともっと細かく知りたいです。
まっすー自身は、そういうとこ、見せたくないと思っているのだと思いますが・・・。

「装苑」は2冊買いました。
1冊は、増田さんの記事だけ取り出して、もう1冊は、装苑まるごと保存用です。

スポンサーサイト
  • -
  • -
1日遅れですが、まっすー、お誕生日おめでとうございます。

期待通り、「増田貴久の○○」の更新もしてくれましたね!

陣内さんのTweetによると、どうやら昨日は、「ネタパレ」の収録だった模様。

お仕事して、終わってからお祝いもしたみたいで、笑顔のまっすーが目に浮かびます。

わたしも、お友達Presentsでお誕生日会をしてきました!

今回は、ヒルナンデスでロケしたお店です。オシャレ餃子、美味しかったです。

20170704a

ずっと、ずっと大好きです。
  • -
  • -
美的7月号、買いました。
買わせて頂きました!
ひとまず、付録付バージョンと、付録無しのライトバージョンを 1冊ずつ。

買って早々、増田さん掲載ページ P184-185を本体から切り離し、1部は、保管ファイルへ。
もう1部は、しばし眺める用として、クリアファイルに入れ、さらにDMか何かが入っていたビニールへ収録。
絶対、折らない、汚さない!

「水泳」と題して特集されたページ。
大小合わせて8枚の写真が並べてあり、そのどれもが、最高過ぎてツライ。

こんなクールな表情しておいて、撮影直後なのか、数日後なのか、「増田貴久の○○」で”やりました!”って嬉しそうに書いてるんだよ、まっすーていう男は!

断り続けて、
はぐらかして、
何もしていないような顔して、
洋服が好き過ぎるって、隣の手越から止められても言い続けてるのに、(これは関係ないかもしれないけど)
脱いだら、これだよ!

濡れた髪
瑞々しい体
涼やかなのに、熱いまなざし

はぁ

その首筋も
胸から続く筋肉のちょうどいい隆起も
無言の背中も
・・・

あげたらきりがない。

その体つき、そのものの美しさにうっとりもしているけれど、
この誌面から漂う増田貴久の匂い立つ色気に、
胸が苦しくなっております。

  • -
  • -
金曜のマスターヒッツで、まっすーが自分のソロ曲「FOREVER MINE」(3回目!)を流していましたが、
それに呼応するように、達郎さんもご自身のラジオで、ご自身の「FOREVER MINE」をかけました。
2008年の限定ライブの音源でなかなかレアな音源なのかな、と思います。
曲前に、まっすーのことも少し話してくれました。

radikoのタイムフリーで、一週間、聴けますので、ぜひ、お聴きくださいね。

山下達郎のサンデー・ソングブック | TOKYO FM | 2017/04/23
≪文字起こし≫ *聞き取れた感じで書いているので、間違えは大目にみてくださいね。

先日、NEWSの増田貴久さんがニューアルバムで、わたしの「FOREVER MINE」カバーしてくれました。
わたしのオケ、そのまま、丸投げで、それで歌って、立派なものですよ。
僕のニュアンスと全然違いますね。
やっぱ、じじぃと違う(笑)って感じがします。
なので、私も負けずに「FOREVER MINE」のライブバージョンで
これ、2008年の5月5日東京浜離宮の朝日ホールで
これシングルの「ずっと一緒さ」を購入された方の特典で抽選でご招待したというやつですね。
ちょうど「FOREVER MINE」がでて3年ぐらい経ったので。
ほとんどライブでやったことないんですけど
これはいわゆる3人ライブです。なんばくんと、いとうこうきと、ぼくと
3人ライブでやった「FOREVER MINE」を今日最後にお聴き頂きましょう。

山下達郎ライブ特集でした。
ご清聴ありがとうございました。
  • -
  • -
山下達郎さんのラジオ番組「山下達郎のサンデー・ソングブック」にて、まさかまさかの出来事が起こりました。
14時からスタートした番組、冒頭ではこの番組のスタイルを紹介していました。
(先週、星野源さんとのラジオ特別番組が放送されたことから、新しいリスナーがいるのではないかと、いうことで)
説明では、この番組は、オールディーズをかけるのが基本スタイル、自分に関連することで新譜をかけることはありますが、基本は古くてもいい音楽をかけるというスタイルでやっているとのことでした。

私は、もしかしたら、達郎さんがまっすーのことを話す時があるかもしれないと、ここ最近、聞いていたにわかリスナーなのですが、そういうスタイルでやっていらっしゃるのだから、まっすーの「FOREVER MINE」をかけることはないだろうなぁ、と思いました。

そうこうしているうちに、番組の終盤・・・。まさか、まさか、まっすーについてのお話がはじまるではないですか!


今日の最後なんですが、先週の水曜日3月22日にNEWSのニューアルバムがでました。
「NEVERLAND」というアルバムですが、
この中にわたくしの「FOREVER MINE」が入っております。
増田貴久さん、まっすー。
まっすーは、あの、いつも僕のライブに来てくれてですね。
で、どうしてもこの曲がやりたい、と。カバーがやりたい、と。
完コピです。データを渡して、完全におんなじオケでやっております。
まっすーの歌う若い「FOREVER MINE」
いかがなものでございましょうか。

3月22日発売NEWSのニューアルバム「NEVERLAND」から、増田貴久「FOREVER MINE」


そして、曲がかかりました。
わたしは、もう一気に感情がこみ上げて、震えてしまいました。
そして、録音しなくては・・・と、3分遅れで放送されているソフトを立ち上げ、超震える手で操作。

その間もラジオからは、増田さんの歌声。

もう号泣です。
なんだろう。もう何度も聴いている歌声なのに、達郎さんがかけてくださったというプレミアムな事態にドキドキしてしまいました。

これも、ミスター・インポッシブルの案内なのでしょうか。
私の手元の「鍵」がすんごいパワーを持ち始めてしまったようで、おそろしい。

達郎さんに、こころから感謝です。
達郎さんのファンは耳が肥えていらっしゃるだろうから、どんな反応されているのか、そこは耳を閉じたい気もしますが、まっすーの歌う「FOREVER MINE」、生れたばかりではあるけれど、ここからどんな熟成をしていくのか、とても楽しみです。






  • -
  • -